花と月 La Flor De La Luna

月曜日は花の日です。
AM8時の空には月。

深海(ふかみ)から言葉を連れてくる音の篤実

そんな秋の始まりです。

IMG_0052

IMG_0024

秋冷を纏ふ空には何もない

Commentaires

写真は影だ、と言った

いい写真を撮る男は、いい人間か否か懐疑するところですが、
いい男たちであることは、昨日確信しました。

新作ソロのCDジャケット、どんなものになるか、ちょっと楽しみです。

IMG_1074 2

R4016141
部屋番号は51 or 1107

影つくるパリの光の晩夏かな

Commentaires

二百十日 空白の季節 -Pequeña Serenata Diurna-

立春から二百十日、わたしたちの時間はどこにあったのでしょうか。

キューバのギター、オランダ、フランスのジャズを、午前6時ごろ、地平線に沈む煌々とした満月に、行く季節迎える季節を、写します。

9月の満月のopenradioはmixcloudからご試聴になれます。
https://www.mixcloud.com/makinakano/202092-full-moon/

1) Pequeña Serenata Diurna (Silvio Rodríguez)
2) Poggy Bonzi (Karel Boehlee)
3) Lonely Night (Julien Laurau)
4) Close enough for love (Fleurine)
5) Días Y Flores ( Silvio Rodríguez/Rey Guerra)

IMG_0047 のコピー

夜の音は迎えし月のセレナーデ

Commentaires

-子等の夏-

ベビーシッターの思い出は、当時の乳飲子がすでに18歳になっているのだから、
あっという間の時間の経過の中にあります。
学生時代に過ごした様々な子等との時間。

今夏の思い出となるベビーシッターは、2歳のミヤちゃん、そしてコロナ禍しかも外出禁止令がでた3月17日に生まれたジャック。
赤ちゃんと共にした僅かな時間は、日毎のことではなかったからかもしれませんが、心地よく、これもまたある記憶となるようです。

IMG_0565
小さな声で主張を始めるミヤ。

IMG_0979 2
この時代にようこそ生まれてきたね。
フランスではベビーシッターを気軽に友人などに頼みます。

IMG_1062
出張料理教室の生徒の娘さんはギターを習い始めたそうな。

子等の夏声を発する力かな

Commentaires

薄荷水と夏の終わり

8月最後の上弦のまっぷた月の色めかしさ。
2020/8/26のopenradioは台湾の歳時記から少しインスパイアを受けて、選曲してみました。
薄荷ミントは夏の季語なんですって。
2年前の台湾で演奏した際の湿潤を思い出しながら、薄荷水に晩夏を眺めながら…

Mixcloudからご試聴いただけます。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio2020826-waxing-moon/

01) We are all lonely souls (蘇珮卿 Paige Su)
02) The Horse Thief (陳穎達 Ying-Da Chen)
03) Vaguely Asian (John Taylor)
04) Onirou (Eleusis)
05) 喝酒不好 (Leo王)

IMG_0492

IMG_0887
中庭の静寂に浸る薄荷水(麻紀)

IMG_0874
三尺の空を匂はす薄荷伸ぶ (楊海端)

Commentaires

残暑をささえる滋養

辰巳芳子さんにより知ることとなった、日本人にとってのだしの存在。
今夏の厳しさに沁み入る滋養ではないでしょうか。

茶碗蒸しをひんやり冷やしてもよし、だし巻き卵のだし汁あふれる旨さ。
ベンガルのミュージシャンから教わったカレー。
アイスを食べた夏の体をターメリックが休ませてくれる。
友人の庭の実りを頂戴。

夏バテになる前に、鰻。
理にかなった残暑の滋養となります。

IMG_1052 2
ほっくりと出汁巻き卵夏の宵

IMG_1015
今年最後のグリーンピースをいただいて。パスタに出汁を少しだけ足す隠し味。

IMG_1025
夏野菜のカレーはめんどうでも茄子を揚げると旨味が増します。
ベンガルの吟遊詩人Pabanから教えてもらったカレーのレシピはこちらに連載。
https://keisobiblio.com/2019/08/01/nakanomaki11/

IMG_0985
猛暑の中の収穫

Commentaires

-旅人の樹-

音楽という森を、海を、山の中を駆け巡り回っています。
いつものように少し早足気味です。
9月には日本に帰国する予定です。
もう少し、待っていてくださいね。

s-l1600
旅人の樹/トリスタン・ツァラ

IMG_0331

IMG_0427

IMG_0324

処暑の森傾斜を深む光かな

Commentaires

トロピカルの涙

夏の夜空に見る星たちのような、カリブ海の群島。
トロピカルの涙、リズムの儚さ、クレオールの微笑み。
旅できぬ今日、ささやかな音楽が旅の風を運んでくれますように。

2020/8/19 新月のopenradioの放送はこちらからご試聴になれます。

https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio2020819-full-moon/

00) Ponta de Manque (Amina Mezaache)
01) Mwen Desamn St.pie (Kali)
02) Junto a un cañaveral (GuillermoPo;tabales)
03) Outro (Grégory Privat)
04) Las (Grégory Privat)
05) Brincando com Theo (Tatiana Parra/Andres Beeuwsaert)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
風吹けば囁く夏の遠きかな

Commentaires

―民衆の音、贄を海辺で燃やす―

ー生きるために死を飼いならす。

けいそうビブリオフィル連載16皿目のレシピは、カリブ海の島々で食べるアクラです。
干鱈の揚げものアクラを知ることによって見えてくる黒い大西洋の歴史。

大西洋、海流、風、人間の移動、奴隷、塩、魚….民衆が海辺で燃やす贄。
エメ・セゼールの詩と共に、実体験としてのカーニバルでのトランスするあの音が届きますように。

掲載サイトはこちらから→
https://keisobiblio.com/2020/08/19/nakanomaki16/
サン=バルテレミー島 干鱈の揚げものアクラ
―民衆の音、贄を海辺で燃やす―

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アクラ7

トランスに汗滴りて音の渦

Commentaires

金に生きる-Sebastião Salgado -

それが、この山から生まれて、その山で命を削る者の存在を前に、あるブランドがアート活動のサポートをし、そしてそれを請う輩に一撃を与えたい。

世界を食いつくしているのは誰かではない。

IMG_0459

IMG_0464
35日間、いやその人生をその労働者と生きると死ぬを共にしたカメラマンは、本業をもちながら、このような »現場 »に自ら立ち行った。こういう生き方に対して「プロのカメラマンとは?」なんて言い回しは無意味である。

Photo: Sebastião Salgado

IMG_0477

それでもね今日ある空は今日の空(季語なし)

Commentaires

道に生きる

その過程でしかないと思います、生きるということは。
ペルーのあの道に、山に、土の上を歩くあの少女たちの息を今日、聞きました。

IMG_0458

IMG_0455

photo : Pablo Corral Vega
遠近の光の中に過ぎし夏

Commentaires

遠くから、秘めし香りを

ある人のアドバイスである試みをしてみました。
今までアクションしてこなかった分野、映像です。
映像に音をつける仕事をすることはあるのに、今更自分を映像の中に登場させるなんて…
映画関係の友人が多々いるにも関わらず、かえって近すぎて、彼ら彼女たちには頼めないものなのですね。

パリ左岸6区、ジャコブ通りにある古書店 Librairie Alain BrieuxのExpositionにて。

Exposition Pivoine [芍薬]
video par Catherine Mabilat
photo par Yutaka Yamamoto

Image de prévisualisation YouTube

芍薬の秘めし香りに憧れて

Commentaires

ペルセウス座星群・編集者の残したもの

一体何冊の作品を世に送り出したのだろう。
「美術工芸品のような書籍」とある人は例えた。

52歳の死に聞きたい。
美意識を裏付けたものはなんだったのですかと。
ミッシェル・レリスの日本語訳、文化人類学とアートの世界の蜜月関係を、本を編むことで提示してくれた。
ここでいうアートとは生活の中に見いだす、派生する、そして表出するという視点です。

今日フランスで迎える盂蘭盆。
今日ペルセウス座星群から一筋の流星をみた。
閃光は突然現れ、消えた。

IMG_1028

IMG_1027

IMG_0035

盂蘭盆や一筋流る星迎ふ

Commentaires

風、海、楽器、リズム、植民地、色なき叫び

モーリシャス島の、あの碧き海に生きるものみなたちは、黒い涙の中にいる。
人類様の果てのない愚挙はいったどこまで続くのか。

色なき叫びが太平洋に、山に谷にうなだれていることを忘れないぞ。

人々の移動により楽器をも運んだ海流、風を憎む必要はない。

2020/8/12 下弦のopenradioはこちらからお聴きになれます。
インド洋に浮かぶ島々の音、バロックギターの音は時間軸を語る。
https://www.mixcloud.com/makinakano/2020812-waning-moon/

00) Julot (orchestre Arlanda)
01) Soul sock Sega (Eric Nelson&les features of life)
02) Petit fleur aimée (Georges Fourcade)
03) P’tit créole les hauts (Pierrette Payet avec Club Rythmique)
04) Partie de chaconne en ut majeur (Rolf Lislevand)
05) Mimi (¡Cubanismo!)

IMG_1021
インド洋に浮かぶ島々の音楽アーカイブTAKAMBAレーベル

IMG_0989
島の子等心に色を失くし夏

Commentaires

豊穣なローカリズムへ

800人が住むブルターニュのとある村。
そこに生きる人々のインタビューを長らくしてきました。

この地に残るケルト文化のひとつである妖精=精霊コリガンは、
森の中にいるといいます。
夏の森ではコリガンに出会うことはできません。
ケルトの暦では11月1日を1年の始まりとし、霧深き、森深きにある石を住処にする精霊たちが現れる。

ローカルに生きるすべては、今全世界それぞれの地で生きる人々の、その慎ましやかな生きる営みの中にあります。

農文協からでている内山節さんの著書、
昼間賢さんによる「ローカルミュージック」(インスクリプト出版)、
農業漁業を命の基とする友人たちの姿。
すべてはバイブル。
実のところ伊勢志摩の亡き祖父のミカン畑で働く、あるいは畳の上に書籍を開いて勉強研究し、深沢七郎を愛読する姿に、ローカリズムの核をみるようでもあります。
内部へ、内部へ掘り探るその行為こそが、生きる実践である。

ローカルという地に生きる人々の底力。
これまでも、そしてこれからも、それにまさるものはありません。

内からの世界の声に、耳を傾けることができるならば、あるいは少しの平衡的感覚を携えそれを寛容と呼ぶことができるならば、
目の前にある世界の絶望へも、少しだけ微笑むことができると思うのです。
=conviviality 共歓。

さて、これから生きる場所はどこに向かおうとしているのでしょうか。
人生の欠片としてあったブルターニュという地は、それでもわたしにとっての故郷と呼べるのかもしれません。

故郷喪失とは世界が故郷であるという転換的発想を味方にすることです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

過去の取材の一部はフランスのフリー新聞OVNIの記事になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カキ養殖業者ジョエルさん https://ovninavi.com/756sp/

ブルターニュ:4牛
酪農家、ガエタンさん   https://ovninavi.com/729sp/
煙突掃除夫 エロワンさん 
https://ovninavi.com/ramoneur/
 

  

Commentaires

破壊の定か

「災難の渦に巻き込まれ 逢瀬の宝石を探せなかった 
あふれ出る涙の一滴一滴が 海になる」

12 Muqam from Uyghur
Art by Mona Hatoum from Lebanon

Mona Hatoum モナ・ハトゥムはレバノンのArtist。
いみじくも、2017年広島現代美術館で彼女の展覧会が行われました。
一粒一粒のガラス玉でできたこの地球の姿。
その脆さ、相互扶助現状への懐疑でもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG-20200806-WA0000
ベイルートの友人たちの安否が取れました。
しかし、2015年山形ドキュメンタリー映画祭はじめ日本でツアーを共にしたWael Koudaitのアパートの破壊度に…言葉を失った。
レバノンで起こっていること、それは今の世界を代弁している。

IMG-20200806-WA0001
この街も破壊の定か夏の空

Commentaires

祈りの共鳴が民衆性を生む姿

عيد الأضحى イード・アル=アドハー 犠牲祭の終日を迎える満月の宵。

イスラム社会における真の慈善の実践とは、贄としてさばいた肉をまずは飢えた貧しい人々に与え、その残りを親族、友人と食すとコーランにあるそうだ。

女の子たちがユーユーで恍惚を導き、手拍子とダフがシンクロすれば、音楽のあるその空間は、祈りの共鳴が民衆性を生む姿そのものとなる。

openradio 2020/8/4 今宵満月の放送はこちらからお聴きになれます。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio202084-full-moon/

1) Habina (Rachid Taha)
2) Lila (Titi Robin)
3) Hiji Catetan (Oldiah Hadidjah&Jugala Jaipongan)
4) Amidinine (Toumast)
5) Ach Adami (Rachid Taha)

IMG_0284
楽師の役割とはこういうことだ

IMG_0480
カスバ

雲の峰死を祝ひとし今日生きる

Commentaires

分単位で動く今日は中上の

ノリというか感というか、人生は旅なので、感度全開で余裕をもちつつ実は今までもこれからもいつものように分単位で動き回る性質のようです。
アポは瞬発で決めて移動。
仕事の依頼は瞬息で決定。
クレーム対応は丁寧に。
意思の眼差しを信じて。
しかしこれを人は自己中心的行動ともいいます。

アウトプットのための準備とは移動の中の思考のことをいいます。
移動には、今日誕生日をむかえる中上健次と共にあります。
出自をハーフブリードとする強烈にかっこいいAnderson .Paakの音を、パリの足音にミックスします。

IMG_0506
目下の移動はパリ郊外電車 RER B線
遠くに見えるはリサイクル工場。
デザインは△。

IMG_0918
急遽のレストラン仕事が終われば0時を過ぎしパリ

IMG_0927
本の中の情景と現実の車窓の間を行き来する

IMG_0880
現実がずれてゆくかな夏の朝

Commentaires

アラファト山と犠牲祭

イード・アル=アドハー

ヒジュラ暦の12月10日から4日間にわたって行なわれる祝いの日。
メッカへの毎年恒例の巡礼においてアラファト山を降りる日の翌日=最終日。
巡礼者は動物を犠牲に捧げる。
これに合わせてイスラム世界では各家庭でいっせいに犠牲を屠(ほふ)る。

人々の祈りは、その日を迎える時、他者への、いや他者という存在によって内と外が自然(山、海、動植物、水、土…)と一体となり、それはある種のトランス的感覚を他者と味わうということかもしれない。

IMG_0045
屠り犠牲となるのは往々にして羊だ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の月贄を祝ひて死を巡る

Commentaires

1860年/1920年

ピカソ美術館の裏にある、サックスの楽器修理屋さんは、通りに面して扉はなく、
ガラス窓をノックし、店主が建物の大きな扉を開けてくれることによって、入ることができます。
Guyが倉庫から次から次へと出してくれるその楽器たちは、ヴィンテージものばかり。
一番古い物で1860年のメタルクラリネットが!
そしてなんといっても1920年のドイツのWorld社のサックスが….!!!
アメリカ製のクラリネット、サックスは欧州からの移民たちが作ったものだそうです。
そう、移動によって楽器の歴史がみえてくるのです。
そして、音楽の存在も然り。

人間の移動とは、音楽の変容を意味します。

2年前、四谷にある老舗ジャズ喫茶いーぐるで行った講演「ジャズの変容」を元に、
黒い大西洋とジャズ、ハーフブリード、移動と音楽、楽器をキーワードに、
ただいま執筆中です!(300頁、いくかな…)

IMG_0417

IMG_0421
眠っていた楽器に息を吹き込む魔術師、パリで一番古い楽器修理屋さんのGuy。

IMG_0863

IMG_0862
モンマルトルにあるギター工房。
1800年代のバロックギター。
こちらはスペイン人御歳80歳のリベルトさん!

Commentaires

一人アートインレジデンスは音楽と猫と

夏の時間は静寂をまとう。
猫のお世話を名目に、音楽の宝庫のようなお宅に滞在することになりました。
彼らは一路海辺へヴァカンスへ。
一人アートインレジデンスのようなこの空間で、残りのソロアルバム制作続行となります。

屋内での練習、屋外での演奏、急遽の仕事、このインプット・アウトプットのバランスが、予期せぬ夏の到来となる。
クラッシックから実験音楽、古楽からレゲエ、バルバラからカメルーン、コンゴ、南米から徹底ジャズのレコード。
そして中上健次の「枯木灘」日本語版との再会。

2020/7/27 上弦のopenradioはこちらから、
バロック、バッハ、11世紀の歌声、Ray Guerraのギター、雨の中にきくアップライトのピアノの音をどうぞ
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio2020727-waxing-moon/

0) Gaultier Sarabande Ou Chaconne 
1) Bach Violin Sonata No.2 in A BWV 1015 Andante Un Poco
2) Garsenda, Gui de Cavaillon (Jordi Savall)
3) Son Homenaje (Rey Guerra)
4) The Tourist (Gonzales)
5) Ella y Yo (Rey Guerra)

IMG_0814 2
ときどき猫が

IMG_0865
孤独にレジデンス、時々猫が参加

IMG_0807 2
庭のバラも第2期の芳香を放つ

IMG_0820
バカンスやパリに残るる静寂かな

Commentaires

世界の一点で « 在る » ことへの執着

インターネット上で読む数多ある文章。
偶然か、はたまたアルゴリズムの中で計画的に辿り着く先の文章かわからないが、
以前から愛読している福岡伸一さんの記事を読んだ。

生命はピュシスの中にある。人間以外の生物はみな、約束も契約もせず、自由に、気まぐれに、ただ一回のまったき生を生き、ときが来れば去る。
ピュシスとしての生命をロゴスで決定することはできない。
人間の生命も同じはずである。

それを悟ったホモ・サピエンスの脳はどうしたか。計画や規則によって、つまりアルゴリズム的なロゴスによって制御できないものを恐れた。制御できないもの。それは、ピュシスの本体、つまり、生と死、性、生殖、病、老い、狂気……。
これらを見て見ぬふりをした。あるいは隠蔽し、タブーに押し込めた。しかし、どんなに精巧で、稠密なロゴスの檻に閉じ込めたとしても、ピュシスは必ずその網目を通り抜けて漏れ出してくる。溢れ出したピュシスは視界の向こうから襲ってくるのではない。私たちの内部にその姿を現す。

(『朝日新聞』、2020年6月17日)

世界ではなく、マクロとミクロという宇宙の一点に »在る »という意識。

音楽の一音とは、この »在る »への問いかけであり、応えだ。

IMG_3360
森岡由利子さんの白磁と

Commentaires

モノクロの芍薬の世界で

写真家のYutaka Yamamotoさんの個展がパリで行われています。
その場所とは元々医薬実験のラボラトリーで現在は古書店・骨董店となっている、ジャコブ通りのLibrairie Alain Brieux。

異次元にトリップしたようなこの空間で、個展中の作品の中での演奏となりました。
中途飛び入りでテナーサックス奏者が参加したり、Yutakaさんもクラリネットで参加したり。
文化人類学的話、バイクの話でオーナーと意気投合。
来週、この空間でおもしろい映像を撮ることとなりました。
さて、モノクロの芍薬の世界にどんな音が生まれるでしょうか。

IMG_0847
個展は7月31日まで 48 rue de Jacob Paris 75006 / Librairie Alain Brieux

IMG_0839
グラフィックデザイナーだったが今は写真家 Y.Yamamoto

113211854_595065578044827_6531834402775575551_n
写真家の方々多々来廊。Mr.Miyamotoさんによるワンショットを。

ヴァカンスのパリに一音奏でをり

Commentaires

新疆ウイグル自治区ー福島

一見何の関係もなさそうなこの二つの土地、わたしにとってはある連帯の地です。
けいそうビブリオフィル連載15皿目はウイグルに伝わる羊肉でつくるパイーゴシュナンーです。
写真の中にある白、それは光でも影でもない、その地に生きる人々の息。
そして、わたしたちの息でもある、という想像の先に、連帯がある。

「災難の渦に巻き込まれ 逢瀬の宝石を探せなかった 
あふれ出る涙の一滴一滴が 海になる」

          『ウイグル十二ムカーム』(集広舎)

連載レシピはこちらから
https://keisobiblio.com/2020/07/21/nakanomaki15/

G-07

IMG_0181
再現版ゴシュナン

IMG_0185
ウイグルの、美しき姉妹が作ってくれたゴシュナン

IMG_0668
ウイグルの人々のDNAを刷印した写真集Lineageは300部限定
photo by Tony

IMG_0829
深夜バスを乗り継いで通った福島・飯館村の、あの日…

Commentaires

月なき新月今宵の空、彗星みた?

ペルーのアフロビート、ジャコ・パストリアス、ミッシェル・ペトルチアーニ、夭折した二人の天才、そしてポルトガルとアルゼンチンの逢瀬。

予想外だらけの、どんな夏が始まろうとしているのでしょうか。
2020/7/21 新月のopenradioの放送はこちらからご試聴いただけます。

https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio20200721-new-moon/

1) Milonga Gris (Tatiana Parra & Andrés Beeuwsaert)
2) Guatabo (NOVALIMA)
3) Portrait of Tracy (Jaco Pastorius)
4) Okonkolé Y Trompa (Jaco Pastorius)
5) Sometime Ago (Michel & Tony Petrucciani)
6) Jardim (Tatiana Parra & Andrés Beeuwsaert)

IMG_0774
風吹けば月なき新月夏始む

Commentaires

123456...25

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil