破急風光帖 il faut être radicalement humain

百合の開花は初夏。しかし、うれしいかなかなしいかな、
ただ今現在いつでも百合を手にいれることができるようです。
パリ左岸の花屋にて、ある人のために買った百合をブーケにしてくださったのは日本人の女性でした。

ピナ・バウシュへ薔薇を捧げ、ある音楽家との対談ではその日キャンパスに散った銀杏の落葉を舞台に敷き詰め迎える。
数多ある著書を世に出しつつ、ご自身がプロデゥース(この場合は編集ですが、敢えてこういいます)する「午前四時のブルー」なんて冊子をだすあたり、これが実践する哲学者。
わたしにとっての小林康夫さんとはそういう方。

「恋の不思議や、気高さや、心のくるしみ、心のよろこび、わがからだにあふれきて・・・「悪縁なれど」、恋ぐるひ、ああ、Mysterioso!」
なんて言える哲学者、すてきですよね。

来る2月2日、やはり左岸のギャラリー通り Rue Seineでは氏の詩と絵画の展覧会があるそうです。

Dimanche 2 Fevrier 2020
La galerie Olivier Nouvellet
“D’eau et feu”
Texte de Yasuo Kobayashi
Peintures d’Irene Boisaubert
19 rue de Seine 75006 Paris -de 15h a 19h-

IMG_6240 2

IMG_0259
パリ4時の厳寒明けぬ闇の中

小林さんの面白いブログはこちら。
タイトルも徹底を貫いている!
https://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/hakyufukocho/
破急風光帖-il faut être radicalement humain-(徹底的に人間であれ)

Commentaires

花と雪 fleur et neige

暖冬花を両手に抱えれば、自然賛歌の献花となり、しかしそれを司るは人間のするところ。
それをするかしないかはあなた次第。
わたしはする方に惹かれます。

迎える雪は今日山間にひっそりと、そして沈々と夜に降る。

82848877_174800420393776_1827165682849021952_n-1
「秩父前衛派」をご存知でしょうか。
このアート集団による今年最初のパフォーマンスはこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=P9Zkov2UUY0

IMG_7636
雪の夜半旅する恋人着きにけり

Commentaires

谷間に鳴る音の足跡

1月31日、急遽秩父鉄道「親鼻駅」にあるゆったりとしたカフェ、PNB-1253
https://pnb-1253.tumblr.com/
で演奏をすることになりました。

ギターとサックス。
伴奏と旋律という関係をものともせぬ音の相対的、あるいは音楽に包摂される関係性。

冬の谷音の足跡残しけり

82815854_513227135971750_533658340887101440_n
笹久保伸 (guitar)× 仲野麻紀(sax, metal-clarinet, nay, voice)

場所:PNB-1253
(秩父郡皆野町下田野1253-1)
開場:18:00、開演:18:30
料金:2000円
予約:sasakubox@gmail.com

Commentaires

宝物は俳句、音楽は血

どれだけ俳句が救ってくれたことか…

IMG_7328
初句会ではくじ引きが。大人の遊び。

IMG_7178 2
「楽園」句会の主宰中村考哲さんは第一句集「幻化」昨年上梓。
幹事康代さんはわたしの愛人。

初句会何もなかった空を詠む

Commentaires

痛みのあらわれ

痛い!
心が痛い、あるいは悲しい。
そんなときはマックス・ロメオ爺と一緒に飛ぶのもいいけれど、PYNと一緒に7拍子で決めるのも有効です。
命を削るって、こういうこと。

「眠らない子供のための音楽」
https://twitter.com/mimihen/status/1189922968664588288/

Commentaires

自己の中に他者をみる

他者との関係性の中に、エゴを排除する闘いに挑んだ人物。
レヴィ・ストロースを師とし、マルセル・モースを祖父とした人物。
1月11日、真島一郎さんによる講演、ー「闘い」の方法をたどる感性ー。
もうね、A3版10頁ですよ、レジュメ引用、注釈が…
そこには、故人への静謐なリスペクトしか感じられませんでした。
声が詰まっちゃうよね。嗚咽しかでないよね。
でも彼は最後まで「火のエネルギー問題」に至るまで、話しきった。
しかもサンカラとルムンバを引用して。
chapeau(脱帽)。
リスペクトとエゴとの対話は同義します。

「詩」というものは本来
人間と神様の帳尻を合わせてくれる音であろう
(プリミ恥部)

IMG_7143
猿、いや動物に触れる手って、柔らかいのよね。

IMG_6875
触れたくも触れぬ距離にゐる雪催

Commentaires

秘めごとの爪…詰め

ある作家さんがつぶやいたのです。
「麻紀ちゃん、愛縛って言葉知ってる?」
それは漢詩文集、空海の『性霊集』。あるいは理趣経・十七清浄句の中にある、
愛縛満潮句足菩薩位。
こんなことを若かりし私(20代後半だった!?)に教えてくれた先輩に、感謝。

IMG_7020

IMG_0003 (1)

誰が知りて狼星とある夜半の淵

Commentaires

Un Poète Péruvien À Paris パリのペルーの詩人

アルベール・マルクールの最近の作品はQuatra Belaという弦楽四重奏とのアコースティックな音に、小気味いい詞が添えられます。
その中でも「Un Poète Péruvien À Paris パリのペルーの詩人」はアルバムの白眉。

ブラッド・メルドーのエレゲイア・サイクルにはこうあります。

「”我々が得るのは二つある、時間が与えてくれた体験、
そして我々のはかなさとは裏腹に、常に戻ってくる不可避的なものの慰め…
君の思いがどうあれ、物事は永久に終ってしまうというのは錯覚だ。
全ては幾度も幾度も周期をなして巡ってくる。”」

「死ぬこと、思い出されること。音楽は、そのこと自体へエレジーを歌う。
我々の周りにある”日々”の喪失を美化し、
我々がいかに死と親密になれるかを教えてくれる。」

2020年1月11日満月のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-2020111-%E6%BA%80%E6%9C%88-%E3%83%91%E3%83%AA%E3%81%AE%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%A9%A9%E4%BA%BA/

IMG_0006

初満月喪失周期の中にみる

Commentaires

玉川奈々福師匠

浪曲その魅力は、ある関係性だけではないわたしたちが生きる世界にスポットを当てて、その関係性の中に心がほっとする瞬間を語りにすること。それが浪花節と泣き笑いの逢瀬。
今秋奇跡の共演となった浪曲師玉川奈々福師匠はいいました。
彼女の声、語りは脳髄にビリビリと届き、生きる儚ささえも皮下脂肪の下に沁み込みます。
日本語の世界と西洋の楽器が重なり交わる時、その音世界が在る瞬間のためだけに生きるという諦念が生まれます。
飛ぶ鳥落とす勢いの師匠の公演、一番のオススメは浅草の木馬亭かな。
本当の浅草の街人情の中に真正を聞く。

75369132_2443675999242338_8643473433813843968_n
演奏後のサイン会では「二人似ているね」という声が

_MG_0256
そしてなんてたって、奈々福師匠、曲師の豊子師匠あってのこと。

女二人一騎打ちの律の風

Commentaires

あるいは Please Rewind

そうはいかないのが人の道の常
Image de prévisualisation YouTube

Commentaires

moonchild -Voyager 旅人 -

低音の鳴りと、タイトな重層的音のてっぺんにある彼女の声がいい。
バックのフルートの奥行き、シンセと管のバランスが人の耳には心地いい。
要するに、ミックスがいい。
録音物はミックスによってその価値が何倍にも化ける。

西アフリカで録音したあの灼熱の地では、そんなテクニックは使えなかったけれど、
実のところ、演奏者自身の気の利いた楽器の配置と、あの乾いた赤土と藁のおかげでアナログミックス=リアルミックス録音ができたことは言うまでもない。
(機材は暑さで溶けるかと思ったけれど。)

録音物の魅力はこういうところ。
音の震えが、技術者のエゴなしに伝わるか、否か。
それは、純粋性。
Image de prévisualisation YouTube

月読みの子等の歩きし冬日向

Commentaires

余白が音 une musique est une marge

森の中に差す木漏れ日にもし心奪われてしまうならば、それはMargeという名の光が生む余白に、その心をもゆだねてしまいたい衝動が生まれるからなのかもしれません。
武満がみた音とは、余白のことなのです。

IMG_6402

IMG_5764

IMG_6984
余白から花梨の余韻香り去り

Commentaires

サティの白、北園の白

IMG_6987

白い手紙のなかの白い雨は
白い孤独の白い雨である

白いカメラのなかの白い孤独は
白い
孤独の白い孤独である

By 北園克衛

Fâcheux Exemple (ある愁いのたとえ) By Satie

冬の空白が灰色になってゆく

Commentaires

映像の音、菫の光

映像に音をつけるという仕事は、かつて武満が言ったように、「映像から音を削る」という表現があっています。
まだ見ぬ世界の始まりを音で想像するという刺激的なこと。
絶望の中に垣間見る微量のワクワク感と同時に、共同作業の生みの苦しみもあり、それが、音と共にある人生なのかもしれません。
今回の題材は、ラ・フォンテーヌの寓話。

たっぷりと待ち構えている絶望の中にある僅かな光を捉えることはできるでしょうか。あ、菫とは、人(人偏)が見つけることによって在る、僅かな花の光なのか…

ライオンと鼠(ラ・フォンテーヌ)

できるだけ、みんなの役に立つようありたいものだ
しばしば人は自分より小さな者を必要とする
このことが真実なのはふたつの寓話が裏付けている
それを証明する物事はたくさんある

一頭のライオンの足の間に
一匹の鼠が土から顔を出し目を回した
百獣の王は、この機会に
王の寛大さを示し、鼠を逃がしてやった
この善行は無駄ではなかった
ライオンが鼠の助けを必要とするなんて
だれが信じられるだろうか?

けれども森を出たときに
このライオンは網に捕えられてしまった
吼え続けたところで罠はほどけなかった
鼠殿が駆けつけ、その歯でもって
網の目を辛抱強く齧り
とうとうライオンを解き放つことができた

長い時間を掛け忍耐づよく行うことは
力や猛りに優るのだ

LE LION ET LE RAT

Il faut, autant qu’on peut, obliger tout le monde :
On a souvent besoin d’un plus petit que soi.
De cette vérité deux fables feront foi,
Tant la chose en preuves abonde.
Entre les pattes d’un Lion,
Un Rat sortit de terre assez à l’étourdie.
Le Roi des animaux, en cette occasion,
Montra ce qu’il était, et lui donna la vie.
Ce bienfait ne fut pas perdu.
Quelqu’un aurait-il jamais cru
Qu’un Lion d’un Rat eût affaire ?
Cependant il advint qu’au sortir des forêts
Ce Lion fut pris dans des rets,
Dont ses rugissements ne le purent défaire.
Sire Rat accourut, et fit tant par ses dents
Qu’une maille rongée emporta tout l’ouvrage.
Patience et longueur de temps
Font plus que force ni que rage.

IMG_0493

Commentaires

年迎へどこにゐようと生きている

2020年1月上弦のopenradioの放送は、こちらから
hhttps://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-2020-%E4%B8%8A%E5%BC%A6/

IMG_6743
ぬくくして主人なき家炉の近く

IMG_6755
南仏の影を纏ふて冬薔薇

IMG_6970
名の知らぬ行き交ふ冬の鳥とゐる

IMG_5869 2
鳥瞰図我が目で見ひる富士の山

81595973_2952540018089744_3535115971347873792_n
年迎へどこにゐようと生きている

Commentaires

Tu connais langage des fleurs de « Pois de senteur »?

北半球6月の畑には野生のスイートピーがまあ旺盛に枝を伸ばしていました。
可愛らしい実を晩夏の頃に取っておこうなんて考えていました。
なんていったって »Pois »というくらいだから、そう、この花は”えんどう豆”の類。
豆は、種になる。
種を種として保存する一仕事。
もちろんとってあるけれど、さて、ではこの春3月、どこに蒔けるのかな。
スイートピーの花言葉を知ってしまったからというもの、花の存在に悲しさを感じる今年最後となります。

Le Départ 門出
La séparation 別離
Le plaisir délicat ほのかな喜び
La mémoire tendre 優しい思い出
Le plaisir bienheureux 至福の喜び

IMG_6819 2
駅構内でふっと目に付いただけだったのに。

IMG_0166 2

IMG_6878
薄色の三日月残す年の瀬や

Commentaires

誰が世界を翻訳するのか

これは2005年に人文書院から上梓された真島一郎さんによる編著のタイトル。
そして、金沢21世紀美術館での展覧会のタイトルでもあります。

 観察、他者、遠近の眼差し…
レリスが試したように、レヴィ=ストロースが神話論理という方法で思考を実践したように。
生きる実践の中で、ミクロの世界をマクロと同等に、いやそれ以前の一体となり響きあうポリの世界を、僅かな変容にも繊細な気を使いながら他者を観察した先達。
ここでは言語の問題が必ず付きまとう。
「神話は、けっして自身の言語に属しているのではなく、他なる言語への一つのパースペクティブなのである…」

では言語を同じにする場合の観察とはどうだろう。
都市の者が辺境に向かうという偏差はあるにせよ、その言語的一体感が観察者に類としての原動力を付加する。
観察者として切り取って見せる写真や言葉が何か身体の奥に響くものであるようなのは、その眼差しの根ざす場所が己にも通底していることを教えられるから。例えば、岡本太郎であり、宮本常一なのかもしれない。
外からでなく、中からの観察に挑むという実践をする者に、わたしは憧れる。

IMG_6826-1
神話論理を制覇した後に生まれる考察の愛情深さ。

IMG_6628
と同時に想起したのは、ボルタンスキーの展覧会 Faire Son temps (英題:Life Time)

IMG_6632
会場自体がひとつのインスタレーション空間に。この空間にいる他者とはだれなのか。

みすず書房からの新訳版「人種と歴史」(L=Strausse)

https://www.msz.co.jp/book/detail/08850.html

IMG_6121
今秋上梓されたできたてほやほや「われらみな食人種」(泉克典訳)

457716
平凡社ライブラリー入りした2009年の傑作
「闘うレヴィ=ストロース」(渡辺公三著)

Commentaires

師走新月吉とでるか凶とでるか

場所場所の天候に翻弄され今どこを行く。
そんな時は、ただ一音爪弾く音を聞きたくなります。
期待大の驚異のギター奏者の新作は年明けを待つとしましょう。
今回のopenradioは、映像の音、空気に触れる音、そしてザッパ で少し一人頭を振りまくるとしましょう。
Keep it greasy!!

2019/12/26 今年最後の新月のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/20191226-%E6%96%B0%E6%9C%88/

IMG_6800
大気の凍えが身にしみる

IMG_6774
ある場所を目指して、ただただ車窓は続く

IMG_6809
山のある命

埋火も消ゆや涙の烹ゆる音 (芭蕉)

Commentaires

住所不定の特典

定住所を持たぬ利点はいつでも動けること(あるいは動かなければいけない)。
不利は花を生けても愛でる時間が少ない。
それを誰かのために残すもよしだが空っぽになった家に花が残るのは心苦しいもの。

これからまたスーツケース一個と楽器との時間を過ごすことになる予感は
吉とでるか凶とでるか。

IMG_6694
畑にあるこの時期唯一の色を

IMG_2754
花は、身近にあるものを摘む、あるいは切って失敬、いただき今日の心へ。

IMG_4678 2
冬薔薇の比例せず色残るだけ

IMG_6240
百合は冬には咲きません。
鉄砲百合その多くが、沖永良部で咲いている。

Commentaires

命日や忘却彼方冬落暉

 モンパルナスの墓にはマン・レイにザッキン、ブランクーシにブラッシャイ、カストリアディスにソンタグ、あるいはゲンズブールが眠っている…..etc
トリスタン・ツァラの隣にセサル・バジェホの名が。
彼らの出自、オリジナルは「外国人」。
フランスという地に生き、フランスを生きた人々。
つい先ほど逝去されたヌーヴェルヴァーグのお姫さま、
アンナ・カリーナは、デンマーク出身だったのか。

今一度フランス共和国とはなんなのか、考えたいのです。
国民と呼ばれる一人一人にどんな権利があり、どんな義務があり、国を構成する人員であるにはどのような行動が必要なのか。
能動的でいなければならないことは、間違いないようです。

あなたは、どこに生きたかったのですか?
2019年12月19日下弦。100回目を迎えるopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio20191219-%E4%B8%8B%E5%BC%A6/

73409157_2541750719273191_5696681142074212352_n
(Photo:S.SASAKUBO)
ジャック・シラクの眠りにあるパレスチナの男性がコーランを詠む姿。
シラクがパレスチナ擁護派であったことはご承知の通り。

IMG_0332
菊は墓地の象徴。

IMG_0131
12月はアマリリスが、いいね。

IMG_6472-1
冬薔薇心と比例しない今日鮮やかさだけ世は師走

Commentaires

車窓は心象を写す

旅の移動に現代社会必須な乗り物。
それは飛行機でもリニアでもありません。
電車。
ブルキナファソはボボデゥラッソとアビジャンをつなぐ列車を見たときの感動。
秩父の蒸気機関車の音に萌え、確かベトナムだったか、名鉄電車の払い下げの真っ赤な車両を見たときの驚き。
人々は移動するために電車に乗るのですが、
時々、ただただ車窓を眺めたいだけに乗る電車も、あるのです。

79732858_2760329773989217_6921513962722820096_n
(photo:S.Sasakubo)
詩人César Vallejoの面影を求めフォンテンヌブローへ行く電車はパリ・リヨン駅から。

IMG_1452
生きる地の息を数えて冬の霧

IMG_6155
夕暮れが夜に落ちたらKawecoの万年筆で日記を少し。
車窓への想いを書くほど馬鹿げたことはない。

Commentaires

満月の夜、空飛ぶ絨毯 Le Tsapis Volant

ピアニスト、その名はTsapis=フランス語の発音で彼の名前は「絨毯」。
ギリシャとフランスの血をひく彼のピアノの音は縦横無尽に空を飛ぶ。
発表されたばかりのこの作品の白眉はなんといっても「オリエンタルピアノ」
を使用しているところ。

このピアノの話をするにはとっても時間が必要となります。
それは、音楽というもの、ピアノの歴史、人々の歴史、移動、変容をも含む人類の音の世界のことだからです。
河出書房から発売されているマンガ「オリエンタルピアノ」をぜひご一読ください。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309277714/

アラブ音楽は微分音の存在を抜き語ることはできません。
音楽は平均律で構成されていると洗脳されてきたわたしたちにとって、このオリエンタルピアノは、世界が黒と白だけではないことを教えてくれます。

ステファンの作りたかった音世界とは、ジャズだとか、アラブだとか、言葉だとかで片付くものではなく、
わたしたちが音楽に聴き惚れてしまうそのマジックを彼なりの方法で提示してくれたのです。

彼の楽曲を歌う魅惑的な女性たちの声、呟き、響はこのアルバムの中にしかない融合があります。
だって、考えてもみてください。
トルコ人、ギリシャ人、シリア人歌手が一緒に歌っているのですよ!

今回はステファン・ツァピスの新旧作品をたっぷりとお楽しみください。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-20191212-%E6%BA%80%E6%9C%88/

IMG_5137
今宵満月は本の中で会いましょう。

IMG_6607 2
CDとLPの二作同時発売コンサート

80042710_2745798502155349_6561345371149172736_o

IMG_6590 2
今回の演奏はラジオフランスで2020年1月4日放送されます。

IMG_6605 2
日本ではdisk unionで入手できるそうですよ!

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008018558?fbclid=IwAR3A-Ki-XasKbxsIhP38d9UStblenJY7Rhlwfa9wnEeu8h1AyuE6LHoti84

9784309277714
河出書房新社 オリエンタルピアノ 
著者はレバノンのアーティスト、Zeina Abirached

Commentaires

緑を食う、ウスベニアオイの葉

冬の野菜の白の数々に魅かれる師走迫る今日。
白の中にある鮮やかな緑。
市場では香草を売るおじさんのところにバサッと置いてある草が気になる。
わさび菜のような、モロヘイヤのような、みたことのない葉。
聞けばウスベニアオイの葉だという。
ハーブティとして、美しい青を発色するそれ。

「マグレブではニンニクと一緒に炒めて食べるんだ」とのこと。
早速試してみようではないか。
しかし葉、そのものの味を確認したかったので、シンプルに茹でることに。
すると、粘りがでるではないか。
香りは野性味、歯ごたえも抜群である。

この最近、食べられる野草の本を手にしたばかり。
農薬を必要としない葉もの、食べられる葉ものに挑戦したいものだ。

IMG_6549 2
バサッという感じなのです。

IMG_6667
冬といえばクレソンだと思っていたが、
喜界島の泉で見つけて以来一年中食べられるものと知る。
苦味には洋ナシとロックフォールを合わせる。

IMG_6657 2
こちらも今が旬かな、芽キャベツ也。

Commentaires

スタジオまで徒歩1時間30分 ースープの力にたよるー

フランスの年金改革に反対するストライキ5日目続行中!
いやはやタクシーは予約もできなければ乗り場もスト。
道端で偶然に見つけるしかない。
発見済みのTGVの切符も発車しないとのこと。
地下鉄は無人稼働1、14番線以外は全滅。

歩くしか、ない。
歩く始源。
歩く喜び。
車道と歩道の極を後ろを見ながら歩く。
楽器を背負って我ロバになる。

パリジャン、パリジェンヌ皆、歩く。
排気ガスの中を、歩く。

歩き疲れた足をよっこいしょ。
疲労困憊でも、ひとつの野菜をスープにする力を振りしぼって、
明日生きるための食事とする。

IMG_6575
歩く歩く、みな歩く。タクシーは真っ赤!

IMG_6576
車道も歩道も帰宅時間は大渋滞。

IMG_6578
今年もかぼちゃの出番です。

IMG_0238
今年も種から蒔いたバターナッツが収穫できたと。

IMG_6551 2
街角ではスープコンペティション。
ストでも笑顔を忘れずに!

79152692_424709651743012_4221388089538379776_n
みんなスープで温まろ!

名の木枯る間の間に見入る吐息かな

Commentaires

季節の色は黄色と白

白は霧、あるいは霜。大雪迎える今日、師走に向けてアマリリスの白も気になりますが、自然に呼応する白い花を侘助にみる。
日本であれば大根干しとなるのか。
カリンの黄色と森の木漏れ陽を浴びる枯葉。
光をまとう黄色のなんとも切ないこと。

IMG_0084
だれかの庭になるカリンをいただく喜び、それを加工して保存する喜び、そしてだれかに差し上げる喜び。
これが、贈与の循環。

IMG_0562
フランスでは山茶花も椿も語彙としてカメリアになってしまうのか…
侘助であってほしいの願うところだがこちらどうやら山茶花かな。

IMG_6360
大気を靄がまとうこの地はどこでしょう。

冬霧や先見へぬままどこへ行く

Commentaires

12345...20

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil