openradio は190回目!

立春・旧正月迎え如月、おめでとうございます。
openradio 190回目、おめでとうございます。

2017〜2018末までの回はi-web上で公開していたため現在アーカイブには残っていませんが、選曲した文字情報だけでも一度まとめてみようと思います。

190回目は少し特別な感慨を汲みし、つい先ほど知ることとなったブルガリアの作曲家ヴラディゲロフと、日本の音楽ファン、あるいはフランスのある時代にあったあの独特な音楽世界にベクトルをむけている人々の間で話題になっている歌手、コレット・マニーを取り上げました。

過去から今へ、彼らがわたしたちの耳もとで、ささやくのです。
彼らの音楽は決して生易しいものではなく、実験性や探求性を放ってはいるものの、しかし時間の概念をふわっと交わすように、彼らが音楽で語りかけるように、わたしには聞こえるのです。

200回目は4月の新月だとか。
何事も順調にいくことなき、で腹をくくってはいるものの、少しの期待を、宇宙と今日いる自分にかけてみようと思います。

2022/2/1 新月のopenradioはmixcloudからご視聴になれます。

01) Valse-Caprice ワルツ・カプリス (Pancho Vladigerov)
02) Suite Bulgare – chant ブルガリア舞曲・歌 (Pancho Vladigerov)
03) Les tulieries (Colette Magny)
04) Melocoton (Colette Magny)
05) Orientasie (Baroque Jazz Trio)
06) Paxi Ni Ngongo (Bonga)
07) Langueur 慕情 (Pancho Vladigerov)

*中村隆之さんによるコレット・マニーの伝記本「魂の形式 コレット・マニー論」はカンパニー社から上梓されています。

IMG_0699

IMG_0688

ヴラディゲロフの存在は、パリ在住のピアニストである広瀬悦子さんによって知ることとなりました。
ラフォルジョルネではシューベルト三昧でしたが。
この状況下でも28回目となるこのフェスティバルを継続実現するための尽力、市政の力、文化への渇望、フランスの底力を感じます。

Commentaires

御礼と詫び表裏一体その存在

陰翳と陽光その落差は想像さえできないと思います。
ジェットコースター。
奈落の底へ、ノルマンディーの海岸、エトルタの絶壁をヘリコプターから見下ろす感じ。
あるいはピラミッドのひとつのあの巨石を一人で持ち上げられるような妄想とやる気。

そういえば、父とゴッホの墓を参り、枯野に飛ぶカラスを追いかけたどり着いたノルマンディーの海岸。あの頃僕らは酩酊にて運命をさまよっていた気がします。
そんな父の新年の一句は

待春のひかりの柔し老いの宿

わたくしの身を案じて色々な方が四方八方で祈願してくださる。

・寒雨の中寒川神社までいき八方除のお守りを渡してくれた浅草の友。
・奈良の磐座で祈りをあげ、米粒のような石に南無阿弥陀仏を書き、麻紀ちゃんお年玉だよ!と渡してくれる山伏。
・ブルターニュからは元旦初日の出の写真と共に健康祈願。
・武野紹鴎の墓を守る堺のお坊さんとの難波逢瀬にて新企画の祈願。
・初活けはみささぎ、その名は陵西。千両南天朗読音楽、そして吉案じる家元のごはんは芸事の極位。

初釜一服の手前もよく、雪華雪片の風情よろしく今年の抱負なんぞいうに及ばず云うならば、

「四方八方バシバシ行くぜ」

openradio
art et cultures symbiose
Traveling Haiku …etc
総括するopenmusic:仲野麻紀の活動。
今年もご贔屓のほど何卒よろしく願います。

271380918_1020560221856944_8825144159745238694_n

新譜 openradioの増版を記念して一枚。
photo:H.Nakagawa

Commentaires

佐渡その土地もまた憧憬となり

大雪警報の最中に向かって越中、佐渡へ飛び込みに行った。
そんなツアー後半戦。
暴風、雪がようしゃなくライブ会場の窓をたたきつけ、一体音楽なのか風なのかわからぬカオスな空間。
それでも聴きに来てくださった方々は笑顔で、本当にほっこりした笑顔で家路に帰られたのでした。
そして翌日欠航が続く佐渡汽船。

すべてが奇跡、そう、あの夜海を渡り佐渡で奏でることができたこと、いや、この世の空間で音楽と一緒にいられることが、奇跡であると。

帰りの汽船の穏やかだったこと。
土地の息、あの海を渡った、流された者たちの息が聞こえてきて、一曲、歌が生まれたのでした。

openradio No.187 今年最後の満月の放送は、佐渡島、相川でフィールドレコーディングした波の音と、兄弟子とのトーク。
残る放送は下弦。

佐渡の夜。
鉱山、権力、金、海そして山。
その果てに何を見る。
佐渡ヶ島に通い10年。

いつもご視聴ありがとうございます。openradioは
mixcloudからお聴きになれます。

01) Gloria’s Step (Bill Evans)
02) La chanson de sextoy (Yann Pittard)
03) Cicle (林栄一)
04) Bleue (Ky)
05) Cure (moonchild)

IMG_1506

IMG_1473

IMG_1448

土の息冬の鼓動を聞きし佐渡

Commentaires

式神あるいは三つ目の手をください

information for concerts in Japan.
ツアー後半戦のご報告。
お問い合わせは openmusic.jp@gmail.comまで。
ツアー模様は随時Twitter -咳をしても一人/仲野麻紀-から。
—————————————–
・12/4 鎌倉山ピクニックライブ13時 / テンパラダイス 16:00~18:00
・12/5 横浜 黄金町 Nitehi Works
・12/6 東京 千駄木 Bar Isshee TUMO (竹下勇馬+石原雄治)
ゲスト出演:仲野麻紀
・12/8 愛媛 宇和島 きさいや広場
・ 12/11 大阪 天満 Book Cafe イーゲル
・12/14 和歌山 和歌浦芸術区
・12/16 東京 三鷹 三鷹市芸術文化センター 星のホール
・12/17 新潟 沼垂
・12/18 新潟 佐渡島 ぴあのこまち
・12/24 静岡 水見色 サジットの家
・12/25 東京 山谷 泪橋ホール
・12/26 岐阜 谷汲 カフェ縁舎
・12/29 四日市 Holly House
・1/8 名古屋 Enne
・1/10 横浜 日吉

260902049_2346392548857696_1221319570075896795_n

——————————————————————-
2021年12月今年最後の新月・openradio No.185はmixcloudからご視聴になれます。
-Sun Kil Moon-

旅行者には帰る場所がある。
Nomadには、帰る場所は、ない。
道標となるのは、月だけだ。

Commentaires

Inter FM « old and new dreams  » by SONG X RADIO

夢なんてないと思っていましたが、ラジオのマイクの前で声をだした途端、生気が溢れ出しました。
ああ、ラジオ番組をやることが、夢だったのだ…

歌とか声を自分が出すことに嫌悪しか覚えなかった20代。
悲観的なものいいはやめて、夢まっしぐらの40代であろうと思います。

Inter FM 897のラジオ番組 « Old and new dreams » もちろん番組名はECMのあの名盤から。
SONG X JAZZのチームの審美眼が光ります。

ラジコでは本日16日14時ごろまでご試聴可能とのこと。
隔月第二日曜日、ご贔屓のほどよろしくお願い致します。

257830590_4892575730752820_4651526051029595533_n

IMG_9214

秋の音に耳澄ますほどかなしくて

Commentaires

霜月新月繊月〜OPENRARIO 発売

河口湖での演奏は毎年恒例となります。
そして様々な想いと共に今回も富士五合目へ。
新月から2日目霜月繊月は富士山の後方からひょこっと現れました。

11月7日に新譜 OPENRADIOが発売となり、早速ご注文多々いただき、感謝。
道中スーツケースから旅立つCD。土地土地の香りを入れて、今日も投函いたします。

ご注文はこちらのサイトから手続きしていただくか、あるいはBandcampのサイトでは試聴+デジタル購入あるいはCD現物購入ができます。

すでにLP化するお話があがってきたり、どうなることでしょうか。

来週日曜日にはInter FMラジオ番組 Song X Jazz Presents « Old and new dreans »でパーソナリティーをします。
特権的に新譜のご紹介をしますので、お聞きに逃しのないように!

CD Maki + titre

251018979_421113436151891_3524595008822294728_n

251117430_377670530823346_6209332515680988584_n

薄膜の記憶霜月富士の月

Commentaires

屋上生活〜ツアー生活

自主隔離期間。
橋の下生活はかろうじて免れ今季も屋上生活となる。
利点は空。
晴れに勝るものはなく、月が出ていればなおよし。

一騎打ちとなったサックス奏者坂田明さんと赤坂での演奏を終え、ツアー生活の始まりとなる。
長丁場、どこかでお会いできればなおよしとします。

羽田村、那珂川、珠洲、久留米、富士山、井戸尻、安曇野、諏訪、白楽、日吉、碑文谷、朝倉、真庭、美濃、谷汲、牛窓、京都、堺、泉州、高野山、新宮、伊勢、鎌倉、洗足、飯能、宇和島、新潟、佐渡、三鷹、山谷、神楽坂

別途ツアー日程はこちらに記載いたします。

IMG_9275

OPENRADIO 新譜発売ツアーでなく、「旅する花束ツアー」と名打ちたいもの。

IMG_9342
色の組み合わせに唸る。

IMG_9427
その亡き人へのやさしさを色にして。

IMG_9329

IMG_9262
坂田明先輩とのDUO終了後。

花とゆく旅路一人の秋の空

Commentaires

高みとは同じだけの深みのこと

その根の深さに比例して、あるいはその高さと同じだけの深みがある。
その例えは?
人間、樹、ビルディング!?

今、この世界の富を考えた時、対としての貧があるということ。
分配を声高に言った時期があった。しかし今やだれもが »分配 »という言葉が口から転げ落ちてきたことを知っている。
声は必要だが声を出すならばそれと同様に、いや出さずともささやかなアクションで、富への疑問を投げかける。

小春日和の中の秋光。
切ないとしか言えないじゃないか。

openradio No.178 神無月の満月の放送はmixcloudからご試聴になれます。

01) Water Fountain (Shinichiro Mochizuki)
02) Song for South Africa (Kyle Shepherd)
03) Avalon (Rhiana Giddens)
04) A cor et à cri (Maki Nakano)
05) String Quartet in F Major (M.Ravel)

1) 2) のSong X Jazz レーベルhttps://www.songxjazz.com/の作品はディスクユニオンからご購入いただけます。

https://diskunion.net/jazz/ct/list/0/0/59106

IMG_9107

日々に花。日比谷花壇より野に咲く花。

Commentaires

Jazzの揺曳

人類とジャズ、大げさなほどにこの音楽がもつ、すべてのアイデンティティーへの包容。
あるインタビューをきっかけに、再び、深く、そしてその進むべき高みを実感したのでした。

openradio No.176 10月上弦の放送はこちらからご試聴いただけます。

01) Improvised dialogue between Oud and Qanoun : AMAR (Asil ensemble for Arab contemporary classic music)
02) Interval study 2A 2020 (Stéphane Payen / Guillaume Orti)
03) Don’t blame me (Noël Akchoté / Shin Sasakubo)
04) The doors of perception (Maki Nakano)
05) Cazzati/Pssacaglio (Ensemble Baaroque De Mateus-Marie Leonhardt)

新譜「Auto & Bauto」by Noël Akchoté & Shin SasakuboはBandCampから購入できます。

IMG_8952

IMG_8982

闇彼方前奏曲は秋夕日

Commentaires

openradio No.175 新月

2017年からはじめて今回で175回目をむかえました。
来月?来年からは隔月にてInter FMでの番組を担当します。
ラジオという魔力に取り憑かれてこのかた30年。
いよいよ、始動。

夢は機材を抱えて世界中からラジオを発信することです。

10月新月の放送はmixcloudからお聴きになれます。

音楽を巡る円環的連鎖
出逢いのつながりその元にはいつも音楽がある。
そんな関係性が円環となり、いつまでも昇華の高みそして望みとなりますように。
選曲:
01) Ainte Matzourana Mou (Baxevanis)
02) Siboney (Rubén González)
03) Indian Summer (Coleman Howkins)
04) Holding Horses (Colleen)
05) Piano sonate de Mozart (Menahem Pressler)

124003774_711479732802175_3245528254865781879_n

Commentaires

ロバを愛してしまったのです

その象徴とはなんでしょうか。
色々ありますね。
その意味すべてを含んだ、ロバを愛しているのです。

でも、やはり一番最初に愛した理由は、一人旅を始めた10代、航空チケットを購入した「ろばのみみ舎」という旅行会社によるものだったと思います。
スペインを主に取り扱ったその会社は、池袋の住宅街にあり、一軒家。
お花見会にも呼んでいただき、へたっぴなサックスを奏でたこともあったかな。

当時ご在命のオーナーが撮影したロバの写真の数々が強烈に印象に残っています。
そして、旅をするとそこにはロバがいた。

夢はいつかロバを飼うこと。
しかし、彼らは一頭では生きられないのですね…
そんなこんなの話は山とあり、いつかロバにまつわる旅本なんてのもいいかもしれません。

先日ある友人からは、メキシコでのロバとの邂逅写真が送られてきました。
ロバと一緒に写ったなんと愛らしい女性の姿。その友人の、将来の伴侶となったそうな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「旅する音楽」の表紙を飾ったブルターニュのロバ、その名を”ニャンニャン”

Commentaires

インタビュー、枯木灘、ジャズ

そのすべてにおいて、中上自体がジャズだ。
「至上〜」なんてもろコルトレーンで、あ、チェット・ベイカー的破滅的な感じもありつつ。

ソロアルバムの楽曲名はすべて、影響を受けた文学作品のタイトルから頂戴しました。
急遽、フランス語で語りを加えて、いざプレスへ。
何せ一人でこれからCDを背負って世界を回る予定ですから、日本語だけではいかんせん通用しない。

日本へ発つ前に重要なインタビューのアポを取り付け、さてどうなることやら。
ある鬼才的ギターリストを前に何を質問するか、ドキドキが収まらない。
からには葉巻を一服をしておこう。

IMG_7945

IMG_0927

9月29日 下弦のopenradioはmixcloudからご試聴になれます。

USのギター奏者Fred Frith、ナントのhipなレーベル Yolk Record、アルゼンチンのロック、アメリカのブルースロック。
音楽があるから大丈夫、といいたいところですが…あぁ….借金が膨れ上がるばかり、どうするんだよ!!!
来週44歳だぜ!?

01) She don’t know (Melody Gardot)
02) Lony A Y Utca (Matthieu Donarier)
03) The Slighst Siver (Fred Frith)
04) HIV (Color Humano)
05) Hopscothe Horizon (Fred Frith)

Commentaires

あなたがいるからわたしがいる

お酒を飲んだわけでもタバコを吸ったわけでもないのに、脳内が煙った感じで霧の中にいるこの感覚は、まさしく疲労の限界というものだろうか。
集中レジデンスの1週間は出来上がった曲の試し録りの後アレンジを施し、ハーモニーやリズムに変化球をかけ、
構成アイデアの提案に妥協しないままミュージシャンとの対話。
そのだいたいは不可能的技術の隠蔽を発端に起こるものの、そんなものはすべて見透かしているので、ちがうやり方でこちらのアイデアを貫く。

« あなたがいるからわたしがいる »、という発想は一直線であってほしい。しかし時々その現実から逃避したくなる、そんなジレンマとの戦いでもある。

IMG_8675

直線の波などないと知る孟秋

Commentaires

まろやかに、刺々しく

暁の中に満月が沈む景に見とれています。
ナントという街でのレジデンス最中、宿舎となるアパートからは田舎でもパリでもない、小ぶりな街独特の光。

2021/9/21 満月のopenradioは、
デンマーク弦楽四重奏が奏でるベートーベン、音の伸縮。
イランの歌手、ペルシャの深み。
ミンガスビックバンドの厚みとハーモニーはジャズ。
キューバのギターはいくつもの夏の場面を。
かなしみもよろこびも、まろやかさもとげとげしさも、Full Moonがすっぽりとつつむような、Open Radio 中秋の名月、満月の、放送です。

mixcloudからご試聴になれます。

01: Full Moon (Eden Ahbez)
02: Derecho Humano (Silvio Rodriguez & Rey Guerra)
03: Aghayede Neo Kanti (Mohsen Namjoo)
04: Please Don’t Come Back from the Moon (Charles Mingus)
05: Beethoven Cavatina. String Quartet op.130 : Adagio molo espressivo (Danish String Quartet)

241520744_4431271346912071_7482156709914184755_n

どことなくどうでもいいと月眺む

Commentaires

怒りは沸点、後ろからやってくる夜の愛撫

色々なところで怒り散らしてすみません。
馬事公苑、新木場、あらゆる無意味によって自然が破壊される過程。何もできない自分に対しての怒りで19度の海が49度になりそう。
海に生きる生物たちが困るな。

怒り沸点をクールダウンにと出た20時の散歩。背中から夜がやってきて、花々の色を消していった。
南西の空へ妖艶な半月が見事に沈んだのでした。

openradio No.172 9月上弦の放送はmixcloudから。
幻のサックスJoe MacpheeとロマのギターRaymond Boniによるジャズ。
エクアドルのピアノ、飯島晃さんという奇跡のギター奏者、そしてSoul Soul Soul….etcです。

01 Chatarratero (Daniel Mancero)
02 Oleo (Joe MacPhee)
03 The Waiting Grounds (Akira Iijima)
04 More Than Ever (Moonchild)
05 Let Your Feelings Show (Earth, Wind and Fire)

241028911_568197437757487_6867591157433926853_n
見事に真っ白な柏紫陽花。

241533875_436010084500204_1187252696889990377_n(1)
沈みゐる月金星を連れ行きぬ 

Commentaires

旅は-殯-もがりということだった

2021年9月新月。
今夏の旅は意図せずしてブルターニュの海に誘い込まれてしまいました。
その理由をわからぬまま、歩き続けたというか。

今回の選曲には自信があります。
だって、あまりにもあまりにもあまりにも深きことばかりが身の上に起こった中で出会った音楽なのですから。

放送はmixcloudから、ご試聴いただけます。

IMG_8109
摘み揃へ献花の中に晩夏光

Commentaires

Authropocentric – 星と祭-

碩学たる者の美学とは究極の自我放棄だった。
嚆矢としてアルフレッド・メトローをクラストルの『国家に抗する社会』訳書あとがきで語ること。そういう謙虚さ。
そしてAuthropocentricへの懐疑。

さておき、井上靖の-星と祭り-は名著であるが、角川源義の解説がまた泣ける。
悔しいかな俳人の生き方とはこういうものであるか、と。
彼の辞世の句

後の月雨に終るや足まくら

240616764_4943056262377412_5727637313892928241_n
病床に送る月ありこと遅し

Commentaires

バタイユの色気

この4年間、”生きたい” と言葉を放った男たちの死と共にあった。
そして”死にたい”と言う私は今だ生きているという事実に吐き気を覚える。

彼らの仕事は今も輝いている。
書物として、音楽として、教育として…彼らの美意識そのものだ。

241334382_314382240465962_8468085232268365791_n

追ひかけて追ひかけられて夏終わる

Commentaires

実践のための実装

机上の空論、ではなく…
ある論理を放つ者に悪気はないにせよ、実践をともなわない実例を歴史の中で見届けた者にとって信頼できる唯一の事象とは、第一次産業であろう。

水月湖の年稿から得る地球と人類の云々に、ある種の希望をみることはできるが実際の炊き出しに並ぶ人々、あるいはそこで従事する者たちにとっての…あまりにも乖離した”生きる”という事実にかかる金の額に愕然とせざるを得ない。
それ自体を比較する時点で、わたくしの思考回路はヒートしている、という恥さらしであることも否めない。

農業という実践、アートという実践、研究という実践。

80年代から2011年頃まで、哲学・思想を謳った輩は今どんな言葉を発しているのか。
わたしは実践する者しか信じない、が、悲しいかなラディカルに実践した者たちほど、早死にする。

付け加えれば They ware never put the footprint on SNS, that whos (s) i loved…

IMG_0399

240152198_548691203027316_807423576133440908_n

Commentaires

環世界-自我に手を振る

ライアル・ワトソンが語る世界を今、環世界をキーワードで読み解くことができるだろう。
瞬間の質感、臭覚、音質はConviviarityを誘発する。

Conviviarityは夢見るものではない。

240615759_383141236603356_5097278945470691167_n

Commentaires

夜を震わすバーバラ・ハニガン

openradio No.168で選曲したバーバラ・ハニガンの作品。
澄明な眩しさの中にある吐息。そんな音楽への憧景。
まさに、音楽に選ばれし者の、声。

note上の「勝手にレビュー」でもご紹介しています。

Digital Booklet - Erik Satie_ Socrate

どこまでも響く声聞く晩夏かな

Commentaires

先祖の魂、世界の命

命の音、その音を聞かなくなった時、命は失われる。もちろん、聞くという行為をやめた者の命のことだ。

死者を迎え、送る。この繰り返しの中にわたしたちの命がある。
キューバ、アフガニスタン、ブルターニュの精霊Corriganコリガンが生きる森、川の声、Moondoogをピアノ一台で、ジャズの巨匠は土曜の朝にウインクする。

openradio No.169/2021年8月の上弦そしてお盆の放送は、mixcloudからご試聴になれます。

01) Con Aji Gua Guao (Juan Pablo Forres)
02) Nasaran (Ensemble Kaboul)
03) Riviere de Huelgoat (Bernard Benoît)
04) Elf Danse (Vanessa Wagner)
05) Saturday morning (Ahmad Jamal)

234642000_2640128796283749_2607896078796004358_n

向かふ先薄暮の夏は消へゆきて

Commentaires

世界の果てへ、世界の淵へ

もういまや中心には全く興味はなく、それでもいつも一歩先を自然に感知して歩いてきたつもりです。
次のRDVはNZあるいはマオリ語でAotearoa。シェンゲン協定に対してわたしの査証は有効なので、その後はリスボン。
それまでにやることは、 »日本における世界の表象のズレ »(=カリブ文学研究者 中村隆行さんのフレーズを引用)を内包しつつ、冷ややかに旅を進める覚悟そして語学ツールの強化。

道中楽器と共に海の藻屑になれたらそれほど幸福なことはない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その果てに世界の果てに夏沈む

Commentaires

Que Falta voce me faz 夏は恋

立秋と新月を一緒に迎える。すると何かざわめきのような、それがどこへむかうのかわからない不安を孕んだざわめきを感知します。

そういう時はできれば山の木々の中に佇みたいものですが、今は海の波音を聞くしかなく。

openradio No.168 8月新月の放送はmixcloudからご試聴になれます。
ブラジル、ブルトン、南セネガルそして、サティが涼となりますように。

01) Minha namorada (Maria Bethânia)
02) Gavotte À Deux Violons
03) La musique de Casamance
04) Gymnopedie (Ky)
05) Trois mélodies No. 1 : Les anges by E.Satie (Barbara Hannigan)

229394244_1014276045779626_2290860709180604479_n

立秋や音の残影宵始む

Commentaires

そして海、真名井、神倉そしてブルターニュ

ご先祖様が伊勢志摩の出身だからか…海の女であることは間違いなく、それでも母が育った山郷のあのひんやりした空気を纏う夏。
人生の大切な時間はブルターニュと共にあったこと、そしてこれからも続くことになる、と確信する旅のはじまり。

日本でいう真名井。
命とは水であったという事実に今や目を背けられない。
岩に滴る水、湧き上がる泉、磐座は人目を避けるように佇む。
ひっそりと、ひっそりと生きている空間を次元移動するという試みです。

IMG_0028

221187871_373346644318837_6205299624934516615_n

IMG_0003

IMG_0033

遠近と息交わしたり処暑の風

Commentaires

12345...28

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil