北半球に、迎春花

延びれば延びるほど、根本は花を失い、枝先にはたわわな黄色い花。
中国で迎春花、日本で臘梅。
日本の至るところに、可愛らしい梅がぽつぽつと咲き始めている。
パリの草木は、もう少し辛抱。
目的場所へ行くもその場所は閉まっていたり、
試験中で入れなかったり、待ち人現れぬ、だったり、
しかしその道中、梅、梅、梅が春を迎えてくれる。
そしてその芳香は、生きる喜びを与えて、くれる。
お水取りの後には春がやってくる。の言葉通り、北半球は今、春を迎える頃。

月刊「俳壇」にて1頁目に「NY/Paris 二都物語」と題した四季の俳句を、
NY在住の俳人・月野ぽぽなさん(奇数月)と手前(偶数月)で寄稿しています。

春愁や回教の友祈りをり

IMG_0033
どこのモスクでしょうか?

IMG_0014
ベルビル界隈にあるモスク前で雑貨屋を営むチュニジア人のおじさん。
故郷を想う、今日という日。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スターリングラード駅<

Comments off

ドゥルーズの陽炎を20区の中庭で見て…

離婚した妻との家族、その前妻の母親、そして今ある家族。
88歳から0歳1ヶ月までの人間3世帯が一緒に住む、
という今や貴重な共同生活は、パリであれば尚更。
脚本家のローランは、この共同体をつなぐ55歳にして
4人目の子どもは0歳の乳飲み、の親父さん。
そして年長の、彼にとっての義母はジル・ドゥルーズの奥さんである。

「まるでアフリカの村にいるみたいですね。」と私が言えば、
「その通り、パリのアフリカなの!」と。

離婚後、週に数回父親に会うために子ども達がパリを横断する労力を、
共同生活をすることにより取っ払ってしまうという合理的な生活に、
彼らは舵を漕ぎ出した。
そして老媼となった前出ドゥルーズの奥さんを見守る若い世代。
新しい奥さんとの間の4歳になるデルフィーヌは、
中庭を横切って血のつながっていないおばあちゃんの所へ遊びに行く。
あるいは異母兄弟と一緒に夕飯を食べる。
「子どもは社会に在りて」の実践。
第三者からは見えぬ当事者の、各人の日常を保つ共同への配慮。
ガラス張りの窓に囲まれた中庭を共通項に生活をする人々を、
もしここにドゥルーズ老爺が居れば、どんな眼差しで見ただろう?
そしてこの共同体に彼がおられるならば、
その暮らしの結果からどんな著書が生まれてくるのだろう?
と密かに想像してみる。

彼の著書の半分も読んでいないので、
深淵なるその考察から何かを得たとはいえぬ自分、
これを機にその世界に潜り込んでみたいものだ。
中庭を眺めながら頭をよぎるイメージとフレーズ、それは、
「アフリカは始源から続く人類の完成形」。
こちら相当長い説明必要故、いつか文章あるいは体現という形で試みたい。

「すべてが絶えることのない相互作用の中で共存するのだ。」
      »千のプラトー » から ジル・ドゥルーズ・フェリックス・ガタリ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
蕾が開きだした冬桜の枝は、庭にあるものだろうか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
空間を仕切る、本。というアイデア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アフリカの布はどんな空間にも、馴染む。

Commentaires

ごはんを作る女たち~モロッコ~

料理、をする男。
ごはん、をつくる女。
前者は、例えばマラケッシュのフナ広場や、スークの屋台で客のために。
後者は家で家族のために。
家庭でごはんを作る女たちは働き者だ。
もちろん「飯」をこしらえることは、働くということでもある。

市場で食料を買う(これ重労働)、買ってきた野菜を洗う、切る、調理する…etc
ドキュメンタリー映画 « La cusine en hertage 料理という遺産 » の中では、
今は失われつつある、Dadaというモロッコの家庭に一人はいたお手伝いさんが話す
場面があり、
「タジンを作るに潰した鶏の、睾丸が付いた手で料理したものは必ずおいしい!」
と言い切ってしまう部分に、したたかに生きる姿、
そしてうまいごはんを作る姿と愛嬌がみえる。
また、マグレブで美味しいごはんを食べたいならば、
家庭に呼ばれることだ、と断言している。

となると人と人とのやりとりが必須になる。
だれも見知らぬ人を家に招いたりはしない。

エッサウィラのベルベル人でルバーブ奏者のアブダラに、
砂漠近くにある小屋と呼べそうな家に呼ばれた際、
家の女たちはまずオリーブや木の実、そしてタジンをごちそうしてくれた。
腹も一杯になったところで演奏か、と思いきや、
「デザートはクスクスだよ」と冗談。
いや、冗談でなく本当にクスクスがでてきたのには心底驚いた。
裏の台所(といっても木を差し入れる釜があるだけだが)に行き、
豪勢なごはんを作ってくれた奥さん娘さんに会いに行くと、そこは女だけの場所。
はにかみながら、残ったクスクスを食べている姿。
彼女達はベルベル語しか話さないので、手振り身振りでお礼を伝えたものの、
誰かのためにごはんを作ることを、毎日の営みとしている姿が胸を打つ。

メディナで仲良くなったおやじさんやおばさんに
「明日の昼、家に来ませんか?」
と誘われれば人として認められた、というか、
存在を分かち合う関係ができたと云っていい。
人間の存在とは、ごはんを食べることなしには成り立たないから。

そして、ごはんを作る女たちは、ちゃんと人をみているから。

イスラムのおでんに集う家族かな

IMG_0048
女たちの居場所、である台所

IMG_0053
中庭でクスクスをつくるおかあさん

IMG_0054
家族で仲良く食べましょうね

IMG_0051
アルガンを潰す女たち。固い殻を砕くは小さい頃から得た技。
これが美容商品としてのアルガンオイルとして売られる。

IMG_0052
そして今、次世代に伝えられる、クスクスの作り方。

Commentaires

サド公爵、諷刺ってなんですか?

Jean-Jaques Lequeuのデッサン。
こんな乳首の表現、個々の深層に隠れたエロティシズムが
刺激されてしまうではないか。
時勢に臆することなく言おう、これも宗教に対する冒涜か。
こちら昨日終了したサド没後200年記念、オルセー美術館での展覧会。
終始ドキドキして、サドの描いた物語りの世界が具現化される世界を垣間みた、
という印象。
サド研究の凄腕女史アニー・ルブロンAnnie Le Brunの審美眼に
かなった強者作品ばかり。
めったに観られぬオーストリアのクービン. Alfred Kubinや
ハンス・ベルメールの登場。展覧会終盤にかけて心臓の高鳴りをTWという方法で
中継したいも当方TWはやっておらず、ほぼ最終日に行ったが故、
興味を持ちそうな友人たちにこの展覧会の情報を拡散できぬ、無念。

サドの言葉が木片に削られ各所に配置。その中にある一節。
「L’idee de Dieu est, Je l’avoue, le seul tort que je ne puisse pardonner a l’homme.
神という着想を抱くこと、それはわたくし曰く、人間の赦しがたい唯一の過ちだ」

このフレーズをキュレーターA.Le Brun女史が数あるサドの文章から選択し、
言葉を言葉以外の作品と共に配置することにより見えて来る意味。
それは、「現在」という名のもとで我々が生きる世の中への疑問、
秩序という名の倫理あるいはコード、理性的世界を易々と裏切る、
人間の本質的エロティシズムに目を向けるが故に浮かび上がる、言葉。
人によってエロティズムその焦点は当然異なるけれど…
何か予言的に、もしくは長い時の流れの中で、
だれしもが抱いていた疑問を、A.Le Brun女史がサドに代弁させているようにも
捉えることができる。
意味じくも会期中にあの事件は起こってしまったわけだが…
しかし同時に忘れてはいけない、サドの作品は永らく発禁物であり、
諸々彼自身も監獄生活続きであった、ということ。
それは、
自由という名のもと表現の自由に甘んずることなき、リスクを負っての、表現
である。

ではアリストパネスにみられる諷刺は一神教誕生以前、
だれの恨みを買っただろうか。
大革命以降社会の隘路となるライシテ、
あるいは紀元前アテナイ(一神教の誕生以前)の時代からある
「諷刺」というの手法、両者時空を埋められぬが故の問題を浮かび上がらせるに、
今回の展覧会はサドという表象を逃さなかった。

今一度、サドというある一人の人間が追求した、人間の真相を読み解くべく
思想、あるいは物語、を知る喜び、そしてその歴史的背景を知る喜びとしよう。

2週間に渡る特別号charlie hebdo「Tout est pardonne」
での編集部からのメッセージの中で注目すべき文章とは、

「追悼のためのパリノートルダムの鐘楼を鳴らす者は、
フェメン FEMEN、 Фемен の彼女たちであるべきだ。」
と、〆ている。
さて誰の気分を害すというのだろうか。
(物理的に今や鐘は機械によって作動=鐘をつくのは人間では、ない。
という自己諧謔性。
あるいはフェメンを赦し難い対象としてしている者たちへの….)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Jean-Jaques Lequeu -そう、私たちも母ですから-

03goya_cap024

大好きなゴヤの版画「気まぐれ」シリーズ、は象徴的揶揄にあふれている。

Aubrey-Beardsley-The-Toilette-of-Lampito-1

目眩がするほど魅力的なビアズリーの
「女の平和 Lysistrata」シリーズは、19世紀が誇る風刺では。
ただし、そこには宗教的象徴は描かれて、いない…

Commentaires

コートジボワールの布

60年に独立後すぐ、家族でコートジボワールに移住したという、
今は小学校の教師マリリエスの家の壁一面には、その当時現地の友人から
贈られたという、セヌフォ族による泥染コロゴ布のタペストリーが飾られている。
彼女の父上は61年からECOSOCの一環として‪アフリカ経済‬開発のための
調査・援助の仕事に従事し、「イボワールの奇跡」に貢献したという。
父上の家にはその当時の資料(もちろん紙)が山の様にあるそうだ。
いつか目にしてみたいものだ。
しかしながら、ウフェ=ボワニ大統領の死後の内戦、クーデターの時代を
フランスに戻った彼はどのような想いで観ていただろうか…

この布の柄が、見ての通り非常に胸を衝くからにして、写真として拝借。
私も彼女のように毎日眺めてみよう、と思う次第。

年明けて何を望もふ明日の日に
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Commentaires

趣味=牡蠣剥き

幼少の頃の想い出に対して、誰でも懐古的になるもので、
そこに季節感が加わればなお具体的なこととして鮮明に思いだすもので。
冬といえば、わたしにとってはやはり牡蠣。
伊勢志摩の的矢の牡蠣しか知らなかったのだけれど、こちらフランスにおいては
その種類を楽しむと共に、牡蠣を剥く楽しみを覚えたからには、
冬の趣味=牡蠣剥き、とするべきか。
ひとつの想い出に母が何十個という牡蠣を剥いていた姿に、重なるものだ。

喜びを分つ役目に牡蠣割女

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ブルターニュの牡蠣はブロン(ヒラガキ)が旨い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
昨年取材した牡蠣養殖業者さん。記事は→http://www.ovninavi.com/756sp

Commentaires

価値とはブランドロゴにあるのか

ある依頼が、あるイベントの1週間前にあり、こういう間際の依頼は仕事がら
よくあるのですが、ある難関を越えられれば引き受けることができる、と思い、
師走の賑々しさと忙しさに押されて、ある挑戦を。

それは、韓国人アーティストMunGi YANG氏の「DE LUXURY STONE」という、
石にブランドロゴを刻んだ作品を持ってフランス国立近代美術館、
通称ポンピドゥー・センターの広場をファッションショー会場に見立て、
野外で演奏するというもの。

ブランドロゴマークが刻まれた石の鞄を持って歩くモデルさんも大変だけれど、
極寒パリ野外で一人で吹くという、これが »ある »挑戦としてあるわけで。
指はかじかむ、歩きながら吹く、金属でできたサックスは寒さで音程が
おかしくなる。とまあ挑戦に見合う条件そして状況。
しかしながらパフォーマンスを見入る人、行き交う人からの反応、
なによりパリ大学で学ぶ韓国の学生やミュージシャンと知りあいになれたことの
喜びは大きなもの。
特に韓国の伝統楽器、大笒テグム奏者 InBo LEEとの出会いを、
大切にしたいものだ。

사진 4
ポンピドゥー・センター広場での演奏を終え、ストラヴィンスキー広場に移る

IMG_0053
ルイ・ヴィトン、モノグラム・ヴェルニのパロディ!!

Commentaires

全27公演、ありがとうございました!

今秋ツアーを応援いただきありがとうございました。
既に数週間経ってしまった今頃になってのお礼だなんて、師走も迫るというのに…。
今回も各地の頼もしいほどの生きる力に感激。
上越は100年を迎える世界館を守り、盛り上げる、力。
秋田の学生さんたちが持っている好奇心の眼差し、
おずおずと、しかし個と個になると発揮する、力。
福島は飯野町に覚悟を決め、先祖を守り抜く、力。
北海道の山との共生、海との交わる、力。
静岡の山寺承元寺住職の、鈴木大拙の英語講義を日本語訳にする、力。
名古屋のアートと生きる過程を同次元で展開する、力。
富士山周辺はやはりそのエネルギー自体との共存を日々のこととする、力。
まだまだまだありますが….
真の交流とは、人が動いてなんぼのもん。
ともあれこれら土地と人々が生む力、との出会いでした。

土地行けば寒ゆるみたるおふるまひ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
会津を抜けて霧の中の、これが磐梯山じゃ!

IMG_0004
秋田公立美術大学の学生たちに質問攻め、の演奏者

IMG_0015
「てさぐり」展覧会の会場を案内してくれる人は、視覚障害者の方々!
だから、鑑賞者も「てさぐり」なんだ!決して革新的ではない、これぞ必然的展覧会。

IMG_0045
井上信太(美術作家)・前田真二郎(映像作家)による未年計画 名古屋ひつじ物語
開催するヤマザキマザック美術館へ多いに一票!

IMG_1065
駿河に安国寺、今は承元寺、重松ご住職の英語での会話のひと時。

IMG_1024
女の細腕で樹を切り倒し植林する姿。ホタテ貝を大地に敷き詰め、向こうに見えるは洞爺湖。

IMG_0070
小さな窓から、世界を観る。

Commentaires

残り7日で10公演!?

ツアー中の仕事は、一に連絡、二に洗濯、三四がなくて
五にキヨーレオピン投与。とまあ常軌を逸した今回の過酷ツアー(笑)最終版、
昨日は高田上越「世界館」へお越し下さったお客さまは、
北は秋田、東は富士山、海外からはフィンランド、と全国から
多くの方々がこの古きよき映画館に集まってくださいました。
深謝。
炭坑夫の映画では、彼ら自身で得てゆく労働条件改善の過程、
そして安全性の獲得。がメインとなり撮られているのですが、
これ、まさにKyのツアーにあてはまるわけで、
24時間労働(自分)+組合員(某ギター奏者)からはストライキ直前!(笑)

人生小波大波、出会いの結晶に、感謝。
まだまだ行きまっせ〜!ツアー士気は加速中。
残りの公演、お見逃し無く。

山々を越えて日本の冬浅し

IMG_1077
先日地震のあった長野北部を目指し…

IMG_1125
しなのは中野、中山晋平をたずねて。
この時代の日本に、楽譜+絵画本という豪華版があったのですね!

IMG_1150
うれしき高田の映画館、世界館での演奏。
ロビーで待つお客さんの入りもいい感じに

Commentaires

朝8時、朝礼。今日も除染の一日@飯館村 

一人の時間は、ツアー中皆無ゆえに、こういう機会を逃すことなく、有効に。
深夜0時を越えてバスに乗り込み、乗客は方々みなどこに行くのだろう。
福島下車にて5時、駅前にはな〜んにもないものなのだ。
6時33分発、南相馬行きのバスに乗り込み、飯館村に着いたのは、
8時前頃だろうか。バスが通る道の両側に、作業員用の仮住宅から人々が出て来る。
そして拡声器を使っての、朝礼。ここはどこなのだろう。
この地を生きた、そして生きながらに感情の変化、戸惑い、みらいはどこに。
錯綜する現状に比べて、人々の想いは、いつも置いてきぼりだ。

飯館村の、それは美しく、深い秋。
IMG_0835

朝8時19分南相馬 原町到着。朝っぱらからフライヤーを山ほど持って、
商店街やら図書館に配る。すると後ろから声をかけてくれたのは、
朝日座をたのしむ会の方。
来週からは渋谷はユーロスペースにて「朝日座~人間は、どこへ行く~」の
一週間連続レイトショーが始まるのだ。
そして迫る帰りのバスの時間をみながら、この地の人々と、お話する充実な時間。

IMG_0808
酩醸館では写真展が

IMG_0832
どこへ、行くのだろう….

Commentaires

ツアーエスケープ@久国寺

池袋のぺーぱーむーんにて疲れを癒し、バスにて早朝に名古屋へ着く。
かれこれ2日間はもう布団で寝ていやしない。
朝6時前ではカフェだって営業していないし、
駅をぶらつくも疲れきっており、そこで機転をフル回転。
「そうだ、太郎さんに会いに行こう!」
ということで、名古屋生まれなのに実はいった事のない、北区へ。
志賀本通り駅を下車。感を頼りに、あっという間に「久国寺」へ到着。
岡本太郎が創った「梵鐘」に会いに。
青山の記念館庭では他入場者を気にせず叩くことができたのですが、
かえって一人ぽっちのこの境内では、鳴らすどころか、
その存在を前に立ち尽くしてしまった。
故障したアンプ修理を取りに、帰りは名鉄瀬戸線に乗るわけなのですが。
なんと辿り着いた場所は、そう、学生時代に使った、「尼ケ坂」駅。
こんな偶然のいたずらも、岡本太郎の成せる技だろうか…。

久国寺住職の依頼による、岡本太郎作「歓喜の鐘」
IMG_0854

尼ケ坂。江戸時代には辻切りが多かった坂だそうだ。
IMG_0864

Commentaires

ツアー二日目@軽井沢文化磁場

地方に行くと、驚くべく文化磁場に出会うものだ。
「油屋」さんと言えば、中山道信濃追分に在位する旅館で、
時代を越えて旅人を迎えてきた。
その場所は、今や「油や」文化磁場となり、もちろんそれは必然的であり、
しかし冬期はお休みするとのことで、11月3日は冬眠パーティー。
そこでKyも演奏で参加、という案配。
この場所が、いい。
回路には小さなギャラリーから本屋さん、猫ばかりを扱った「猫町カフェ」、
東京柳橋にある芸者歌手、市丸姐さんの日本家屋住居を
そっくりそのままギャラリーにしたlucite gallery。
そして二階はもちろん宿泊できる。
様々な作家たちが在宿し、旨い蕎麦を食べ、軽井沢の木々の中で
いくもの作品を編み出したことだろう。

IMG_0785

IMG_0782
すぐ隣には堀辰雄の記念館

Commentaires

ツアー前はいつも、徹夜録音+料理教室

ああ、成田空港に幾度お世話になっていることやら。
着陸する飛行機の中でいつも、ここで闘われた、ある現実を想像し、
そしてその結果にある滑走路を使う者としていつも、胸が傷み、しかし使い続けるという矛盾。
毎度おなじみ出発前はパリで徹夜録音をし、
(なぜかいつも映画関係の仕事はツアーが始まる直前に依頼が来るのだ)
音源をパソコンに詰め込んで、編集はツアーの合間に。

前々日の個人宅での料理教室はプロも主婦も食への興味溢れる4人と仲良く家庭料理を。
茶碗蒸しはやはり出汁が命。南蛮漬けはどこでも好評。
あとはお寿司などなどウケもいいものを。

さてさて、2014年のツアーがいよいよ始まり、
紅葉たけなわの河口湖の初日、それは色々な所から皆聴きに駆けつけてくれる。
感謝。

陽ののぼる国に辿りて秋を知る

IMG_0757
録音終了は朝5時終了。これから荷造り…

FullSizeRender
木屋の包丁はよく切れるのです。

IMG_0768
白夜の国から緯度低き陽を追い求めて搭乗

IMG_0772
東京は、光に溢れきっているね

Commentaires

子どもだってにんげんだもの~アシュラ祭~

« こども »も »おとな »と同じ音空間を共有できるのですよね。

イスラム暦の新年から数えて10日目の来週モロッコではアシュラ祭が始まります。
アシャラとはアラブ数字の10という意味。
アシャラの日の喜捨は、富を得た者は昨年の年間利益10% (地方によりますが)
を恵まれない人々に与える日でもあり、
だから道端、または商店などで施しが行なわれる。
毎年イスラム暦によって日が変わるけれど、収穫の時期である今年は
農作物で喜捨がおこなわれもする。
国家一員としての義務ではなく、自己に課すこの姿勢。
そこに宗教性をみるかどうかは別にしたとしても、やはり
イスラム教のこの喜捨の精神の清々しさ、
これこそ人類の共同体としての姿ではなかろうか。

さて、エッサウィラではこの日は子どもたちのタリージャデビューの日でもある。
タリージャとは素焼きの筒に子山羊の皮を張り、同時に糸も張る。
そうする事により »ビリビリ »というさわりの音が鳴り響く仕組み。
道端で子どもたちがこの打楽器を叩く姿に、音世界とその民族の伝授による
深淵な世界を見ることができます。

さて、昨日のアラブ世界研究所9階 (実はここ、パリの景観を観る穴場スポットです)
での演奏は、主に子ども教育を対象とした昼の公演。
スーフィー教団の音楽とは、また楽器の紹介などなど。
赤ちゃんもいれば幼稚園生、小学校、中学校。みな親御さんに連れられて興味津々。
でもこの公演の主題に対し ”子どもむけではない” などと誰が決められましょう。
子ども向けに”ディズニー”やら”流行の曲 » ???
ちゃんちゃらおかしいですね。
ということで、今日もまた、なんら差別無く皆が、音世界に浸ったのでした。

IMG_0605
慣れないフランス語で一生懸命スーフィー神秘主義のことを話す、
タリージャ奏者、ハッサンと一生懸命耳を傾ける子等たち

CIMG0210
もちろん伝統的な曲では演者そして観客が共に踊ります

子等もまた音の飛礫に秋の声

Commentaires

76年炭坑夫と黒い袋のこと

Image de prévisualisation YouTube
2014年秋のツアー告知videoがyou tubeにてアップされました。
やはり映像の伝える情報量に感謝。
そして »想い »は映像を通して伝わるのか、という試み、でもあります。

どうしても、76年のフランス北部の炭坑夫の労働する姿と、
日本で黒い袋(ポリ袋ではないことを願う)へ土や枯葉などを入れている
作業員の姿とが、重なってしまうのでした…

共存す刈田と除染どこへゆく

Commentaires

モロッコのユダヤ人

15/8 拍子のリズムがタリージャ、ヘレーズによって刻まれる瞬間、
拍子の頭を探し、メロディーの頭を探し、という感覚はなくなるようです。
ただただリズムに心身共委ねて、感覚の中に何かが目覚めたとき、
自然と舞台前方で叩くリズム隊と目が合い、何百年続く »治癒の音楽”と
呼ばれる神秘主義スーフィー教団Hamdchaに伝わるそのメロディーが自然と楽器を
通してでてくるのでした。そして歌い手サラの声が、メロディーに、重なる。
とまあやはりその音を聴かねば伝わらぬこと多々ですが…

またもや舞台の上では、やはり音の神さんが降りる瞬間多々で、
なんど涙が頬をつつったことか。お恥ずかしい。
例えば、 »Bibi Louya »という曲はリーダーであるYoramによるアレジン。
モロッコ組は激しさを抑えたリズムを淡々と叩く。
この曲が始まった瞬間、突然涙が目に溢れた。
本番である今日の今日までYoramはこの曲の由来を楽士達には話さず、
しかし、この曲はユダヤに伝わるメロディーなのだという。

観客に向けこの曲のことを説明した後、私は彼の心の奥にあるユダヤ人である
という »何か »神聖たる想いを見た気がする。
そう、彼はモロッコ人でありユダヤ人であり、イタリア人であり、そして今、
フランス人なのだ。だからこそ »ルーツ »を求める彼の想いは
音楽に投影されているのだ。

信心深いモロッコ人スーフィー教団の楽士を目の前にし、
また彼らと共に限りなくイスラムに基づく伝統的な音楽、
そして実験的な音楽を追求している彼の、この時自身の出自を音楽に託す彼の姿勢が
一気に理解できた。

今日はいよいよアラブ世界研究所での演奏、ヤンラ!!

IMG_0537
演奏前の楽士(Hamdchaの衣装ではなく、みな各々の伝統的モロッコの服で)

IMG_0511
Herrezヘレーズの皮は山羊、
太陽がでていないため人工光で皮を乾かし張りのある音に

Commentaires

お父さん、「生きる」ってなあに?

どういうことだろうね。
生きるということは。
ひとりでは、できないこと、だろうね。

生きるという営み_5(1)

Ky2014年のツアー、11月から始まります。

Commentaires

だってやっぱり岡本太郎

日本に滞在する度に、できるだけ寄る所があるのです。
それは川崎にある、岡本太郎美術館。
「母の塔」の下で、何度と音の精をみたことでしょうか。
なんていうと、ちょっと妙な発言かな。
セコイア杉の間を抜けて、ひとり頭上を仰げば、
この地が枡形山であったと気づき、この地多摩丘陵、の上で
太古の昔から人々が息づいていたのだなあ、とひとりつぶやく次第。

企画展である、「岡本太郎とアール・ブリュット-生の芸術の地平へ」
で得た感覚は、純粋性そのものに触れたような、
肯定的なまあるいボールを抱きかかえる様な、気分になったわけで。
おもわず館内カフェで、メロンソーダを飲み、覚えたての感覚を反復し味わう。

そして、1999年に刊行された岡本太郎による「美しく怒れ」の、
ユーモアにして痛快な、ワクワクするような文章に、
少し力をもらっている今日この頃、です。

IMG_0017
10月5日までだそうです。

IMG_0020
こんにちは

IMG_0024
行く夏の木立に径を見つけをり

Commentaires

1954年生まれ! ブルゴーニュに集合

54年生まれのお祝いの演奏は、
60歳を迎え、なお仕事に励むフランスの友人たちへ。
私の主治医はじめ、映画編集者、インテリアデザイナーに歴史の先生、
主婦もいれば未亡人も。すべて女性であるのも、面白く心強い。
なかでも歴史の先生フロランスの旦那様はブルンジの方。
お子さんが生まれてから母国に帰ろうとしていた時、
ツチ族により大統領が暗殺を機にブルンジ内戦が起り、
フランスに留まらざるを得なかったと。
ネストールさんの、東アフリカ特有のチャコール色の美しい肌、
華奢なからだからはどことなく愁いを感じる。
母国を想い、抗うにも何に対して抗うのか….

楽器を車に積んで、ヨハネの黙示録のタペストリーで有名なAngersから
東へフランスを横断。
白ワインがうまいVezelay辺りからブルゴーニュに入る、
すると景色は連なる葡萄畑の丘。
小さな教会がある村から村へ、途中ロワール河の岸で休み、
すれ違う車もない道を走る。
遠くに見える断崖はブルゴーニュ産の良質な石切り場だ。

普段はパリに住む彼女たちの田舎の家々は、農家を改造した、
工夫にあふれるインテリアに。そして村の人々との共同体という意識を
しっかりと持ち、野菜は庭で、肉製品は週に一回村に来るトラックで、
チーズやワインは隣村の酪農、ワイン製造業者から。
庭のりんごはもう赤くなりはじめ、ミラベルはちょうど食べごろ、
ラズベリーやプラムとジャム作りに精が出る。
おおよそ50名ほど集まり、ラベルのないシャンパーニュは
友人の友人がつてで入手した、都会では味わえない、味。
ヴァイオリン、ギター、サックス、ベンガルの歌手による即興演奏は、
朝4時まで続く。
翌日は村に住む人々の家に招かれ、一杯、自慢の畑で二杯、庭で休憩三杯…
うまいワインと食事でたっぽたぽになった腹と楽器を抱えて乗った列車。
帰りの車窓から見える、ブルゴーニュの刈られた麦畑は秋の予感。

麦跡を車窓に追ひし秋の色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
宴の後、静寂午前5時

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
パーティの翌朝でも庭には洗濯物が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1954年生まれ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
50人分のクスクスを作った台所

Commentaires

シャガールの磔刑、バタイユのランス

シャガールが磔刑になるのではなく、
またバタイユがランス市長になるわけでもなく…
チュニジア人女性とフランス人男性による結婚式の演奏、
という仕事で訪れたここはパリから1時間半、
シャンパーニュ地方ランス。
花嫁方の女性達のユーユー(ファルセットと舌を駆使した女性の歓喜の表現方法)
が式を盛り上げ、太鼓類に合わせて踊る、晴、祝いの日。
両方家族の宗教を越えた、人と人の繋がりを感じる次第。

この街へ来たからには、ランス大聖堂に行かないわけにはいかない。
という事で演奏を終えた翌日、私が出会ったのは、シャガールと、バタイユ。

1914年にドイツ軍の占領下に、街も大聖堂もことごとく破壊され、
負傷者をベットがないゆえに、屋根のない大聖堂で藁を敷いて看護したという。
この街がドイツ軍に占領され、壊廃した、そのなげき、あるいは若い同胞、同志達
へ宛てた信仰を表する随筆、ジョルジュ・バタイユによる「ランスの大聖堂」。
実際の場所に来ると、書物の言葉ひとつひとつが手に取るようにわかる。
13世紀以前、大聖堂が大聖堂になる前から、同じ場所にはチャペル、教会、
という段階を追って建物が建てられていたという。今でも地下にその跡形が残って
いるそうだ。
であるからには、この場所が選ばれた地である聖性はどこからくるのだろう?

いずれにしても、戦争という破壊によって1974年に生み出された、
シャガールによる教会の新たなる光は、会堂奥で誰それを待ち、
62年に亡くなったバタイユは、いつかその光にやはり脱自としての
恍惚をみいだしただろうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
花嫁方のチュニジア人女性たち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シャガールによるステンドグラス
得意とする象徴的な青の中に磔刑のキリストの姿

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちくま学芸文庫に使われた、破壊されたランス大聖堂の写真

Commentaires

1...910111213...17

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil