Archive pour 音楽 musique

エジプト カイロから 其の壱 三位一体 !?

遅ればせながらの報告として。
6月、日本から帰国、すぐにエジプトへ発ち、現地エジプトのヒップホップ、
ラッパー、そしてコートジボワール、レバノン、ベラルーシのミュージシャンに
+Kyという出で立ちでリハ開始。
レバノン同様、不定期だけれど定期的に停電。
12曲のレパートリーをさらい、立ち位置はベースの隣、ということで譜面台を
アンプのかげに隠れるように配置、で音符をカンニング!
ベラルーシ人の驚異的ビートボックスがグルーヴする中で、リフを譜面
みながら演奏なんて格好悪くてできない!なんていきがっていたけれども、
全曲のリフ、覚えられませんでした…。

さて、停電中はスタジオの外にあるジュース屋さんにて、西瓜の生絞り、
はたまたマンゴー、あるいはサトウキビの生絞りを各々道端で飲み、あぁ生き返る。

カイロ到着その日に地下鉄数カ所にて爆破テロ。緊張が街中にはしるも、
道端でターメイヤ(空豆の揚げ物)を売る露店、相乗りバス、市井の人は
日常のリズムのまま、過ごしてる。こちらは一応、移動はタクシーのみにし、
街にある看板に目をやれば、そう、ラマダン断食月が始まろうとしている。

母国を離れ、今は福島に住む知人エジプト人と日本人の夫婦が、
「断食月はエジプトで過ごしす方が、好きだな」といった想いには、
共通の価値観の中で、言わずもがな意思伝達の可能な同胞、ウンマの中で、
過ごす郷愁、または懐郷を感じさせる。
この意思の疎通=伝達を、「コミュニケーション」と人は呼ぶのだけれど、
コミュニケーションの語意をラテン語から辿ると、
「communis=共有の」そして「communio=誰かと通じる」、となる。

ここで突如「三位一体」を取り上げるのはおかしな発想だけれど、
ラテン語の発祥時期とキリスト教の時代を照らし合わせながら、
後者の用語である「聖体拝領、または聖餐式」を紐解くと、「communion 」
という語彙が登場する。
ここでいう聖体はイエス・キリストなのだけれど、「communion 」の語意は
やはり「共有の、交流、親交」となる。
さて、では誰とcommunionが行なわれるのか、となると上記場合は父・子・聖霊
=三位一体と当人。

只今ラマダンのまっただ中、をする人々にとっての、その位格とは、
Allāhアッラーなんだ。そしてもちろん、ウンマummaとは=共同体。

片陰に乞う金曜日モスクかな

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
現在のタハリール広場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
街のジュース屋さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リハの最中、一息

Commentaires

感謝、そして続く音の旅

ブルターニュ~タジギスタン~日本のツアー、まだまだ続くけれど、
一つの山を越えました。
それは高野山。
ご縁を辿り手繰り、蓮に見立てたその空中の世界は、空海が開創した、高野山。
予定通り、限定160席は、本当に160名+スタッフの方々に聴いていただくことができました。
この一連のツアーに尽力頂いた皆様、本当にありがとうございました。
一人一人のお顔、表情、電話でのやり取りなど、私が普段日本に居ないが為に気苦労おかけした部分、お詫びすると同時に、
共同作業の先に、音の結晶(高野に響く鳥の囀、草花の風にななびく音、空気の気)
を皆で聴く事のできた喜びは、一入です。
公演に2回も足を運んで下さったり、10時間かけて高野山までお越し下さったり、
目に見えない部分でのサポート等、
本当に、ありがとうございました。

誰がために響かせ山に薄暑の音

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
楽器を持って横浜から名古屋へ移動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
横浜は老舗ジャズクラブ「Dolphy」にて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ステファンを無事関空へと送り届けます。同時にパーカッションのトマをピックアップ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
金剛峯寺 奥殿にて開場30分前、余念なくサウンドチェック!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
和歌山港から徳島港へフェリーで移動。巨石の棲む淡路島へ上陸です。

Commentaires

タジギスタンから、こんにちは その1

「では水は誰が創ったのですか?」

ひとつの文化の底辺に、深く重く、そして存在の根源として在る宗教の力を、
ここタジギスタンで、思い知らされたわけです。
様々な国で演奏していると、西洋中東どこ問わず、
常に挨拶のあとの会話ででてくる宗教の話は、往々に私の仏教的思考を
否応でもリフレクションさせてくれるわけで。
しかしこの問題に縛られていてはせっかくの演奏旅行の大半が、
少しネガティフなものになってしまうので、土地のおいしいものを多いに食べ、
土地のミュージシャンと多いに語り、ここは1990年にソビエトから主権宣言した
タジギスタン、イスラムの風習は多いにあるけれど、
今日も多いにウォッカで乾杯しましょう。

アネットがたくさん入ったサラダは、アロングと相性よく、
スープもソビエト下の名残か、ボルシチが多く、
しかしスープは透明、ベトナムのPhoを彷彿させる。
肝や羊のブロシェットはトルコのそれ、違いがあるとすれば、
イスラム圏の串焼き屋さんでお酒が飲める機会は稀、
しかしここはお昼から淑女でもビールを片手に、ほくほく頬張るものだ。

ちゃんと仕事もせねば。
国立タジギスタン音楽院でのマスタークラスは、「ジャズとは何か」
をお題にした会議、
そしてタジギスタンの生徒とのディスカッション
「エスノジャズ(民族的ジャズ)とは」。
タジギスタンの伝統曲をアレンジし、生徒共に演奏。
ちょっとイタズラっぽくライヒ風のイントロデゥクションを提案。
ピアノ、ウード、クラリネットのミニマルな構成に続いてドタールのソロ、
テーマ、という流れ、どうだろう。

それにしても、ウズベキスタンの若手ジャズマンの力量、そして
キリギスタン、タジキスタンのジャズに対する興味の深さ、
これから楽しみな世界に出会った。
さて、実は今日がエスノジャズフェスティバル最終日、
我らの本番です。フランス代表としてがんばらねばね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
15日に開会したEthno Jazz Festival。
司会はロシアのジャズ批評家Mr.Gregory Durnova

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
国立音楽院でのマスタークラスを終え、演奏準備。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タジギスタンのパーカッション、想像を越える…音の連なりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タジギスタン風ボルシチ。

Commentaires

同期 synchronisme

風は息 虚空(こくう)は心 日は眼(まなこ) 海山かけて我が身なりけり

ブルターニュのMoul Stockというフェスティバルに出演した
ミュージシャンが奏でる音や、声は、
世界の小さな村々でシンクロナイズしていたように感じました。
まるでアザーンが空に響き渡る様に。

それは、お金やメディアを通じてのグローバルではなく、
ローカルにある、音楽の在る時間の共有です。

http://moulstock.com/

ライアル・ワトソンLyall Watsonの »エレファントム »の象の足音の様に、
蛍やコオロギの集(すだ)く声に聞ける様に、
自然と呼ばれる現象には、地球上での同期を感じることができる。
むしろ、宇宙にある、地球で。
だから今日もどこかで、同じように風が吹いている。

冒頭は大慧宗杲の歌。著者 玄侑宗久氏『禅語遊心』から、の抜粋でした。
本日この御本を頂戴した次第にて、早速問答をしてみたり。

薫風や祈りのかぎり吹きにけり

だれかが奏でる音も、どこかでだれかとだれかが、
だれかと虫の音(ね)や風の音と、同期しているのかな。

5月31日に奏でる高野山の音も、そこに在る自然と戯れながら、
どこかのだれかに、届きます様に!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バングラディッシュから、ブルターニュの小さな村にBaulが来てくれた、
ありがとう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大西洋のスズキはゲランドの塩と卵白を混ぜたCroute de Selにして焼く、
うまさ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホタテ、牡蠣の季節は終わり、今ブルターニュは蟹がおいしい。

10322784_472578606209071_1586406810399683780_n
今年9年目をむかえるブルターニュはBilliersという村のフェスティバル。
村民の庭を開放して音楽を奏でる。
演奏家の目の前に座っていた子供たちも、今やフェスを手伝う高校生になりました。

Commentaires

花冷え=En avril, ne te découvre pas d’un fil

ステファン・ツァピス(piano)とのツアー出発間近にて、
リハーサルの日々が続くわけですが、
気分の高揚はパリの花冷えと比例して、
麗らかだったり、春雨だったり…
現実めいた失望と、希望ある幻想は
暑かったり、寒かったり、と決して安定せず。

ところで「花冷え」をフランス語で言えば
「 En avril, ne te découvre pas d’un fil 」
「四月は一枚も脱がぬ様に(直訳だと=糸さえも脱がぬ様に」
そして、五月になると、この諺はこう帰結します。
「 En mai, fais ce qu’il te plaît」
「五月は、あなたのお好きな様に」

この諺の内容は、季語でいう「花冷え」と同じで、
花(俳句で花=桜)盛る頃気分は高揚、
しかし一時的な冷え込む時期であるからして、
気をつけましょう、またはその現象を感慨として表現している。

一方で季節に咲く花を中心におく生命の行方、
一方で糸はあくまでの人間が紡いだ、人間の着るもの、
この二つの言葉、あるいは諺は、限りなく同義なのに、主人公は、違うのですね。

花冷えの午後人肌を探しをり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ステファンのスタジオにて、アルメニアの曲の練習中。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ミュージシャンにちゃんとご飯を食べさせるのも、わたしの一つの仕事。
ひよこ豆のスープは滋養に、チャワマの中身は野菜がたくさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日も飛行機雲

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なすはあまり栄養がないけれど、Tahinaゴマソースとフロマージュブロンで、味わい深く。

Commentaires

UK~ナイジェリア-ibibio sound machine-

1979年から続くブルターニュ最大のフェスRencontres Trans Musicalesでの
仕事を一旦休止し、ロンドンへと渡ったベース奏者Kevinは、
ひとつにミュージシャンの顔と、
ひとつにオーガナイザーとしての一面をバランスよく活躍している。
彼とは2013年にKy+でロンドン録音、ただ今ミキシングの最中。
そして彼が目下サポートするibibio sound machineは、
ロンドン生まれのナイジェリア人女性歌手Eno Williamsがフロントに立つ。
コンゴ(旧ザイール)は70年代のABETI MASIKINIを彷彿させる彼女。
RadioNova好み、のサウンド、よってこの日Bataclanでのソワレも
Les Nuits Zébrées de Radio Novaでのイベント。
因にibibio=イビビオ語=ナイジェリア南部で使われる言語。

それにしても、ロンドンからパリまでメンバー8人を乗せてマイクロバスを運転し、
そのまま南仏のフェスへと運転+マネージメントするKevinの姿は、
現代を生きる、音楽に関わる者の姿として映る。
英語圏のミュージシャンのサウンドチェックをPAにフランス語で指示し、
どの国でも、持っているノウハウと経験を武器に、たくましく渡り歩く。
楽器の運搬だってへっちゃらだ。
ホテル、もしくは知り合い宅での孤独な寝泊まりだって、
翌日のステージのためならえんやこら。

ステージという表舞台を支える同志、深く尊敬する。

Image de prévisualisation YouTube

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Commentaires

労働者と近代建築の間で

中庭を隔てた大家さんの家の壁が倒壊してかれこれ1年。
隣接する土地に巨大なマンションを建てる=地下駐車場をつくる、
ということで始まった先方の穴堀作戦は、
案の定地盤の緩いこの土地の怒りを買ってしまった。
もろもろの訴訟は権力を我が者に、の大手プロモーターが主導権を握り、
悲しくも我ら大家さんとわたしは、この工事を阻止できねまま、時は過ぎる。

目下この工事現場で労働に従事する男たちの歌が、15時頃になると聴こえてくる。
エンヤ~こ~ら~、の世界。
これこそが、人類の在りし姿、と思う。
工事現場の音は騒音は騒音、
でもその背後に働く男たちの美しい姿が、ある。


お兄さんたちの歌、内緒でフィールド録音しちゃった!

IMG_0018

朝露に 濡れた工事 現場かな

Commentaires

「国は国民を守ってくれない。」…連帯は

なぜなら「自己責任」という言葉の操作で、
マジョリティーはマイノリティーを糾弾する術を知っているから。
「知る義務」を全ての者に課すべき国は、それを「知る権利」と
置き換えることで、知りたい人はがんばって「知る権利」を獲得して下さい、
とほんの少しの権利を与える。
この逆説的操作を使い、「義務」をさせてもらえないのが
古今かわらぬ私たちの状況。
だから「知ろう」とし、一線に出向く者の獲得した「知」は時に
マイノリティーの前で提示され、決して当事者の過ちではないけれど、
「過誤」と呼ばれる国にとって不利な面(例えば人質、例えば邦人拉致)
が提示されれば「自己責任」という方法で
「権利を獲得するために”自分勝手”に行動した者の責任を、国がとる」
と声を大にして、実は国がマスコミを煽る、連鎖反応。

JVJA日本ヴィジュアル・ジャーナリスト協会の豊田直巳氏が訴える、
「それでも私たちが「閉ざされた声」を日本に届ける使命をもっているのは、
戦火と暴力のもとにあって、しかしなお、遠く海を隔てた日本に暮らす彼らの
共感と共鳴を期待するから。」それは、「連帯」だ。

今の日本の状態を、世界に知ってもらいたい、と思わないだろうか。
大戦中の悲惨さを、どこかの国の人にも知ってもらいたい、
広島の原爆を、より多くの世界の人に知ってもらいたい、
二度と起こってほしくないから。

知りたくもない、興味ない、という人も当然いるでしょう。
しかし、以下松村洋さんの云う様に、実は、権利でも何でもなく、
知ることは、この世の中に生きる上での「義務」だということです。

ミュージックマガジン2月号のPoints of viewからコラムを二つ。
ひとつは松村洋さんによる
「ライブ会場で収支会計報告書を配る音楽の”フェアトレード”の試み」となる
タイトルにて自己宣伝になってしまうかな、
ごめんなさい、そしてありがとうございます。
そして左頁には福井優美さんによる
「ファルージャ〜イラク戦争 人質事件 そして…」
(伊藤めぐみさんの映画タイトル)に関する記事。
ミュージックマガジンがこういう社会面の強い記事を掲載している、
とは知りませんでした。
音楽は、やはり社会との繋がりを濃く持つものなのだ。

ということで、是非2月号ミュージックマガジンをご購入ください!

Commentaires

陰陽師 -蒼猴ノ巻-

人の出会いの独楽が一つ回って小田原で、二つ回って独楽はフランスへ、
そして回り廻って高野山へ。
作家・夢枕獏さんのロングセラーシリーズ陰陽師の2014年は、-蒼猴ノ巻- 。
書評のレベルにはほど遠く、出会いの感想文のようなものですが、
「音」と「読み物」の愛らしい関係を書いてみました。

そして今年、巡りの先にあるものは、開創1200年を2015年に迎える高野山にて、
朗読コンサート。
皆様の来山を心よりお待ち申し上げております。

文藝春秋のサイトから読むことができます↓
http://hon.bunshun.jp/articles/-/2181

baku MCJP
2010年パリ日本文化会館にて「陰陽師を通してみる日本」講演会にて

高野山フライヤー_07finOL表
2014年5月30日17時 高野山金剛峯寺にて

Commentaires

パスティス工場Anis Gras+スーフィー !?

フランスへ戻り早速のプロジェクトは、
かれこれ3年目を迎える、ベースのYoram率いる
Anti rubber brain factoryとモロッコのスーフィー教団楽士
ハマッチャHamadchaとの演奏をパリはアラブ世界研究所に控え、
レジデンスの日々。

http://www.arbf.fr/

レジデンス会場となる場所は、エリック・サティの住んでいたアルクイユ市にある
アートセンター。ここは以前Anis Gras社のパスティス蒸留酒工場であった。
建物の素晴らしさはもちろん、実験的なアートとしての試みを市は
今回のプロジェクトをサポートしてくれる。
そしてサティの時代からは変わらぬ社会党、現在はヨロッパ・エコロジー、緑の党。
コレクティブな精神をもつ住人が、土曜日には農家からの直販の野菜を買いにくる
姿も、微笑ましい。

ところで、日本ではパスティスというと、「ペルノ Perno」になるが、
フランスでの需要はもっぱら「Ricard」「Pastis 51」という銘柄。
といっても、この三種、実はPerno Ricardという会社内での銘柄なので、
出所は同じ様な気もしますが、甘みの度合いが、違うかな、白濁度合いも。
上記Anis Gras社のパスティスのものは、とてもクリアな色、さっぱりしています。
一昨年、断食月まっただ中で行なったモロッコでのレジデンスの際、オルリー空港で
パスティス2本を買い、フランス人たちとリハーサル終了後宿舎にて呑む、
という荒技をやってのけた、不謹慎極まりない自分を、思い出す…。

無事アラブ世界研究所での演奏は終わり、フィナーレとなるAnis Grasでの
演奏では、それはもう観客共々トランスに入り、2時間半の公演は終了。
しかも演奏終了後、朝5時まで、控え室兼食堂にて、
パーカッションのセッション。
叩けば叩くほど、ポリリズムの境地へ昇りゆくのでした。

イスラムの 音の昇りて 月冴ゆる

IMG_0298

IMG_0281

IMG_0331

IMG_0287

Commentaires

何はともあれ、収支会計の公開

11月13日に無事成田空港をKaba-koのメンバーが飛び立ってから、
わたしは今、パリに。
復路飛行機の中では領収書の束の数字を確認入力しながら、
何はともあれ収支会計に躍起になって作成中。
エクセル使用能力もない自分が友人等に教えてもらいながら、
なんとか数字が見えてきました。
すると、16,514円の赤字!!!
すごくないですか?
本来は30万円以上の赤字予定でしたが、最後の最後に寄付という形で
個人の方々が助けて助けて下さいました。
また、心付けという形で直接楽士達におひねりをくださった方々へ、
ありがとうございます。
こちらから確認できます→http://openmusic.kyweb.fr/openmusic/Moussa_Hema_%26_Kaba-ko_ri_ben_gong_yan2013.html
何はともあれ、収支会計の公開 dans 時勢 circonstance kaba-ko11111-106x150
「クラウドファンディング」というやり方もあったのでは、
というご指摘もあります、
が、目に見えないお金より、楽士が目の前で演奏しているその姿に、
直接等価としてのお金を下さる、
そういうアナロジックなやり方に、私は魅かれます。

バナナの差し入れ、おせんべ、飲料水、お菓子、朝食のパンなどなど、
差し入れを下さった方々、本当にありがとうございます。

ツアー珍道中の様子など、写真などを使って、
少しずつブログに載せていこうとおもいます。
この行為は、帳簿関係、事後報告書関係など、
これからデスクワークをする私にとって、励ましの力となるでしょう。
そして、「音楽のフェアトレード」を今後展開していくためには、
私自身一層の「学び」が必要となります。
先達の残してくれた、様々な難解な本を読み解く能力は限りなく乏しいため、
時間をかけて…
いずれにせよ、「音楽のフェアトレード」とは、
一人一人の個人の意識と判断、そして行動によってしか、成り立たない、
ということです。

img_0276-150x112 dans 音楽 musique
公演直前、チューニングが狂ったバラフォンの木を削ります!!

img_0314-150x112
寒い中、 御殿場 時之栖さんでの演奏、がんばったね!

img_0015-150x112
食事提供という形でサポートしてくださった、
ゼンショーホールディングの小川賢太郎氏へ表敬訪問。
ゼンショーフェアトレードとしての活動はこちら→http://www.zensho.co.jp/jp/responsibility/ft/products.html
img_0035-150x112
リーダーのMoussaは学校での授業があるため一足先に帰国。
愛するKaba-koのメンバー、
ありがとう。

Commentaires

音楽のフェアトレード その一 J-WAVE

民族学博物館での公演では、Kaba-ko来日初、必殺アフリカ式おひねり、
そして踊る女子を前にジャンベの音は高揚します。
佐渡 春日鬼組との競演は、その名の通りブルキファ組のリズムと佐渡組の舞が
競演となり、バンフォラ村の神さんと佐渡の神さんが、
会場にいる450人のわたしたちを温かく包んでくれたようです。

舞台袖ではグリオのカラモコがバンフォラ村の神さまにお祈りし、
みな手をつないで円になり、気合いを入れ、いざ舞台へ!

心付けを佐渡では「お花」、
ブルキナファソでは「楽士のしたたる汗にお札を貼るおひねり」。
自分の演奏に対して等価のものを直接目の前にいる人からもらう。
子供のころから、彼らはこうして時に生きる糧として、
時に相手とのコミュニケーションとして、
プリミティブな人間の存在方法を習得してきました。

わたしたち聴く者が彼ら演者に直接、その演奏に対しての価値と、
感謝の意を”直接”表すことができるこのようなシステム、
放っておく手はありません。
この機会に是非、お札おでこにペタペタ貼る、経験してみませんか?

今回掲げるスローガン「音楽のフェアトレード」とは、ひとつに収支会計の透明性も
さることながら、(こちらまだ更新されていません、ゴメンナサイ)
個人が、演者へ直接関わることのできる実践としての可能性を提示します。

あながいる、そしてわたしがいる、ありがとう。

音楽のフェアトレード その一 J-WAVE dans 時勢 circonstance ncm_0504-150x112

ncm_05251-e1383520670796-112x150 dans 音楽 musique

ncm_05222-e1383520752764-112x150

11月4日から8日までの5日間、J-WAVEのロハストークにて、
「音楽のフェアトレード」に関して
お話します!http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

Commentaires

彼らが日本に居る、という事

その日は当然眠れぬまま空港へ、
PCでの主な仕事場所は、ここ最近東京駅と成田空港。
WIFIを利用して、集中度は高く、移動場所へ赴く前にひと仕事。
TR050は無事11h35に成田へ到着。が、案の定12h30を過ぎてもKaba-koのメンバーは出てきません。
トルコ航空出発カウンターへ行き、しかしすでに誰もいなく、コードシェアのANAに聞いても個人情報のため
搭乗したか否か、確認できず。
思い立ってイスタンブールの免税ショップ袋を持った英国人男性に
「あの、黒人8人くらい、同じ飛行機ではありませんでしたか?」
「は?ああ、いましたよ、団体ですよね。」

やった〜〜〜〜!ともかく飛行機に乗れたのだ、そして後は通関残るのみ。
案の定その数分後に毎度おなじみ通関事務所から携帯へ連絡が、
杓子定規の質問、こちらだって門切り型な返答で返します。
ようやく13h過ぎに、バラフォン4台も担いで、ジャンベ3台、バラ2台、ドゥンドゥン1台。
すべて無傷で、しかもKaba-ko7人が揃って出てきました。

ありがとう。

これから、とてもとてもハードなツアーが続きます。
せっかく日本まで来る事ができたのだから、最後まで力の限り!
私は声を大にしていいます。
若い人!お金がないとはいわせません、是非彼らの演奏を聴きにきてください。
無料のコンサートはすでに、限りなく用意しました。

もう一度目を擦って見る、あの村のみんなが、そのまま目の前にいる。
リニアモーターカー作りに躍起になる日本に、
生身の人間が、丸二日間かけて、バスに電車に飛行機を乗り継いで…
日本に来た、この事実です。

さて、出納帳に収支の出入りを記載して、今日も楽器をたくさん乗せて、
次の会場へと移動です。

彼らが日本に居る、という事 dans 時勢 circonstance ncm_0490-150x112

ncm_0478-e1383342910532-112x150 dans 音楽 musique

ncm_0502-150x112

Commentaires

旅と移動 -心臓が、不安で耐えられぬ日々-

秋冷覚える今日、11月はすぐそこに。
3~5年かけた自分勝手なプロジェクト、
「ブルキナファソの大地から、日本の大地へ」も、すぐ目の前に。
無事、トルコを経由して成田空港に、本当に彼らKaba-koは着くのだろうか。
頭をカリカリ、爪をガリガリ、
心臓は寒さが原因ではなく震え、
胃の辺りも痙攣の如くブルブル震え…いやはや。

Ky [キィ]のコンサートは京都は法然院、堺は海会寺と続き、そして今宵、
夜中まで録音の仕事を、続けている。
ツアーが始まる前にともかくやることはやった、と自分を言い聞かせ、
ラストスパートの仕事を続けるのみ。
もちろん眠る時間も、なにする時間もなく、しかし、
« のれそれ » や、 »山形の十四代 » の、味の感動を思い出しては生きた証とし、
明日、まずはムッサ・ヘマの到着と共に心臓の負担は軽減されたし。

鶴見俊輔氏にはまっている今、最新の河出書房新書のコレンクション第3弾は
いみじくも、「旅と移動」。
10月の丹後、北近畿タンゴ鉄道の車窓は秋雨に、
近鉄橿原は山々を背景に、9月から何度往復した事か、東海道新幹線の車窓には、
これ以上のスピードを求めませぬ。

旅と移動  -心臓が、不安で耐えられぬ日々- dans 俳句 haiku 2013-10-19-16.29.22-150x112
丹後由良安寿の居た日凪の海
2013-10-20-13.18.57-150x112 dans 料理 cuisine
土壁の崩れし庭に柿のなる

フライヤー配りは、街の隅々までくまなく、
手にはタコ、腕はますます太く太くなり、
鞄が軽くなったと思えば、すぐさま古本屋さんにて
瀧口修造のこれは60年代?の、みすず書房からの一冊。
さて、録音機材、CD、フライヤー、PCに電源グッズ、歯ブラシに、
すこ〜しだけ服と下着を入れて、あとは楽器を担いで全財産。
明日はまた、移動の日々。

2013-10-22-10.48.45-112x150 dans 時勢 circonstance

2013-10-15-15.30.22-112x150 dans 音楽 musique

hounennin1-112x150

鹿の啼く茜の山を眺めをり

Commentaires

音楽と映画 ~世紀の結婚 ? ~

メトロを筆頭に、街に貼られる映画のポスターには
嫌気が差すくらい、兵器を手に、未来を襲う »悪者 »退治をする定番アメリカ映画、
そしてアニメーションにしてもロボットは銃をもち、
ハリウッド女優さえバズーカ砲を背中に抱えているものばかり。
こういう、兵器を日常にあるものとしてのプロパガンダはもうこりごりだ!

cité de la musique を最終日に駆け込んだ展覧会は、
「Musique&Cinéma -le mariage du siècle?-

音楽があっての »第三の男 »、 »ファンタジア »のラフ画。
チャップリンがハンガリー舞曲とシンクロする場面。
« ティファニーで朝食を »オープニングのムーンリバーが流れれば
会場から溜め息が、ヘップバーンを眺める顔は皆美しい。
音響的編集効果がすばらしいゴダールの »Pierrot le fou »。
Michel LegrandとJacques Demyの手にかかればフランス映画の真髄を味わえる。
映画が完成するにあたって編集という仮定の疑似体験。
« 乱 »では武満徹の音に引き込まれ…

フランスでの企画展なので、万人の知るところとなる映画をメインに。
知っている映画音楽が会場で流れれば鼻歌をうたう人も、微笑ましい。
しかし、フランスだからこそ、アラブ語圏の映画もピックアップしていただきたいものだ。
せめてエジプトのウム・クルスームは…
そんなリクエストはちょっと欲張りすぎるだろうか。

映画を文化として受け入れ、想像が作り出す世界に魅入られた人々が味わう
至福の時間は、上映時間を終えた後も、どこかでその音楽を耳にする度に
蘇るその時映画を観た人生を、思い出す。

音楽と映画 ~世紀の結婚 ? ~ dans あーと art img_0001-150x112

img_0002-150x112 dans 時勢 circonstance

Commentaires

アンゴラのBonga→パフューム!?!?

8月5日、オートヴォルタの独立記念日。
ブルキナファソ8人組Kaba-koのパスポートが発行された!
との吉報がバンフォラ村にいるMoussa Hemaから私の携帯電話に。
某大使館に行くも、おそらく取得できないでしょう、と絶望的な言葉を
受けていたのが7月半ば。しかしここで諦めたら元も子もない。
Moussaが使った手段とは、これは公にすることははばかれるので、
裏談義として事が終わった後に。

ブルキナファソ一心にならねば、とは思いつつ、ちょっと浮気心でアンゴラへ。
10年前に初めて聴いたBongaは、まさに72年のアルバムAngolaである通り、
75年の独立まで彼は自国を追放され、
それはもちろん彼の歌詞が民衆を鼓舞するが故…
レパビュリック広場から歩いてすぐのパリの老舗ホールLe Bataclanにて、
彼の生の声に、門切り型な表現だけれど、歌い謳うことはこういうことかと、
鳥肌が立った。

いわゆる »歌もの »は、普段あまり聴かないものだが、聴きたくなるものは、
偶然に、何かに抗っている歌い手のものが、多いことに気づく。
もしくは音響的効果の興味を刺激してくれるもの。
神保町の道端で買ったそれは、ブルガリアのポリフォニー。
そう、自分の臭覚に時として驚くばかりの、実は88年のビクターから出ている
The Philip National Folk Ensemble。

さて、今までに幾度となくLe Bataclanに通ったことか。
それでもこんな行列を観たのは初めてだし、
こんなに音楽的でないコンサートは初めてだし、
そして、こんなに叫んで汗をかいて聴いたコンサートは、初めて。
のそれは、パフュームでした。
彼女たちの、いつの日か、何かに抗するためのパフォーマンスを
観られることを楽しみにすることに。

パリは日だまりの気持ちよい8月、
今日もどこかで演奏している同志達へ、お疲れさま。

仰向けに緑陰から葉ざわめひて

アンゴラのBonga→パフューム!?!? dans 時勢 circonstance img_0051-300x225

img_0024-150x112 dans 音楽 musique

img_0026-150x112

Commentaires

–対話–

国と国の対話、
そして個と個の対話、
ミクロまで行き着くと、
自己と自己の対話。

アフリカと、私たちはこれからどうやって対話し、
共存していくでしょう。

それは、個の思想、決断に託されています。

この ↓ Moussa とGastonの対話、好きだな~*

Image de prévisualisation YouTube

今日と明日は名古屋で盛り上がりまっしょい!
椙山女学園付属小学校のみんな!待っていてね*

6月5日 (水)名古屋 Vio 18時開場 19時開演
名古屋市東区新栄2-1-9 FlexビルB2F tel 052-737-7739
前売り3000円 当日3500円

6月6日 (木)名古屋 椙山女学園付属小学校
9時40分 一限目、10時30分二限目

Commentaires

演奏という舞台にあがるまでの裏

一に練習、二に練習、三四に….
楽器と共にする移動。
音楽と関わるのは、ただ単に音符とつき合うだけではないですね。
楽器を選ぶ、とか、音色を追求、楽曲の解釈、創造への時間、….etc
こんなうんちくを呟いてはずかしくなってしまうくらい、
どの仕事でも、それ自体を »中心 »とした場合その回りには様々な事象が
在る故になりたっているという当たり前の事を痛感します。

カマレンゴニ2台、ギター、ウード、サックス、クラリネット、
ジャンベ、アンプ(9kg)、ペダルケース(6kg)、マイクスタンド3本、
サックススタンド、バラフォンスタンド、まだまだ!
スーツケース2個、リュックサック2個。

ぜ~んぶお茶の水から五反田まで、ミュージシャン3人で、
中央線と山手線で運んださ、ホントホント!
JR東日本乗客の皆様、ご迷惑おかけしました。

ちなみに、体力には自信、ありますよ!
腕の太さにも、自信、ありますよ~!

さて、無事に6時30分に羽田到着のムッサをピックアップし、
そう、これも舞台に立つには必要な事項なのですね。

それではみなさん、13時に横浜パシフィコでお会いしましょう====!

アフリカや 梅雨入りどこと 跳ね返し

演奏という舞台にあがるまでの裏 dans 俳句 haiku ncm_0255-150x112

2013-05-30-16.37.42-112x150 dans 時勢 circonstance

ncm_02631-112x150 dans 音楽 musique

Commentaires

バラフォン – カマレンゴニ – ウード – サックス

カタカナばかりの楽器名です。

これら楽器が全て飛行機に乗る、というのも感慨深いです。

オーガナイズをするにあたっては当たり前の事であり、
楽士を招聘するには、当たり前の事なのですが….

そういう責任を一人で背負っていると涙がちょちょ切れる想い、
でもあるのです。

前回の反省も含め、JALさんとは万全の打ち合わせをし、
無事に楽士が元気な姿で空港に着く事を、祈るのみ。

バラフォンの驚異のポリリズム、
カマレンゴニの哭きの撥弦音、
ウードの微分音、
サックスは息絶え絶えにそれら楽器の奏でる音に乗り、
Bala Dee 2013として演奏開始です!

スケジュールは
5月31日(金)五反田 TOC 19時  
品川区西五反田7-22-17 13階130号室 tel 03-5486-3123
ゲスト Dramane Diabate

6月1日 (土)横浜アフリカフェア 13時
横浜市西区みなとみらい1-1-1 横浜パシフィコ

6月2日 (日)御殿場 時之栖 17時
静岡市御殿場市神山719 tel 0550-87-1414

6月5日 (水)名古屋 Vio 19時
名古屋市東区新栄2-1-9 FlexビルB2F tel 053-737-7739
前売り3000円 当日3500円

6月6日 (木)名古屋 椙山女学園付属小学校

6月7日 (金)上越 ラソネ菓寮 19時
上越市春日山3-19-7 tel 025-527-3330 (栗田)
前売り2500円 当日3000円

6月8日 (土)長野 長谷寺 17時30
長野市篠ノ井塩崎878 tel 026-292-2102
前売り2500円 当日3000円

6月9日 (日)横浜 nitehi works
横浜市中区若葉町3-47-1 tel 045-334-7446
前売り3000円 当日3500円

more informattion & reservation
→ openmusic.jp@gmail.com 080-5067-6877

バラフォン - カマレンゴニ - ウード - サックス dans 時勢 circonstance african-fair-nakano-300x118

baladee2013-212x300 dans 音楽 musique

baladee2013verso2-208x300

Commentaires

レバノンから、Volker Schlöndorff

Wael KoudaihとNaissam Jalalによるプロジェクトを、18区はモンマルトルの東、

あまりにもあからさまなパリ市の偽善から成り立つ文化施設、
その名はInstitut des Cultures d’Islam。
もちろん言わずもがなGoutte d’or 界隈。
で、観る。

http://www.institut-cultures-islam.org/goodbye-schlondorff

さておき、
ワエル(とある本ではワイル、となっているけれど)のパフォーマンスが光る。
ナイサムが綴る手紙やそれを破る音を彼が操作し、
ナイサムがつけるラジオからはレバノンで聴くフランス語のコマーシャル的放送。
(CMにはバルベスのとある商店の宣伝、まるでフランスに行く夢への触発的な…)
2012年、彼が新しく使い始めた方法として、X-boxから自分の動きを読み取らせて、
音を操作する、それは少し足立智美さんの動きを連想させるし、
ありがちなラッパーのジェスト(動作)を一気に越えた、映像と音とリンクするジェスト。
それはきっと彼だけのものだと思う。

繰り返される映像の手法。

カセットから流れる、83年のファイルーズ。

映像内、遺体頭部に巻くkaffiyeh(カフィーエ)。

レバノンを今や代表するラッパーとしての彼の音楽性と、語る内容は、

怒りへの共感、絶望、涙なしには聴けない。

 

 

 

ナイサムは先日ドイツからの公演後パリに寄り、明日の朝レバノンへ発つ。
9月以来ひと時の抱擁の後、彼女、彼らはどこにいくかわからない自分の国や文化を背負って、旅発つ。

79年と、84年に生まれたワエルとナイサムは、レバノンの悲劇的な時代に音を添える。

 

you tube はダイジェスト版
Image de prévisualisation YouTube

 

約1時間のパフォーマンスを終えて

レバノンから、Volker Schlöndorff dans 時勢 circonstance img_00462-300x225

 

壊された看板は、偽善に対するあらわれ。

この施設の前にBobo達がたむろうOlympic cafeがあったのも今は昔。

img_0048-300x225 dans 音楽 musique

Commentaires

1...345678

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil