Archive pour 音楽 musique

すべては指の間からこぼれ落ちる

ぽたり、というよりスルッと滑り落ちる感じです。
春待たずして喪失の再来、は要するに反復するようです。
それでも、書物という形で残る文字がこぼれ落ちないように読み取ること、
それは希望となるでしょうか。
いつかのどこかの繰り返しになりますが…
書物、それはわたしたちに残された「知の悦び」なのです。

2020年2月16日下弦のopenradioは…
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-20200216-%E4%B8%8B%E5%BC%A6/

IMG_0028
Solangeの歌詞カードはアポリネールのカリグラムを彷彿させるもの。
言葉と図象の連携プレー!

IMG_0163
春に近づく空の下弦は色を誘う。

IMG_2906
この世にはもう亡き二人花のみぞ

Commentaires

Pour Analogique Maladroit

誰かのために曲を作ったことは今の今までないのですが、生まれてはじめてそんなこんなでできた曲を。
サックスで演奏するのもピンときませんし、どんな楽器がいいでしょうか。
タイトルは、-Pour Analogique Maladroit 不器用なアナログ-
もちろん、その人のことです。
https://www.youtube.com/watch?v=1i36jexKAU4&feature=youtu.be
Image de prévisualisation YouTube

冬日向指の間の間に透く光

Commentaires

The clock stops ticking

前回のopenradioではジャズだなぁ、と感じる楽曲を紹介しました。
はっきりとした発声の無意味、あるいは忠実であることに束縛されぬこの音楽。
瞬間に生まれる人間のもつ即興性こそが命であるジャズの中で、時に詩学的に面白い場面をもっていることも事実です。
全く知られていないMeredith d’Ambrosio という歌手がいます。
正直彼女の声はどこにもありません。
猛々しく、あるいはヴィブラートを操作できなくてもいいんです。
誰かに、どこかに届けば、それでいいよね。

IMG_3008


The clock stops ticking でも繰り返す季冬かな

1937年のミュージカルで歌われた there’s a lull in my lifeの歌詞

Oh, there’s a lull in my life
It’s just a void and empty space
When you are not in my embrace
Oh, there’s a lull In my life
The moment that you go away
There is no night, there is no day
The clock stops ticking
The world stops turning
Everything stops but the flame in my heart
That keeps burning, burning
Oh, oh, oh
There’s a lull In my life
No matter how I may pretend
I know that you alone can end
The ache in my heart
The call of my arms
The lull in my life

Commentaires

BookEnds

倒れないための仕切り、あるいは本棚から落ちないための本立て。
BookMarkとは違います。
今宵openradioは春の予感と晩冬のジャズを。

かけがえのないアルバム Marc Copland (P) / David Liebman (Sax)はその名も「BookEnds」

2020年2月9日満月のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio20200209-%E6%BA%80%E6%9C%88/

IMG_6650 2

IMG_6649
ロフト兼スタジオはパリ14区

IMG_0757
静穏に冬曙を待つ午前五時

Commentaires

ジャズのことを少し

わたしにとってのジャズとは、すべての人類にとって寛容なものであるのです。
変容を厭わなく、むしろ変容を味方にして、
訪れるであろう瞬間に勝負できる音楽なのです。
そして、勝負の後には共にハグをすることができる音楽なのです。

あなたという個体=同一性が、ジャズである、と人類学とシュルレアリスムは教えてくれました。

Image de prévisualisation YouTube
suported by Chichibu Avantist 2020

When you hear music, after it’s over,
it’s gone in the air. You can never capture it again
by Eric Dolphy

音楽は 聴きおわった後、 空中へ消えてしまう、
再びつかまえることは誰にもできないのだ
エリック・ドルフィー

Commentaires

春は山から、ほんの少しの笑みを

南米のギター、歌。言葉のイントネーション、メロディーのアーティキュレーション、リズムとアクセントのバランス。
どれも魅惑的な要素に溢れています。
ただ、真似という方法でそれらの楽曲を演奏することに懐疑的にならずにはいられません。
ただ、もし奏でることが可能であるならば、それは一度自らの同一性を凝視し切り込みブリードの覚悟という意識を経てからということになるでしょう。
硬いことはさておき、ゆったりと、寒暖の境界、立春をお過ごしください。

2020年2月4日立春のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-202024-%E7%AB%8B%E6%98%A5/

IMG_7714
山の中にいると、それ自体を忘れてしまう。

IMG_7738
いつも移動の中に思想の発端が生まれる。

IMG_0627
緋桜や冷静たれと微笑みぬ

Commentaires

これからがこれまでを決める

シンプルな言葉の中に重層的な真実が生まれることがあります。
過去、現在、未来という三種の反復。

IMG_7690
銀座の逢瀬は黒田征太郎・泰蔵 兄弟展となりました。

IMG_7691
京都に本店がある思文閣にて

IMG_7844
立春を窓から見遣る虚無の空

Commentaires

音は生まれ、また会う日まで

秩父の山肌に魅了されてしまったからには、その地の土や谷、あるいは命の源である水なるところにひっそりと在る苔の存在に触発され、音が生まれました。
そして、潔く消えゆく音を前に、 »また会う日まで »、と手を振るのです。

IMG_7728
リハーサル中に次なるアイデアを生み出すギターの孤独な音。

IMG_7724
山羊とある今日の営みは上弦へ向かう月の出と共に。

84230513_200088084464342_2236062692735451136_n
いつも、今回も、演奏する場所には遠くから聴き手がやってきてくれます。
鎌倉、新潟、白金、高崎、はたまたマルセイユ!
彼らこそが、「旅する音楽」なのです。

IMG_7716
当日は、詩を中心に写真・絵・インスタレーションとジャンルを超えたアート作品を展示しているcafe PNB 1235のオーナー、詩人の保坂さんが『狂った季節が首を鳴らす時』 を朗読されました。

新緑の山間にひかり影の中

次回があるならば、こんな感じかな!

Commentaires

花と雪 fleur et neige

暖冬花を両手に抱えれば、自然賛歌の献花となり、しかしそれを司るは人間のするところ。
それをするかしないかはあなた次第。
わたしはする方に惹かれます。

迎える雪は今日山間にひっそりと、そして沈々と夜に降る。

82848877_174800420393776_1827165682849021952_n-1
「秩父前衛派」をご存知でしょうか。
このアート集団による今年最初のパフォーマンスはこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=P9Zkov2UUY0

IMG_7636
雪の夜半旅する恋人着きにけり

Commentaires

谷間に鳴る音の足跡

1月31日、急遽秩父鉄道「親鼻駅」にあるゆったりとしたカフェ、PNB-1253
https://pnb-1253.tumblr.com/
で演奏をすることになりました。

ギターとサックス。
伴奏と旋律という関係をものともせぬ音の相対的、あるいは音楽に包摂される関係性。

冬の谷音の足跡残しけり

82815854_513227135971750_533658340887101440_n
笹久保伸 (guitar)× 仲野麻紀(sax, metal-clarinet, nay, voice)

場所:PNB-1253
(秩父郡皆野町下田野1253-1)
開場:18:00、開演:18:30
料金:2000円
予約:sasakubox@gmail.com

Commentaires

痛みのあらわれ

痛い!
心が痛い、あるいは悲しい。
そんなときはマックス・ロメオ爺と一緒に飛ぶのもいいけれど、PYNと一緒に7拍子で決めるのも有効です。
命を削るって、こういうこと。

「眠らない子供のための音楽」
https://twitter.com/mimihen/status/1189922968664588288/

Commentaires

Un Poète Péruvien À Paris パリのペルーの詩人

アルベール・マルクールの最近の作品はQuatra Belaという弦楽四重奏とのアコースティックな音に、小気味いい詞が添えられます。
その中でも「Un Poète Péruvien À Paris パリのペルーの詩人」はアルバムの白眉。

ブラッド・メルドーのエレゲイア・サイクルにはこうあります。

「”我々が得るのは二つある、時間が与えてくれた体験、
そして我々のはかなさとは裏腹に、常に戻ってくる不可避的なものの慰め…
君の思いがどうあれ、物事は永久に終ってしまうというのは錯覚だ。
全ては幾度も幾度も周期をなして巡ってくる。”」

「死ぬこと、思い出されること。音楽は、そのこと自体へエレジーを歌う。
我々の周りにある”日々”の喪失を美化し、
我々がいかに死と親密になれるかを教えてくれる。」

2020年1月11日満月のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-2020111-%E6%BA%80%E6%9C%88-%E3%83%91%E3%83%AA%E3%81%AE%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%A9%A9%E4%BA%BA/

IMG_0006

初満月喪失周期の中にみる

Commentaires

玉川奈々福師匠

浪曲その魅力は、ある関係性だけではないわたしたちが生きる世界にスポットを当てて、その関係性の中に心がほっとする瞬間を語りにすること。それが浪花節と泣き笑いの逢瀬。
今秋奇跡の共演となった浪曲師玉川奈々福師匠はいいました。
彼女の声、語りは脳髄にビリビリと届き、生きる儚ささえも皮下脂肪の下に沁み込みます。
日本語の世界と西洋の楽器が重なり交わる時、その音世界が在る瞬間のためだけに生きるという諦念が生まれます。
飛ぶ鳥落とす勢いの師匠の公演、一番のオススメは浅草の木馬亭かな。
本当の浅草の街人情の中に真正を聞く。

75369132_2443675999242338_8643473433813843968_n
演奏後のサイン会では「二人似ているね」という声が

_MG_0256
そしてなんてたって、奈々福師匠、曲師の豊子師匠あってのこと。

女二人一騎打ちの律の風

Commentaires

あるいは Please Rewind

そうはいかないのが人の道の常
Image de prévisualisation YouTube

Commentaires

moonchild -Voyager 旅人 -

低音の鳴りと、タイトな重層的音のてっぺんにある彼女の声がいい。
バックのフルートの奥行き、シンセと管のバランスが人の耳には心地いい。
要するに、ミックスがいい。
録音物はミックスによってその価値が何倍にも化ける。

西アフリカで録音したあの灼熱の地では、そんなテクニックは使えなかったけれど、
実のところ、演奏者自身の気の利いた楽器の配置と、あの乾いた赤土と藁のおかげでアナログミックス=リアルミックス録音ができたことは言うまでもない。
(機材は暑さで溶けるかと思ったけれど。)

録音物の魅力はこういうところ。
音の震えが、技術者のエゴなしに伝わるか、否か。
それは、純粋性。
Image de prévisualisation YouTube

月読みの子等の歩きし冬日向

Commentaires

余白が音 une musique est une marge

森の中に差す木漏れ日にもし心奪われてしまうならば、それはMargeという名の光が生む余白に、その心をもゆだねてしまいたい衝動が生まれるからなのかもしれません。
武満がみた音とは、余白のことなのです。

IMG_6402

IMG_5764

IMG_6984
余白から花梨の余韻香り去り

Commentaires

サティの白、北園の白

IMG_6987

白い手紙のなかの白い雨は
白い孤独の白い雨である

白いカメラのなかの白い孤独は
白い
孤独の白い孤独である

By 北園克衛

Fâcheux Exemple (ある愁いのたとえ) By Satie

冬の空白が灰色になってゆく

Commentaires

年迎へどこにゐようと生きている

2020年1月上弦のopenradioの放送は、こちらから
hhttps://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-2020-%E4%B8%8A%E5%BC%A6/

IMG_6743
ぬくくして主人なき家炉の近く

IMG_6755
南仏の影を纏ふて冬薔薇

IMG_6970
名の知らぬ行き交ふ冬の鳥とゐる

IMG_5869 2
鳥瞰図我が目で見ひる富士の山

81595973_2952540018089744_3535115971347873792_n
年迎へどこにゐようと生きている

Commentaires

師走新月吉とでるか凶とでるか

場所場所の天候に翻弄され今どこを行く。
そんな時は、ただ一音爪弾く音を聞きたくなります。
期待大の驚異のギター奏者の新作は年明けを待つとしましょう。
今回のopenradioは、映像の音、空気に触れる音、そしてザッパ で少し一人頭を振りまくるとしましょう。
Keep it greasy!!

2019/12/26 今年最後の新月のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/20191226-%E6%96%B0%E6%9C%88/

IMG_6800
大気の凍えが身にしみる

IMG_6774
ある場所を目指して、ただただ車窓は続く

IMG_6809
山のある命

埋火も消ゆや涙の烹ゆる音 (芭蕉)

Commentaires

命日や忘却彼方冬落暉

 モンパルナスの墓にはマン・レイにザッキン、ブランクーシにブラッシャイ、カストリアディスにソンタグ、あるいはゲンズブールが眠っている…..etc
トリスタン・ツァラの隣にセサル・バジェホの名が。
彼らの出自、オリジナルは「外国人」。
フランスという地に生き、フランスを生きた人々。
つい先ほど逝去されたヌーヴェルヴァーグのお姫さま、
アンナ・カリーナは、デンマーク出身だったのか。

今一度フランス共和国とはなんなのか、考えたいのです。
国民と呼ばれる一人一人にどんな権利があり、どんな義務があり、国を構成する人員であるにはどのような行動が必要なのか。
能動的でいなければならないことは、間違いないようです。

あなたは、どこに生きたかったのですか?
2019年12月19日下弦。100回目を迎えるopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio20191219-%E4%B8%8B%E5%BC%A6/

73409157_2541750719273191_5696681142074212352_n
(Photo:S.SASAKUBO)
ジャック・シラクの眠りにあるパレスチナの男性がコーランを詠む姿。
シラクがパレスチナ擁護派であったことはご承知の通り。

IMG_0332
菊は墓地の象徴。

IMG_0131
12月はアマリリスが、いいね。

IMG_6472-1
冬薔薇心と比例しない今日鮮やかさだけ世は師走

Commentaires

満月の夜、空飛ぶ絨毯 Le Tsapis Volant

ピアニスト、その名はTsapis=フランス語の発音で彼の名前は「絨毯」。
ギリシャとフランスの血をひく彼のピアノの音は縦横無尽に空を飛ぶ。
発表されたばかりのこの作品の白眉はなんといっても「オリエンタルピアノ」
を使用しているところ。

このピアノの話をするにはとっても時間が必要となります。
それは、音楽というもの、ピアノの歴史、人々の歴史、移動、変容をも含む人類の音の世界のことだからです。
河出書房から発売されているマンガ「オリエンタルピアノ」をぜひご一読ください。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309277714/

アラブ音楽は微分音の存在を抜き語ることはできません。
音楽は平均律で構成されていると洗脳されてきたわたしたちにとって、このオリエンタルピアノは、世界が黒と白だけではないことを教えてくれます。

ステファンの作りたかった音世界とは、ジャズだとか、アラブだとか、言葉だとかで片付くものではなく、
わたしたちが音楽に聴き惚れてしまうそのマジックを彼なりの方法で提示してくれたのです。

彼の楽曲を歌う魅惑的な女性たちの声、呟き、響はこのアルバムの中にしかない融合があります。
だって、考えてもみてください。
トルコ人、ギリシャ人、シリア人歌手が一緒に歌っているのですよ!

今回はステファン・ツァピスの新旧作品をたっぷりとお楽しみください。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-20191212-%E6%BA%80%E6%9C%88/

IMG_5137
今宵満月は本の中で会いましょう。

IMG_6607 2
CDとLPの二作同時発売コンサート

80042710_2745798502155349_6561345371149172736_o

IMG_6590 2
今回の演奏はラジオフランスで2020年1月4日放送されます。

IMG_6605 2
日本ではdisk unionで入手できるそうですよ!

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008018558?fbclid=IwAR3A-Ki-XasKbxsIhP38d9UStblenJY7Rhlwfa9wnEeu8h1AyuE6LHoti84

9784309277714
河出書房新社 オリエンタルピアノ 
著者はレバノンのアーティスト、Zeina Abirached

Commentaires

ブルターニュは地の果て、ストライキをものともしない

都会、人が人の中で生きる限り、自然破壊は日常の中で意識せぬまに進んでいる。
自然の贈与を意識させないのが、都会に住む条件なのかもしれませんね。
今どこにいるのか、というのは全く問題ではなく、
目の前に刻々と現れる情景にどう反応するか。
自然の贈り物にどう反応するか。

おっぱい島やら、海女さんの島やら、ヨーロッパ大陸西の果てにあるのが、ブルターニュなのです。
そこには、人との関係性以前になぜここに生きるのかという問いと、自然との対話があります。

IMG_0166 2
いずれにせよ、SNCFもなにもかも動いていない。
パリのざわめき、田舎の静寂。

IMG_6418
とはいいつつも、リハーサルはパリ市があてがってくれるスクワットのスタジオで。

IMG_6420
女性コーラスはトルコ、レバノン、ギリシャになぜか日本人…

IMG_6417
Frigot=冷蔵庫という名のスタジオ。

IMG_6454
サイゴン出身のお父さんはわたしの生徒さん。

人が居て去る場所は今日冬時雨

Commentaires

ノマッド、パリ、生きるは続く、どこへ行く

SNSで起こっていることは皆リアルタイムと信じているようですが、
実のところそれがどうにもこうにも次元を超える作用で操作できる怖さ、であることに疑いはないのでしょうか。
意識は感覚。
感覚が鈍くなるということは、情報やら文字やらに依存することのようです。
詩には、現次元は必要ありません。
なぜならそれは普遍であるから。
それでも、 »言語 »という壁はあります。

IMG_6195
今年最後の収穫は、小さな大根となりました。

78450879_555152121947571_7429659484907110400_n
Vallejoの詩は、普遍そのものです。

IMG_6141
まあ、これがわたしの全財産。
スーツケース一個、楽器二個、ロバのトートバック。

濃い音の楽譜をさらひ秋惜む

Commentaires

心の重力、悲しき幸福 -la Pesanteur du cœur, Tristes Bonheur-

すっかり暇をいただいていたopenradio。
ラジオファンのみなさんに、各演奏会場でお目にかかれうれしい限りでした。

目眩くる日本滞在のその一日一日に翻弄され、
しかしいつもそこには音楽がありました。
明後日新月を迎える前に、音楽を聴きたいという抑えられない欲求のもと、反則ですが、今宵openradioを放送します。
これからまた始まるノマッドな生活に、ちょっとこんな音があると、心の重力がストン、と少しするかもしれません。

そう、今の心境は「悲しき幸福 Tristes Bonheur」なのかもしれません。
Mixcloudでの試聴は
hhttps://www.mixcloud.com/makinakano/openradio20191125/

openradioオフィシャルサイトは音が聴けないかもしれません…
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2019/11/25_xinno_zhong_libeishii_xing_fu.html

IMG_6080
パリは黄昏16時、外気6度。
CDG空港は帰るところか、あるいは出発の意味なのか。

IMG_5830 2
新名神からみえる、鈴鹿〜甲賀の里の姿が好きなのです。

IMG_0144
花のない生活なんて考えられないのです。

IMG_5406 2
煙草百害あって一利なし。

鷲翔べば重力行方消へゆきぬ

Commentaires

舞打楽暦第14番砧の韻 KINUTA.RHYME

移動人生にはハプニングは常時つきもので、今回も然り。
何事もなかったように振る舞い会場入りです。
今宵神戸での演奏は、神戸は灘にある、酒心館ホール。
ダンサー角正之さんのお誘いにて、大倉流小鼓方・久田瞬一郎氏と、川崎義博さんのサウンドにサックスは幽玄に。

演目は「舞打楽暦第14番砧の韻」となります。
11月13日 17時30 open 18時start
神戸酒心館
神戸市東灘区御影塚町1-8-17
TEL:078-841-1121

hhttps://www.shushinkan.co.jp/news/eventcalender

IMG_5229
ホテル住まいは疲れるけれど、ぐっとくる作品に癒されることもある。
アートの効力。

IMG_5247
東京夜景。街の明かりは遠いほどに星の煌めきになる。

Commentaires

12345...12

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil