Archive pour 書き物 writing

私たちの星で

9月名月に向けてお月さんは満ちてゆきます。
その横で金星がめいいっぱい光っております。

昨年の12月15日、締め切りギリギリ、フランスの夜半に月、週刊読書人に、師岡カリーマ・エルサムニーさんと梨木香歩さんの往復書簡「私たちの星で」(岩波書店)の書評原稿を編集者にお送りいたしました。
文中にある様に、カリーマさんの存在にホッとするムスタファ・サイッド。
こうやって、人と人はそれぞれが生きる世界の片隅で、
ささやかな共同する一瞬を愛おしむ、それが生きるということかもしれません。

さて、いよいよせまる24日求道会館での演奏会。
演奏者が無事本郷に集結できることを祈るのみ。
仲秋の満月は、前日が実はめっぽうきれいなお月さん、なんですよ。

週間読書人web https://dokushojin.com/article.html?i=2783

IMG_0154
能登は志賀町。
原発近くされど美し増穂浦海岸

Commentaires

ユカリロ-甘い鯉のはなし-

ユカリロとは「縁路」という意味だそうです。
秋田を生活の場にする女性お二人が編集する年一の冊子です。
今回この冊子の中に「甘い鯉のはなし」というお題で寄稿しております。
もちろんごはんに関すること。
以前秋田で演奏した際に出会った女性は、なんと何度か個展での演奏をさせていただいたり、演奏を聴きに来てくださっている木工家の三谷龍二さんのお嬢さんだった。
機縁の由とはまったくもって不思議に尽きる。
その三谷葵さんも寄稿されている短編。そのタイトルは「イオの月」。
ハタハタと海、海と月、音感覚。
オノマトペでもあり、おそらくご自身の実体験と魚への感情的変換?
から生まれる音の言葉的表現!?がたまらない。
夢枕獏さんの「カエルの死」を彷彿させる。
「なべっこ遠足」や「お粥のあさづけ」やらローカル発信の醍醐味を味わえる冊子です。

YukariRO
https://yukariro.jimdo.com/

IMG_0248

IMG_0245

Commentaires

今宵繊月涼運ぶ

新月の日に更新するけいそうビブリオフィルの連載。
7月は「他者とは誰なのか Al Akhareen
――パレスチナのラッパーが作るモロヘイヤのソース–」です。
http://keisobiblio.com/2018/07/13/nakanomaki04/

ツアー中の日々を支えるのは身体という資本。
その地その地でたべる野菜を感知することができることを確認しつつ、
毎日の移動となります。

群発頭痛という病と共にツアーを進めていくには、何より睡眠の確保ではあるのですが、人工的涼=冷房にはめっぽうやられてします。
ということで体内に入れる「温」の確保。
漢方薬一日6袋×ツアー日程分+子供用葛根湯エキス小瓶(中身はミミズドリンク!)
+それに葛もあればなお結構。お灸のツボの場所も確認します。
すると荷物は…またまた増えてしまった次第。

暑い日々、でも今宵の繊月が、風を運んでくれるように、だるさを和らげてくれるようです。
残る公演は、清里、荻窪、小淵沢、新潟、そして佐渡!
何処で会うことができるでしょうか?

涼運ぶ山の夜月の細さかな

IMG_0193
小淵沢の谷間に…百合

IMG_0108
障害者!?だれが障害者?みなで奏でる音は興奮気味。

Commentaires

みんなの海藻

Ovni7月1日号の特集は「海藻」ということで全編記事を書きました。
取材している時間なんてあるのでしょうか。
ブルターニュ人への様々なインタビュー、採取場求め写真を撮ると…
すると、海流が見えてきたり、その流れの循環が見えてくるのです。
例えばチリ、例えばアジア、そして北大西洋はスコットランドへ。
小さなローカル沿岸に生きる、海藻そして人間の、新石器時代から連綿とつづく
生活を、ご覧下さい。

こちらから読めます。
https://ovninavi.com/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%81%ae%e6%b5%b7%e8%97%bb%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%82/

algopack養殖m_clauzier_098382
©Algopack
今、ブルターニュでは海藻+海藻廃棄物でバイオプラスチックの製造が行われている。

ゴエモン
その名を「ゴエモン」という海藻!

サリコーヌ
サリコーヌ採りは6月から8月がピーク。だいたいは酢漬けにして1年分の保存食となる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
海草サリコーヌの冷製スープ

海藻レシピ本2
鴨肉を生の昆布で巻く!?発想に驚き、味にびっくりな海藻レシピ

Commentaires

人生の欠片 un morceau de vie

勁草書房ビブリオフィルから連載がはじまりました。
その名は
「ごはんをつくる場所には音楽が鳴っていた
――人生の欠片、音と食のレシピ」
http://keisobiblio.com/2018/04/27/nakanomaki01/

「un morceau de vie」という表現が好きで、ただフランス語的には
こういった表現はないようです。
でも、言語というのは人や環境の中で変容していくものだと、感じています。

食べることは、大げさに語ることではないのかもしれません。
なぜなら、食べることができぬ人がいる現実を前にした時、
食べることが、どれだけ暴力的であるか思い知らされるのです。
だれかと共有したかった食の時間、それはもう過去にも未来にもなきことですが
だからせめて、人生の欠片という残されたレシピの中に、
人々の生を見出したいのです。

ラジオからはベートーベン ピアノソナタ8番2楽章が流れています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
食べる、生きる、その奥底にある構造。

Commentaires

見えない涙

レンタカー、飛行機、メトロ、新幹線に運んでもらい、道は那覇から長岡へと続き、メンバー1名は大久保でのプログレアラブロックの演奏のため中途落籍。

日本の山々を目にした時に感じるあの安心感って、何なのでしょうか。
移動の中で目にするあの山々は、日本を、地球の核を支えているからでしょうね。
演奏をしなければインカムが生まれないゆえに、今までのツアーは休み日を入れずに敢行してきました。ただ、今回はどうしても会いたい人がいたのです。
mu-anというギャラリーで人々を迎える、迪子さん。
彼女にどうしても会いたかった。
そして彼女に会う理由は、もしかしたら「見えない涙」という本と出会うためだったのかもしれません。

IMG_0215
北上道中車窓にあらわれる、山の姿。

IMG_0221
柿をめぐる日本人の想い。 日本海を望む佐渡での、宮本常一による、柿による人間の再生を思い出さずにはいられません。

IMG_0229
言葉の上に、涙は落ちてゆく。

Commentaires

ツアー最中「図書」の時間

演奏しては移動、移動しては演奏、の日々。
荷物が増えることを回避するべく書物もなかなか持ち歩けません。
が、しかし何か読みたい。そうなると土地土地でみつけることのできる
ミニコミ紙や、情報誌、あるいはお店のパンフレットなどがなかなかいい。
読み応えのあるものもあります。
例えば列車の中の「ひととき」や東京駅の「東京エキマチ」。
でも忘れてはならない内容の濃さと薄さ、それは
「週刊読書人」
そして、5月に寄稿いたしました、岩波書店「図書」

https://www.iwanami.co.jp/book/b286601.html

お題は「水見色とコンカルノ」です。

奇妙なタイトルですが、こたえは冊子の中で。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホテル住まいの日々に欠かせないのが、
「お浄め塩スプレー・おいせさん」

Commentaires

絶対的に違う「私」と「あなた」の間に奏でる音楽

昨年10月に発売された拙著「旅する音楽」に関するインタビューを
週間読書人がまとめてくださいました。
いやはやネットで読める時代なのですね。
フランスに送っていただいた紙媒体である記事はまたもや地球上を旅して
日本に戻ってしまったそうな。
郵便事情なのか、移動するわたしのせいなのか…。

執筆していた最中、悶々としている中、
「語りかけるように書いてごらん」
というアドバイスをある方からいただきました。

もしかしたらインタビューに書いてある内容が
本当は本の中で書きたかったことなのかも、と思う次第。

人にね、何かにね、語りかけるようにね。

記事はこちらから読めます。
http://dokushojin.com/article.html?i=796

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
立春を過ぎて、日永への速度は加速。
人生は、その瞬間瞬間が選択の連続。

ものの芽やもうすぐだねと逢瀬の日

Commentaires

旅する音楽

2010年1月冬。
トルコ・イスタンブールは膝まで積もる雪でした。
まだ秋になったばかりなのに冬の話をするのはおかしいのですが、
その時この地の地理的意味をはっきりと認識したのを覚えています。
それは、温暖な、陽気なイメージを抱いていたトルコという地が、
黒海すぐ北はシベリアからの寒波が覆う土地であるということ。
その雪の中、縁あって一緒に奏でるようになったミュージシャンと録音した
ものが、「旅する音楽 Musique Vagabonde」というアルバムです。
演奏家が演奏することを目的に旅をする。
音楽は国という単位ではくくれない空間をたゆたうようです。
まるで音楽自体が旅をしているように。
だから、音楽のある世界とはヒエラルキーをいう境を融かしていくような、
ジャンルもいらないただただ”鳴る”世界であるようです。

あれから6年。タイトルをどうするか色々と悩みましたが、
結局ここに立ち返りました。
「旅する音楽」

10月7日、せりか書房から発売されます。
http://ameblo.jp/sericashobo/html

A案 旅する音楽

Commentaires

Art et Cultures Symbioise

夏休みはひとりでもくもくと本を読むことになりそうです。
日本でいただいた本の贈物。
書く宿題も山積みだというのに…

さて、Art et Cultures Symbioise 芸術と文化の共生
というアソシエーションを立ち上げました。
色々な人が、国境を融かしていくような。
聴くこと、食べること、考えること…
まずはローカルからじわじわと。
さて、今宵上弦、そろそろペルセウス座流星群のあらわれる頃でしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Commentaires

ムッシューサティ、いよいよ立候補でしょうか

時勢ざわざわする中、13日の地方選挙の直前、
エリック・サティを街で度々見かけました。
SFIOから第三インターナショナルを経由し、
いよいよムッシューも立ち上がったのか!?!?
生誕・没後関係なくムッシューサティの精神はこの世に漂い続けてもらいたいです。
それは、安易な自由ではない表現を知るということ。

IMG_0038
11区の区役所前には候補者のポスターの反対側にて

IMG_0234
アルクイユ市は諸手を挙げて駅前にて

IMG_0085
寄稿したユリイカ1月臨時増刊号は今日パリに到着
冊子詳細は→http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791702992

Commentaires

南仏・Erik Borjaの日本庭園

オブニー784号の特集で取材した南仏の日本庭園「Jardin Zen」は、
自然を見立てることを日本庭園の基本におきながらも、
ひたすらに「観る」ことにより、ものの本質から観る者の観念を取る
この修行のような行為を経て、彼の庭は「禅の庭」と名付けられた。
77年の京都の数十カ所におよぶ日本庭園訪問依頼、
元々造形作家であるがゆえに、彼にとっての作庭は芸術表現になる。
ひたすら謙虚に、プリンシパルのある、アーティスト。
そして真の食いしん坊は、御歳74歳にして毎日うまいごはんを自分で作っている。
アルジェリアで生まれ帰仏した彼はまた、真のピエノワールでもあり、
青春時代に得た、お母さんたちのそばで覚えた料理の数々。
アルジェリアのユダヤ人達のお祝い料理の面白さは、また格別の話だった。

7月5日には、この3ヘクタールある「禅の庭」にてKyのコンサートが開催されます。
自然の音と、楽器の音が庭の中にどのように漂うのか、
そして聴衆のみなさんと庭を共に歩きながら奏でる音はどこに飛んで行くのか。
心がどきどきします。

さて、彼のレシピからひとつ拝借。「真鱈のサルティン・ボッカ風」

-鱈を人数分に切り、塩胡椒、小麦粉をまぶしてオリーズオイルで焼き色を付け、
白ワインで軽くフランベ。
-グラタン皿に鱈を並べてサフランを振りかける。
-生ハムを鱈の上にのせ、オーブンで15分。

フランス料理では海のものと肉を一つの料理の中に入れることは
あまりしないけれど、真鱈の淡白な味と、まぶした小麦粉に生ハムの旨味が
染みいる、うまさ。

ovniの記事はこちらから→www.ovninavi.com/784sp

禅庭や小さな宇宙春の匂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
枯山水にインスピレーションを受けて作った庭に佇むエリックさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
南仏の陽光が入る台所は気持ちのよいものだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サフランが鱈の白身に栄える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アシスタントの家族、皆で囲む食卓というしあわせ。

Commentaires

ベンガルの刺繍・日本のフリージャズ

今やどこでにいても、少しの電気と、少しの機材があれば、
録音はいとも簡単に、できる。
少しの耳の技術と、そしてなにより良い音があれば。
4月8日に発売される「今、日本のフリージャズを聴く」と題された、
70年代に録音された作品の再リリースを迎えるにあたり、
「高木元輝・加古隆/パリ日本館コンサート」のライナーノートを書いた。
スタッフが運んだであろう、マイクや録音機。その当時の音から、
匂い立つ機材の香りを嗅ぐことができる。
加古さんと高木さん、そしてロン・ピットナーとケント・カータの音を支える、
彼ら演奏者の前に陣取る録音技師の想いが、伝わってくる作品、だと思う。
もちろん当人の演奏があってのコンサートという出来事である。

インドはベンガル地方に残る女の仕事、「カンタ」。
魅惑の刺繍の愛らしさといったら。
こういう人間の成す営みを、柳宗悦的にいうならば「民藝」と呼ぶのだろう。
しかしもっと根源的な愛情を感じることができる。
こういう人間の成す営みに小さなスポットを当てる、
無印良品「MUJI」というコンセプト。
購買意欲をそそる商品がずらっと並ぶその奥に、「Atelier MUJI」という
小さなスペースに、このベンガルから来た刺繍布カンタが佇んでいる。
やさしい空気が、そこにあります。

いずれも、手仕事として何かを残す、という作業に、
なぜもこんなにわたしたちは魅かれるのだろう。

一日の仕事を終えて春の暮

「ベンガルのたなごころ、彼女たちの針仕事」と題した展示は4月22日まで有楽町のATELIER MUJIにて。
http://www.muji.net/lab/ateliermuji/exhibition/150306.html

「今、日本のフリージャズを聴く」のシリーズは→http://www.universal-music.co.jp/japan-free-jazz/product/pocs-9347/

IMG_0026

IMG_0027

Commentaires

趣味=牡蠣剥き

幼少の頃の想い出に対して、誰でも懐古的になるもので、
そこに季節感が加わればなお具体的なこととして鮮明に思いだすもので。
冬といえば、わたしにとってはやはり牡蠣。
伊勢志摩の的矢の牡蠣しか知らなかったのだけれど、こちらフランスにおいては
その種類を楽しむと共に、牡蠣を剥く楽しみを覚えたからには、
冬の趣味=牡蠣剥き、とするべきか。
ひとつの想い出に母が何十個という牡蠣を剥いていた姿に、重なるものだ。

喜びを分つ役目に牡蠣割女

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ブルターニュの牡蠣はブロン(ヒラガキ)が旨い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
昨年取材した牡蠣養殖業者さん。記事は→http://www.ovninavi.com/756sp

Commentaires

陰陽師 -蒼猴ノ巻-

人の出会いの独楽が一つ回って小田原で、二つ回って独楽はフランスへ、
そして回り廻って高野山へ。
作家・夢枕獏さんのロングセラーシリーズ陰陽師の2014年は、-蒼猴ノ巻- 。
書評のレベルにはほど遠く、出会いの感想文のようなものですが、
「音」と「読み物」の愛らしい関係を書いてみました。

そして今年、巡りの先にあるものは、開創1200年を2015年に迎える高野山にて、
朗読コンサート。
皆様の来山を心よりお待ち申し上げております。

文藝春秋のサイトから読むことができます↓
http://hon.bunshun.jp/articles/-/2181

baku MCJP
2010年パリ日本文化会館にて「陰陽師を通してみる日本」講演会にて

高野山フライヤー_07finOL表
2014年5月30日17時 高野山金剛峯寺にて

Commentaires

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil