Archive pour 時勢 circonstance

アキ・カウリスマキ Aki Kaurismäki 監督による、       »Le Havre » -ル・アーヴルの靴みがき-

フランス、大西洋に面した港町、Le Havreに象徴されるものとは。

一に港、 二に漁港 三四がなくて….

 

人類が舟というものを作ってから、航海の始まりの町として、

人だけでなく「物事」の 交流としてなりたってきたLe Havreは、

現在、「航海人」は、「移民」になり、

法の元で各々の人生が左右されている。

多いに結構、”移民”を使ったアピールをどんどんしてもらいたい。

世界の現状把握として。

アフリカ(ここでの一括りの感じ、がいかにもだけれど)から

コンテナに乗って密入国をする 大家族が、

ある日ルアーブル港のコンテナ置き場で、

赤ん坊の鳴き声によって発見されるのだけれど…

世界の現状を、アキ・カウリスマキ監督がそれを見逃す訳はなく、

2011年に、Le Hevureを撮ってしまった。

いつ=2011年。

観てのお楽しみだけれど、 粗い映像、音の軋み、ディテールの古さ

(あめ玉や、cafeのカウンターに置かれるゆで卵、当時流行ったミュージシャンのLP、etc…)、

それが、 ユーロ札、2009年の恐慌がTVから流れるニュース、

70年代のシトロエンの後ろにブルーのBanque Populairの看板!

が目に飛び込む瞬間まで、 今を生きる私たちは、まんまと彼に騙されます。

 

覆い隠した現実は、今も淡々と生き続ける問題。

どこの国も、 どこの家庭も、

そしてどの人間にも、問題は、あり続ける。

それを、どのように捉えるか、が、人生なのかもしれない。

不法入国をした家族の少年を、無事イギリスまで送り出すに必要な資金収集のために企てた、連帯コンサートに、実際の(往年の)歌手 Littele Bobが登場する場面は、

ある種の »支援コンサート »とは一線を画す、必要に迫られた、具現的連帯。

至るとこに生きる象徴がちりばめられたこの映画、好きだなあ。

(アフリカの少年の父親を探すのに辿り着いた収容所で、「私はアルビノの家族です」と嘘をつくとこころ!!)

Image de prévisualisation YouTube

 

 

勿論、フランスから世界に輸出される戦争兵器は大凡この港から旅立つことをわすれてはいけない、

それも人道をスローガンにするフランスから。

 

Commentaires

Poulenc プーランクの春

サティ、サティと騒いでおいて、もちろん今も興味の範囲と実演と

継続しているのだけれど、時に寄り道ちょっと6人組にはまってしまって…

プーランクのバイオリンソナタが、五嶋みどりによる演奏が、断然いい。

ローテーションはかれこれ2週間目に…

気迫はスピードに、ビブラートはエレジーを超え、

音はただただ、舞い飛ぶ….

 

パリも陽気が幾分かよくなって、皆テラスに陽を求める姿は、

まさに啓蟄。

ミモザもそろそろ花屋に、風信子は芳香に満ちて、

香りをただただ、放ち飛ぶ…

 

プーランク、当然演者によって楽曲の印象はどうにもなるし、なってしまう。

即興、楽曲自体も演者の責任になる、という自由さ。

前者が舞い飛ぶ音だとしたら、

後者は放たれる音、

いずれにせよ、草木萌動、わくわくするような

音を聴きたくなる、季節になったということ。

 

ざわざわと 心ざわめく春きざし

 

 

 

Commentaires

完成間近

約半年間の産みの苦しみにて、

映画 »De l’usage du sex toy en temps de crise  »

の完成間近となり候。

テーマソングをKyで担当し、歌入れを終え、試写室にて。

歌詞はとてもロマンティックな…!?

といっても、映画のタイトルがセックストーイですから、

なんというか、その。。。

 

社会批判盛りだくさんのこの映画、この時代に珍しく白黒なのです。

そして過去に撮影したドキュメンタリー映像の部分にはカラー。

 

技術が進歩した結果、僕らは何を得たのだろうか。

平凡社から出ている、

「くらしのこよみ」の中で云われている通り、

ものの進化を喜ぶのではなく、

自分が進化することを喜びとしてみる。

 

映画の中でも出てくるセックストーイ。

笑い溢れる監督は、ケルト文明で使われたセックストーイのレプリカを、

見せてくれたものです。

 

完成間近 dans 時勢 circonstance IMG_0498-300x225

セックストーイを使って変わらぬ営みを続ける人間…

プリミティブ、ってそういうこと。

 

 

Commentaires

中村汀女の世界

女流俳人の中で、特に好きな中村汀女。

まだまだ初心者に毛も生えていない私が、誰が好き、誰それが良い、

などと言える立場ではないけれど。

 

旅淋し 汐満つ音と 春の星 (汀女)

 

パリは小寒、外は−7℃。

いよいよ身体の軋みも心の軋みもこれからが勝負。

 

満つを待つ  寒三日月は  愁い時   (麻紀)

 

 

Commentaires

コデイン、モルヒネ、パラセタモール

頸椎激痛は日に日に増し、

しかしどつぼにはまること回避すべく、

処方された痛み止めは。

コデイン、モルヒネ、パラセタモール、

得に微量ながらモルヒネの副作用、

眠気、はすこぶる反応が早く、一日中flotter、かな。

 

ところでこの

コデイン、モルヒネ、パラセタモール、

というフレーズ。

唐木三大銘木の

紫檀、黒檀、鉄刀木、

シタン、コクタン、タガヤサン

に似てはいませんかい?

 

いずれも唐から渡来のような気がしますが。

 

 

Commentaires

ヤン・ルマッソン監督 Yann Le Masson 逝去

亡くなってしまった…

ただただ虚無感。

昨日アヴィニヨンで葬儀が行なわれ、ペニッシュに生活してきた彼は、土へ戻った。

皮肉にも、今回音楽で携わった映画「De l’usage du sextoy en temps de crise」内には、

監督がLe Massonの助手の時の思い出が撮られている。

そして、死去の知らせを受けたのは、エンディングの歌入れがKyに決定したすぐ後…

 

「Kashima Paradise 鹿島パラダイス」の話を、

したかった………………

Commentaires

Boris Vian ボリス・ヴィアン@ BNF パリ

Boris Vianの世界は、既に日本で鈴木孝弥氏によって、現代の目で紹介されているところ。

そして現地フランスでも注目の的となり、国立図書館でのエクスポジションへと。

素晴らしい展覧会。

彼の文章を、音楽をそのまま展示会場に散らばめたユーモラス溢れる、雰囲気。

彼の作ったシャンソンを電話の受話器を取って聞く、

シャワーから聞く、

パーマをかけながら聞く。

ちょっと想像し難いかしらん。

それにしても、来客数の大半が、ご夫人方、というのも興味深い。

もう一つ、彼が ville d’Avrayに生まれた、ということ。

’62年の映画、原題 « Les Dimanche de ville d’Avray »

「シベールの日曜日」の舞台となった所ですね。

ちょっとブルジョワのにほいのする、青春期を送ったことでしょうね。

 

虎落笛 ラッパの音かな ジャズの町

 

Boris Vian ボリス・ヴィアン@ BNF パリ dans 時勢 circonstance Boris-Vian3-225x300

 

 

 

 

 

 

Commentaires

Pâtisson パティソン

これまた不思議なお野菜を食す、とします。

かぼちゃのような…でも、野菜の種類としては瓜なのだそう。

キャティ女史によるミニ料理講座とでもいおうか、いわゆるレシピのエシャンジュで覚えた料理。

食傷気味の私には、グラティネよりも、葛餡をかけたほっこりした煮物、にしたかったけれど…

 

Pâtissonのグラタン

パティソンを丸ごと蒸して、中身をくり抜く。

再び中身を皮の中に詰め、ベシャメル、鶏またはひき肉のファルシ、フロマージュRâpéを散してオーブンに。

といたって簡単。

 

Pâtisson パティソン dans 料理 cuisine IMG_0332-300x225

Commentaires

元旦は、Inter FM ワールドミュージック・クルーズ

フランスは今、どこで誰と話しても…

「今度の選挙、投票する?」

に尽きています。

2007年から今日まで、あっという間でしたね。

大統領選が終わったあの日、暴動になると思いきや、静まり返ったパリの街。

それは落胆とも失望とも云えぬ、「無気力」なる表れでしょう。

この5月、どうなるのでしょうか…

元旦の夜8時からは、関谷元子さんがナビゲートする番組、

「ワールドミュージック・クルーズ」にて電話インタビュー+Kyの曲。

パリの模様をお届けしますので、どうぞお聞き逃しのないよう。

 

 76.1 FM World Music Cruise

 

元旦や 郷国日の出 時差八時

 

 

Commentaires

セルビアから、小さな抵抗

 

セルビア、と聞くと何となく、「ユリシーズの瞳」の風景を思い出す。

 

年に一回Jazz Couleur と銘打って、ピアニストのBojan Zがディレクターとなって催される

ジャズフェス(というよりもサーキット式のコンサート)は、今年からセルビアも参加。

4月に一緒に演奏したマケドニアのミュージシャンの、強いお酒を浴びながら(ちょっと大げさかな)

24時間演奏踊らせるためのリズムが強調されたそれとはちがった赴き、とでもいうか…

 

その会場となったセルビア文化会館の所々にちりばめられた、いわゆるパロディは、

受け取る者にもよるけれど、”アメリカ »という国へのレジスタンス的意思が読み取れる。

映画監督アンゲロプロスが言う様に、アメリカの一方通行的物事の進め方、

そして世界がどのように回っているか掘り下げて知ろうとしない国民がギリシャをはじめ、

セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、はたまた日本…を支配する要素は、

日常のこんな小さなマークなのかもしれない。

この2,3年でパリにできたスターバックスの数を数えてみましょうか?

仰天。

セルビアから、小さな抵抗 dans 俳句 haiku IMG_0311-150x112IMG_03081-150x112 dans 時勢 circonstance

そういえば、Nayの先生イズマエルは、トルコ人というけれどもオリジナルはセルビア人。そして本当は何々人とは呼べないくらいに、複雑な歴史を辿った民族だと思う。その金髪、そして淡いブルーの瞳を思い出す。

 

月冴ゆる どの国からも 眺めおり

 

 

 


Commentaires

グローバルという名のエイズ検査

12月の赤道ギニア行きは2012年2月に繰り越し、となり。

慌てふためいての査証申請に必要な、

« 犯罪歴証明書 »と、

« エイズ検査書 »を求め、

県警本部と果ては随時エイズ検査可能な医院を求めて京都まで行く、

という自体も無意味となったかな。

京都花街の、ど真ん中にタクシーで乗り込み訪れた医院では、

「あの、どういった理由でエイズ検査をしにここへ来られたのでしょう…?

ここに来る方は、露、中…たまに…なんですが。」

 

その説明をするも、7千円払って手にした検査書は日本語なものだから、

パリに到着後すぐさま

結果のわかっている同じ検査をするためにHopital st.Louisへ。

 

過去の病気、アレルギーの有無、ヘテロセクシュアルからホモセクシュアルであるか、

はたまたその行為の具体性…などなど。

質問用紙にこたえていくわけだが、

お医者様と対面での質問

「なぜここに来られたのですか??(=来る意味があるのですか?)」

その質問をしながら紙上を指差した場所は→

« 最後にした性行為 »、またはその »相手との期間 »などなど。

来た意味は前述の通り、指差した部分にどう答えたかは置いておき、

血液を採取、尿検査。

待合室で待てば、周りから聞こえてくる言語は、中、中、中……

そして手に取ってみるエイズ予防のパンフレットは、中……国語。

 

18区に住んでいたあの頃、毎日23時を過ぎると、

大通りに医療機材を積んだトラックが停まり、

黒人の女の子たちがどこからともなくそのトラックに乗り、降り、

そしてまた所場に戻って行く、という光景を目にしたなあ。

 

ちなみに、ここフランスにおいてはどこで検査をしても、エイズ検査は無料。

そして毎日実施(土曜日も)。

日本は、無料の保健所があっても、曜日が決まっている(月に2回しかないところもある!)、

時間も午前中だけ、とか。

いいのだろうか….

 

グローバルの波は、経済だけではありませんぜ。

 

 

 

12月1日は、世界エイズ予防デー。

そして今年2011年はエイズと人類が闘い始め、30年目になろうとしている。

グローバルという名のエイズ検査 dans 時勢 circonstance IMG_0312-150x112

Commentaires

1...45678

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil