Archive pour 時勢 circonstance

チョコレートの思い出も

手袋をして黒服を着て大層な付加価値を着せてわたしたちの口に届くチョコレート。
スイスやベルギーのチョコレートを語る輩を前にいつも思うのです。

「原料のカカオの実がなる畑、空、収穫する人々の表情への想像力は…」

搾取ではなく、原料が、ある錬金術によって人々を魅了する食べ物になるに当然の対価としてチョコレートの存在はあるのですが、それでも、少しの想像力と共にカカオの存在を口に入れることによって、世界とチョコレートを食べるわたしたちがその瞬間同期できるといいな、と思うのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メゾンドショコラはわたしにとっていつも思い出の中にある。
限定「キャビア入り(しかもペトロシアン)ショコラ」はウォッカのミニボトルも入り。箱の装飾はもちろん鮫肌!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
日本人チョコレートバイヤーの目ざとさったら。NHKで紹介されていたそうな…こんな田舎まで買い付けにくるとは。
Vannesの市場内にある絶対的にアートなチョコレートles nenettesは、中学教員をする友人の生徒であったMme.Cardonによる。

IMG_8342
「生産者自らが勝ち取るフェアトレード」をかかげるDARI-Kは京都から発信するチョコレート革命。

IMG_0018
元祖Bonnatはティム・バートンの映画「チャーリーとチョコレート工場」のスタッフがアイデアをもらった老舗。
ペルーはクストの小規模農家を渡り歩いて買ったカカオの貴重な板チョコ。

IMG_8343
最後はコンセプチュアルなパトリック・ロジェ。パリにあるブティックはおおよそチョコレート屋さんとは思えぬ佇まいです。

春日和クスコの味に笑み溢る

Commentaires

編集の鬼、錦百合の香放つ

Ce qu’on appelle raison de vivre est en même temps une excellente raison de mourir.
私たちが呼んでいる生きる理由とは、
同時に死ぬためというすばらしい理由でもある。
Albert Camus  アルベール・カミュ

IMG_8160
言葉編む今日発ちし人へ錦百合

百合が折れてしまい、水にさせば花開き、開いたその朝、膨大な書籍、人文書
訳本を世に送り出してきた編集者の、訃報が届いた。
季節は風信子(ヒヤシンス)。

香りだけは、追憶に寄り添ってくれるだろうか。

Commentaires

春は山から、ほんの少しの笑みを

南米のギター、歌。言葉のイントネーション、メロディーのアーティキュレーション、リズムとアクセントのバランス。
どれも魅惑的な要素に溢れています。
ただ、真似という方法でそれらの楽曲を演奏することに懐疑的にならずにはいられません。
ただ、もし奏でることが可能であるならば、それは一度自らの同一性を凝視し切り込みブリードの覚悟という意識を経てからということになるでしょう。
硬いことはさておき、ゆったりと、寒暖の境界、立春をお過ごしください。

2020年2月4日立春のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-202024-%E7%AB%8B%E6%98%A5/

IMG_7714
山の中にいると、それ自体を忘れてしまう。

IMG_7738
いつも移動の中に思想の発端が生まれる。

IMG_0627
緋桜や冷静たれと微笑みぬ

Commentaires

破急風光帖 il faut être radicalement humain

百合の開花は初夏。しかし、うれしいかなかなしいかな、
ただ今現在いつでも百合を手にいれることができるようです。
パリ左岸の花屋にて、ある人のために買った百合をブーケにしてくださったのは日本人の女性でした。

ピナ・バウシュへ薔薇を捧げ、ある音楽家との対談ではその日キャンパスに散った銀杏の落葉を舞台に敷き詰め迎える。
数多ある著書を世に出しつつ、ご自身がプロデゥース(この場合は編集ですが、敢えてこういいます)する「午前四時のブルー」なんて冊子をだすあたり、これが実践する哲学者。
わたしにとっての小林康夫さんとはそういう方。

「恋の不思議や、気高さや、心のくるしみ、心のよろこび、わがからだにあふれきて・・・「悪縁なれど」、恋ぐるひ、ああ、Mysterioso!」
なんて言える哲学者、すてきですよね。

来る2月2日、やはり左岸のギャラリー通り Rue Seineでは氏の詩と絵画の展覧会があるそうです。

Dimanche 2 Fevrier 2020
La galerie Olivier Nouvellet
“D’eau et feu”
Texte de Yasuo Kobayashi
Peintures d’Irene Boisaubert
19 rue de Seine 75006 Paris -de 15h a 19h-

IMG_6240 2

IMG_0259
パリ4時の厳寒明けぬ闇の中

小林さんの面白いブログはこちら。
タイトルも徹底を貫いている!
https://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/hakyufukocho/
破急風光帖-il faut être radicalement humain-(徹底的に人間であれ)

Commentaires

自己の中に他者をみる

他者との関係性の中に、エゴを排除する闘いに挑んだ人物。
レヴィ・ストロースを師とし、マルセル・モースを祖父とした人物。
1月11日、真島一郎さんによる講演、ー「闘い」の方法をたどる感性ー。
もうね、A3版10頁ですよ、レジュメ引用、注釈が…
そこには、故人への静謐なリスペクトしか感じられませんでした。
声が詰まっちゃうよね。嗚咽しかでないよね。
でも彼は最後まで「火のエネルギー問題」に至るまで、話しきった。
しかもサンカラとルムンバを引用して。
chapeau(脱帽)。
リスペクトとエゴとの対話は同義します。

「詩」というものは本来
人間と神様の帳尻を合わせてくれる音であろう
(プリミ恥部)

IMG_7143
猿、いや動物に触れる手って、柔らかいのよね。

IMG_6875
触れたくも触れぬ距離にゐる雪催

Commentaires

年迎へどこにゐようと生きている

2020年1月上弦のopenradioの放送は、こちらから
hhttps://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-2020-%E4%B8%8A%E5%BC%A6/

IMG_6743
ぬくくして主人なき家炉の近く

IMG_6755
南仏の影を纏ふて冬薔薇

IMG_6970
名の知らぬ行き交ふ冬の鳥とゐる

IMG_5869 2
鳥瞰図我が目で見ひる富士の山

81595973_2952540018089744_3535115971347873792_n
年迎へどこにゐようと生きている

Commentaires

Tu connais langage des fleurs de « Pois de senteur »?

北半球6月の畑には野生のスイートピーがまあ旺盛に枝を伸ばしていました。
可愛らしい実を晩夏の頃に取っておこうなんて考えていました。
なんていったって »Pois »というくらいだから、そう、この花は”えんどう豆”の類。
豆は、種になる。
種を種として保存する一仕事。
もちろんとってあるけれど、さて、ではこの春3月、どこに蒔けるのかな。
スイートピーの花言葉を知ってしまったからというもの、花の存在に悲しさを感じる今年最後となります。

Le Départ 門出
La séparation 別離
Le plaisir délicat ほのかな喜び
La mémoire tendre 優しい思い出
Le plaisir bienheureux 至福の喜び

IMG_6819 2
駅構内でふっと目に付いただけだったのに。

IMG_0166 2

IMG_6878
薄色の三日月残す年の瀬や

Commentaires

誰が世界を翻訳するのか

これは2005年に人文書院から上梓された真島一郎さんによる編著のタイトル。
そして、金沢21世紀美術館での展覧会のタイトルでもあります。

 観察、他者、遠近の眼差し…
レリスが試したように、レヴィ=ストロースが神話論理という方法で思考を実践したように。
生きる実践の中で、ミクロの世界をマクロと同等に、いやそれ以前の一体となり響きあうポリの世界を、僅かな変容にも繊細な気を使いながら他者を観察した先達。
ここでは言語の問題が必ず付きまとう。
「神話は、けっして自身の言語に属しているのではなく、他なる言語への一つのパースペクティブなのである…」

では言語を同じにする場合の観察とはどうだろう。
都市の者が辺境に向かうという偏差はあるにせよ、その言語的一体感が観察者に類としての原動力を付加する。
観察者として切り取って見せる写真や言葉が何か身体の奥に響くものであるようなのは、その眼差しの根ざす場所が己にも通底していることを教えられるから。例えば、岡本太郎であり、宮本常一なのかもしれない。
外からでなく、中からの観察に挑むという実践をする者に、わたしは憧れる。

IMG_6826-1
神話論理を制覇した後に生まれる考察の愛情深さ。

IMG_6628
と同時に想起したのは、ボルタンスキーの展覧会 Faire Son temps (英題:Life Time)

IMG_6632
会場自体がひとつのインスタレーション空間に。この空間にいる他者とはだれなのか。

みすず書房からの新訳版「人種と歴史」(L=Strausse)

https://www.msz.co.jp/book/detail/08850.html

IMG_6121
今秋上梓されたできたてほやほや「われらみな食人種」(泉克典訳)

457716
平凡社ライブラリー入りした2009年の傑作
「闘うレヴィ=ストロース」(渡辺公三著)

Commentaires

住所不定の特典

定住所を持たぬ利点はいつでも動けること(あるいは動かなければいけない)。
不利は花を生けても愛でる時間が少ない。
それを誰かのために残すもよしだが空っぽになった家に花が残るのは心苦しいもの。

これからまたスーツケース一個と楽器との時間を過ごすことになる予感は
吉とでるか凶とでるか。

IMG_6694
畑にあるこの時期唯一の色を

IMG_2754
花は、身近にあるものを摘む、あるいは切って失敬、いただき今日の心へ。

IMG_4678 2
冬薔薇の比例せず色残るだけ

IMG_6240
百合は冬には咲きません。
鉄砲百合その多くが、沖永良部で咲いている。

Commentaires

命日や忘却彼方冬落暉

 モンパルナスの墓にはマン・レイにザッキン、ブランクーシにブラッシャイ、カストリアディスにソンタグ、あるいはゲンズブールが眠っている…..etc
トリスタン・ツァラの隣にセサル・バジェホの名が。
彼らの出自、オリジナルは「外国人」。
フランスという地に生き、フランスを生きた人々。
つい先ほど逝去されたヌーヴェルヴァーグのお姫さま、
アンナ・カリーナは、デンマーク出身だったのか。

今一度フランス共和国とはなんなのか、考えたいのです。
国民と呼ばれる一人一人にどんな権利があり、どんな義務があり、国を構成する人員であるにはどのような行動が必要なのか。
能動的でいなければならないことは、間違いないようです。

あなたは、どこに生きたかったのですか?
2019年12月19日下弦。100回目を迎えるopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio20191219-%E4%B8%8B%E5%BC%A6/

73409157_2541750719273191_5696681142074212352_n
(Photo:S.SASAKUBO)
ジャック・シラクの眠りにあるパレスチナの男性がコーランを詠む姿。
シラクがパレスチナ擁護派であったことはご承知の通り。

IMG_0332
菊は墓地の象徴。

IMG_0131
12月はアマリリスが、いいね。

IMG_6472-1
冬薔薇心と比例しない今日鮮やかさだけ世は師走

Commentaires

車窓は心象を写す

旅の移動に現代社会必須な乗り物。
それは飛行機でもリニアでもありません。
電車。
ブルキナファソはボボデゥラッソとアビジャンをつなぐ列車を見たときの感動。
秩父の蒸気機関車の音に萌え、確かベトナムだったか、名鉄電車の払い下げの真っ赤な車両を見たときの驚き。
人々は移動するために電車に乗るのですが、
時々、ただただ車窓を眺めたいだけに乗る電車も、あるのです。

79732858_2760329773989217_6921513962722820096_n
(photo:S.Sasakubo)
詩人César Vallejoの面影を求めフォンテンヌブローへ行く電車はパリ・リヨン駅から。

IMG_1452
生きる地の息を数えて冬の霧

IMG_6155
夕暮れが夜に落ちたらKawecoの万年筆で日記を少し。
車窓への想いを書くほど馬鹿げたことはない。

Commentaires

満月の夜、空飛ぶ絨毯 Le Tsapis Volant

ピアニスト、その名はTsapis=フランス語の発音で彼の名前は「絨毯」。
ギリシャとフランスの血をひく彼のピアノの音は縦横無尽に空を飛ぶ。
発表されたばかりのこの作品の白眉はなんといっても「オリエンタルピアノ」
を使用しているところ。

このピアノの話をするにはとっても時間が必要となります。
それは、音楽というもの、ピアノの歴史、人々の歴史、移動、変容をも含む人類の音の世界のことだからです。
河出書房から発売されているマンガ「オリエンタルピアノ」をぜひご一読ください。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309277714/

アラブ音楽は微分音の存在を抜き語ることはできません。
音楽は平均律で構成されていると洗脳されてきたわたしたちにとって、このオリエンタルピアノは、世界が黒と白だけではないことを教えてくれます。

ステファンの作りたかった音世界とは、ジャズだとか、アラブだとか、言葉だとかで片付くものではなく、
わたしたちが音楽に聴き惚れてしまうそのマジックを彼なりの方法で提示してくれたのです。

彼の楽曲を歌う魅惑的な女性たちの声、呟き、響はこのアルバムの中にしかない融合があります。
だって、考えてもみてください。
トルコ人、ギリシャ人、シリア人歌手が一緒に歌っているのですよ!

今回はステファン・ツァピスの新旧作品をたっぷりとお楽しみください。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-20191212-%E6%BA%80%E6%9C%88/

IMG_5137
今宵満月は本の中で会いましょう。

IMG_6607 2
CDとLPの二作同時発売コンサート

80042710_2745798502155349_6561345371149172736_o

IMG_6590 2
今回の演奏はラジオフランスで2020年1月4日放送されます。

IMG_6605 2
日本ではdisk unionで入手できるそうですよ!

https://diskunion.net/latin/ct/detail/1008018558?fbclid=IwAR3A-Ki-XasKbxsIhP38d9UStblenJY7Rhlwfa9wnEeu8h1AyuE6LHoti84

9784309277714
河出書房新社 オリエンタルピアノ 
著者はレバノンのアーティスト、Zeina Abirached

Commentaires

スタジオまで徒歩1時間30分 ースープの力にたよるー

フランスの年金改革に反対するストライキ5日目続行中!
いやはやタクシーは予約もできなければ乗り場もスト。
道端で偶然に見つけるしかない。
発見済みのTGVの切符も発車しないとのこと。
地下鉄は無人稼働1、14番線以外は全滅。

歩くしか、ない。
歩く始源。
歩く喜び。
車道と歩道の極を後ろを見ながら歩く。
楽器を背負って我ロバになる。

パリジャン、パリジェンヌ皆、歩く。
排気ガスの中を、歩く。

歩き疲れた足をよっこいしょ。
疲労困憊でも、ひとつの野菜をスープにする力を振りしぼって、
明日生きるための食事とする。

IMG_6575
歩く歩く、みな歩く。タクシーは真っ赤!

IMG_6576
車道も歩道も帰宅時間は大渋滞。

IMG_6578
今年もかぼちゃの出番です。

IMG_0238
今年も種から蒔いたバターナッツが収穫できたと。

IMG_6551 2
街角ではスープコンペティション。
ストでも笑顔を忘れずに!

79152692_424709651743012_4221388089538379776_n
みんなスープで温まろ!

名の木枯る間の間に見入る吐息かな

Commentaires

季節の色は黄色と白

白は霧、あるいは霜。大雪迎える今日、師走に向けてアマリリスの白も気になりますが、自然に呼応する白い花を侘助にみる。
日本であれば大根干しとなるのか。
カリンの黄色と森の木漏れ陽を浴びる枯葉。
光をまとう黄色のなんとも切ないこと。

IMG_0084
だれかの庭になるカリンをいただく喜び、それを加工して保存する喜び、そしてだれかに差し上げる喜び。
これが、贈与の循環。

IMG_0562
フランスでは山茶花も椿も語彙としてカメリアになってしまうのか…
侘助であってほしいの願うところだがこちらどうやら山茶花かな。

IMG_6360
大気を靄がまとうこの地はどこでしょう。

冬霧や先見へぬままどこへ行く

Commentaires

ブルターニュは地の果て、ストライキをものともしない

都会、人が人の中で生きる限り、自然破壊は日常の中で意識せぬまに進んでいる。
自然の贈与を意識させないのが、都会に住む条件なのかもしれませんね。
今どこにいるのか、というのは全く問題ではなく、
目の前に刻々と現れる情景にどう反応するか。
自然の贈り物にどう反応するか。

おっぱい島やら、海女さんの島やら、ヨーロッパ大陸西の果てにあるのが、ブルターニュなのです。
そこには、人との関係性以前になぜここに生きるのかという問いと、自然との対話があります。

IMG_0166 2
いずれにせよ、SNCFもなにもかも動いていない。
パリのざわめき、田舎の静寂。

IMG_6418
とはいいつつも、リハーサルはパリ市があてがってくれるスクワットのスタジオで。

IMG_6420
女性コーラスはトルコ、レバノン、ギリシャになぜか日本人…

IMG_6417
Frigot=冷蔵庫という名のスタジオ。

IMG_6454
サイゴン出身のお父さんはわたしの生徒さん。

人が居て去る場所は今日冬時雨

Commentaires

ヤマウズラ

ぶどうの収穫も、キノコの収穫も終わり、畑にはポロネギが少し残るのみ。
ジビエはといえば、今からうまくなる猪横目にかわいらしい
ヤマウズラを調理するとします。
ちょっと淡白になるがゆえにラードンの薄切りを巻いて、
じっくりとココットで火を入れる。
教えてくださったのは映画編集の生業にするキャティさん。
一人の生活にもこうやってつくる喜びを保つ彼女に、脱帽するのです。
ノマッド生活でもごはんをつくる時間があるだけで、生きることをあきらめないでいいのだと感じるものです。

IMG_6096
ささいなこんな作業で肉の味は一段と旨味を増す。

IMG_6105
フランスではちりめんキャベツを使うところだが、ところがどっこい白菜が、合う。

IMG_6118
今回はBeaumes de Veniseの爽快な赤を。

IMG_6306
こういう料理には純粋にCote du Rhoneが合うと思う。

IMG_6295 2
Valenceにはうまいレストランが多々ある。
このchapelleは、その名を「旅する者のチャペル」という。

Commentaires

ノマッド、パリ、生きるは続く、どこへ行く

SNSで起こっていることは皆リアルタイムと信じているようですが、
実のところそれがどうにもこうにも次元を超える作用で操作できる怖さ、であることに疑いはないのでしょうか。
意識は感覚。
感覚が鈍くなるということは、情報やら文字やらに依存することのようです。
詩には、現次元は必要ありません。
なぜならそれは普遍であるから。
それでも、 »言語 »という壁はあります。

IMG_6195
今年最後の収穫は、小さな大根となりました。

78450879_555152121947571_7429659484907110400_n
Vallejoの詩は、普遍そのものです。

IMG_6141
まあ、これがわたしの全財産。
スーツケース一個、楽器二個、ロバのトートバック。

濃い音の楽譜をさらひ秋惜む

Commentaires

心の重力、悲しき幸福 -la Pesanteur du cœur, Tristes Bonheur-

すっかり暇をいただいていたopenradio。
ラジオファンのみなさんに、各演奏会場でお目にかかれうれしい限りでした。

目眩くる日本滞在のその一日一日に翻弄され、
しかしいつもそこには音楽がありました。
明後日新月を迎える前に、音楽を聴きたいという抑えられない欲求のもと、反則ですが、今宵openradioを放送します。
これからまた始まるノマッドな生活に、ちょっとこんな音があると、心の重力がストン、と少しするかもしれません。

そう、今の心境は「悲しき幸福 Tristes Bonheur」なのかもしれません。
Mixcloudでの試聴は
hhttps://www.mixcloud.com/makinakano/openradio20191125/

openradioオフィシャルサイトは音が聴けないかもしれません…
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2019/11/25_xinno_zhong_libeishii_xing_fu.html

IMG_6080
パリは黄昏16時、外気6度。
CDG空港は帰るところか、あるいは出発の意味なのか。

IMG_5830 2
新名神からみえる、鈴鹿〜甲賀の里の姿が好きなのです。

IMG_0144
花のない生活なんて考えられないのです。

IMG_5406 2
煙草百害あって一利なし。

鷲翔べば重力行方消へゆきぬ

Commentaires

動くほど死のリスクは高まる、動かないことで死は目の前にあらわれる

移動ビンボーの果ては、奄美大島から喜界島のウフヤグチ鍾乳洞に女二人。
この入り口は、間違いなく風葬の場であった。
石灰岩の地層はものみなの死と時のために在り続ける。

今福龍太さん主宰の自由大学では10年ぶりの再会人や摩訶不思議なつながりの連続。
移動するもよし、ある場所に佇むもよし、樹が、水が、風があればそれでよし。

« 失うという現実には「幸せのオマケ」がある »
という台詞で終わる映画はなんだったか。

幻想のような日本の滞在に句点。
どの空間が現実なのか、めまいのする移動人生。

IMG_6044

IMG_5968 2
喜界島の母さんたちが作ってくれた「花良治みかん」のおやつ

IMG_6074
黄昏の桜島

IMG_6019
奄美の奥へ

IMG_6123
11月20日発売(創元社)

秋の声遠のくほどに近づきて

Commentaires

今宵十六夜 De qué estás celoso?

小さな世界にいるという自覚がなくなることはいいことだと思います。
なぜならその範囲での幸福を味わえるので。
それを味わえない場合外に希望を抱きますが、それは幻想です。
今いる場所を認識するということでしょうか。

IMG_5121
鶴岡のうまいビストロBlackbird Marketの床

IMG_3003
時を刻む壁

IMG_3493
見覚えのある我が家の洗面所。

IMG_4165
近所の漁師が釣った魚に、ちょっと愛情をかけるということ。
マリーゴールドは我が家の庭で咲いたものを

IMG_0643
そろそろ暖炉に灯を、柿を食む時期

おもろふてやがて悲しき過去の鷲

Commentaires

ー秋は今ー

旅とは、非日常の連続かもしれません。
では日常とは何なのでしょうか。

奥の細道という旅で、生のなんたるかを体現した芭蕉の密度は今、
次元やらを飛び越える時代です。
電車で、車で、そしてインターネットで可能にしてしまう、次元。
と同時に本能的感覚を置き去りにしてしまっているそれは、
詩心で保てるかもしれません。

一筋の煙草の煙秋は今

IMG_5561
佐藤のおばあちゃんはいっつも野と戯れている

IMG_5494
雲海午後16時はだれを待っていた

IMG_5543
朝霧そうここは桃源郷

IMG_5531
原生林の中にある湿った色気

Commentaires

叫ぶ身体、怯える心 -残り2公演-

 KyのYann Pittardが病の現状をおし、身を削って日本へきてくれた理由。
それは、10年前に夢見た沢村豊子師匠との共演の実現、
そしてKyの相棒としてのわたしへのレスペクトだといいました。

羽田空港で号泣した彼は、叫ぶ身体、怯える心を抱えた昨日、残り2公演を残し羽田からフランスへ飛び立ちました。
シャルル・ドゴール空港から直接病院へ。
いままでKyを支えてくれたことに、心から感謝します。
そして、いままでKyの演奏を聴いてくださった皆様にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

残り2公演「河口湖Mt.Fujiジャズ」と「静岡 喫茶ういんな」の公演には、
ギター奏者の笹久保伸さんが助っ人として演奏してくださることになりました。
皆様のご理解いただけますよう。

IMG_5474

IMG_5473

IMG_5394

Commentaires

ヤン・ピタール

ご心配かけるつもりではないのですが…
9月の入院以来ドクターストップがかかっているにも関わらず
来日してくれたヤン・ピタールの今後日本での演奏の見通しは、ございません。
群発頭痛、そして肺疾患の完治が訪れることを祈るのみです。
今回の公演が日本公演最後とならないことを願いつつ…
皆様、ヤン・ピタールの演奏を聴きに来てください。

_MG_8302
photo:Tsunehiko Takakuwa

10月29日(火)「金魚夢幻 Ky presents シャミウード」
@神楽坂赤城神社 18:30 開場 19:00 開演

出演:沢村豊子(三味線)× ヤン・ピタール(ウード)
× 玉川奈々福(浪曲) × 仲野麻紀(サックス)

木戸銭:前売り3500円 当日4000円
問合せ:contact@openmusic.jp.net 080-5067-6877
予約=https://kingyomugen-ky.peatix.com/view

10月30日(水)
「眠りたくない子供のための音楽会 vol.2」
open18:45 start19:15
adv.2800 door3300 (+drink order)
PYN(ヤンピタール oud,vocal 吉田達也 dr,vocal ナスノミツル bass,vocal)
吉祥寺シルバーエレファント(0422-22-3331).

Commentaires

熊野新聞ー神倉神社

こんなにも交通の便がよくなった時代において、どうやってもその地にたどり着くに時間を要する場所があります。
根源的地の俗と神聖。
ひっそりと、だあれの干渉もなくただただ在る磐座の姿。
山に聳(そび)えでたそれの後ろには御嶽、前に太平洋。
その先には何があるのでしょうか。

この山、河、海の線上にある、熊野新聞。
地域性に普遍的デザインの面白さをウインクしながら加えるスタイル。
社屋一階はなんと印刷室。
あの新聞特有の匂いにノックアウト。

ローカルを誇示するでもなく、世界遺産に浮かれるでもなく、絶望的現実に人権のなんたるかを生活の中に取り入れている街。いうまでもなく、そこには中上健次の姿があるのです。

IMG_5313
八咫烏が埋め込まれた独特なフォントのセンスに唸る。

IMG_5312
ポスターの写真は、本宮出身のジャズ喫茶オーナー・写真家、中平穂積さんのもの。

74531971_455095102028244_3797961462987620352_n
インタビュアーはこの地に住むために京都からわざわざ就職されたとか!

IMG_5311
こういうこと

R4016669
磐座の御歳は聞かぬものよ

秋麗に息づく信仰トポス追ふ

Commentaires

3MAという真正・ 富士山-武甲山の共存

コラ、ウード、ヴァリアという楽器三台による3MAというグループ。
各人の国名の頭文字をとったもので、
マリ、モロッコ、マダガスカルとなります。
昨年アフリカラーというフェスティバルで一緒になったこのグループの、
日本ツアーでの取材通訳をやることになるとは夢にもおもわず、
そして千秋楽ではゲストとして演奏。
音楽を聴くという、この世にある最も真正で心がうれしくなる行為を
共にできるよろこび。

IMG_5161
Inter FMでの生演奏。アコースティックの音には敵いません。

IMG_5166
ツアーの移動は大凡車だから、歩くよろこび。

IMG_5279
白み始めた朝5時30の東京からは…

富士と武甲愛でて撫でゐる秋の山

Commentaires

12345...11

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil