Archive pour 時勢 circonstance

インタビュー、枯木灘、ジャズ

そのすべてにおいて、中上自体がジャズだ。
「至上〜」なんてもろコルトレーンで、あ、チェット・ベイカー的破滅的な感じもありつつ。

ソロアルバムの楽曲名はすべて、影響を受けた文学作品のタイトルから頂戴しました。
急遽、フランス語で語りを加えて、いざプレスへ。
何せ一人でこれからCDを背負って世界を回る予定ですから、日本語だけではいかんせん通用しない。

日本へ発つ前に重要なインタビューのアポを取り付け、さてどうなることやら。
ある鬼才的ギターリストを前に何を質問するか、ドキドキが収まらない。
からには葉巻を一服をしておこう。

IMG_7945

IMG_0927

9月29日 下弦のopenradioはmixcloudからご試聴になれます。

USのギター奏者Fred Frith、ナントのhipなレーベル Yolk Record、アルゼンチンのロック、アメリカのブルースロック。
音楽があるから大丈夫、といいたいところですが…あぁ….借金が膨れ上がるばかり、どうするんだよ!!!
来週44歳だぜ!?

01) She don’t know (Melody Gardot)
02) Lony A Y Utca (Matthieu Donarier)
03) The Slighst Siver (Fred Frith)
04) HIV (Color Humano)
05) Hopscothe Horizon (Fred Frith)

Commentaires

まろやかに、刺々しく

暁の中に満月が沈む景に見とれています。
ナントという街でのレジデンス最中、宿舎となるアパートからは田舎でもパリでもない、小ぶりな街独特の光。

2021/9/21 満月のopenradioは、
デンマーク弦楽四重奏が奏でるベートーベン、音の伸縮。
イランの歌手、ペルシャの深み。
ミンガスビックバンドの厚みとハーモニーはジャズ。
キューバのギターはいくつもの夏の場面を。
かなしみもよろこびも、まろやかさもとげとげしさも、Full Moonがすっぽりとつつむような、Open Radio 中秋の名月、満月の、放送です。

mixcloudからご試聴になれます。

01: Full Moon (Eden Ahbez)
02: Derecho Humano (Silvio Rodriguez & Rey Guerra)
03: Aghayede Neo Kanti (Mohsen Namjoo)
04: Please Don’t Come Back from the Moon (Charles Mingus)
05: Beethoven Cavatina. String Quartet op.130 : Adagio molo espressivo (Danish String Quartet)

241520744_4431271346912071_7482156709914184755_n

どことなくどうでもいいと月眺む

Commentaires

旅は-殯-もがりということだった

2021年9月新月。
今夏の旅は意図せずしてブルターニュの海に誘い込まれてしまいました。
その理由をわからぬまま、歩き続けたというか。

今回の選曲には自信があります。
だって、あまりにもあまりにもあまりにも深きことばかりが身の上に起こった中で出会った音楽なのですから。

放送はmixcloudから、ご試聴いただけます。

IMG_8109
摘み揃へ献花の中に晩夏光

Commentaires

Authropocentric – 星と祭-

碩学たる者の美学とは究極の自我放棄だった。
嚆矢としてアルフレッド・メトローをクラストルの『国家に抗する社会』訳書あとがきで語ること。そういう謙虚さ。
そしてAuthropocentricへの懐疑。

さておき、井上靖の-星と祭り-は名著であるが、角川源義の解説がまた泣ける。
悔しいかな俳人の生き方とはこういうものであるか、と。
彼の辞世の句

後の月雨に終るや足まくら

240616764_4943056262377412_5727637313892928241_n
病床に送る月ありこと遅し

Commentaires

バタイユの色気

この4年間、”生きたい” と言葉を放った男たちの死と共にあった。
そして”死にたい”と言う私は今だ生きているという事実に吐き気を覚える。

彼らの仕事は今も輝いている。
書物として、音楽として、教育として…彼らの美意識そのものだ。

241334382_314382240465962_8468085232268365791_n

追ひかけて追ひかけられて夏終わる

Commentaires

実践のための実装

机上の空論、ではなく…
ある論理を放つ者に悪気はないにせよ、実践をともなわない実例を歴史の中で見届けた者にとって信頼できる唯一の事象とは、第一次産業であろう。

水月湖の年稿から得る地球と人類の云々に、ある種の希望をみることはできるが実際の炊き出しに並ぶ人々、あるいはそこで従事する者たちにとっての…あまりにも乖離した”生きる”という事実にかかる金の額に愕然とせざるを得ない。
それ自体を比較する時点で、わたくしの思考回路はヒートしている、という恥さらしであることも否めない。

農業という実践、アートという実践、研究という実践。

80年代から2011年頃まで、哲学・思想を謳った輩は今どんな言葉を発しているのか。
わたしは実践する者しか信じない、が、悲しいかなラディカルに実践した者たちほど、早死にする。

付け加えれば They ware never put the footprint on SNS, that whos (s) i loved…

IMG_0399

240152198_548691203027316_807423576133440908_n

Commentaires

環世界-自我に手を振る

ライアル・ワトソンが語る世界を今、環世界をキーワードで読み解くことができるだろう。
瞬間の質感、臭覚、音質はConviviarityを誘発する。

Conviviarityは夢見るものではない。

240615759_383141236603356_5097278945470691167_n

Commentaires

世界の果てへ、世界の淵へ

もういまや中心には全く興味はなく、それでもいつも一歩先を自然に感知して歩いてきたつもりです。
次のRDVはNZあるいはマオリ語でAotearoa。シェンゲン協定に対してわたしの査証は有効なので、その後はリスボン。
それまでにやることは、 »日本における世界の表象のズレ »(=カリブ文学研究者 中村隆行さんのフレーズを引用)を内包しつつ、冷ややかに旅を進める覚悟そして語学ツールの強化。

道中楽器と共に海の藻屑になれたらそれほど幸福なことはない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その果てに世界の果てに夏沈む

Commentaires

そして海、真名井、神倉そしてブルターニュ

ご先祖様が伊勢志摩の出身だからか…海の女であることは間違いなく、それでも母が育った山郷のあのひんやりした空気を纏う夏。
人生の大切な時間はブルターニュと共にあったこと、そしてこれからも続くことになる、と確信する旅のはじまり。

日本でいう真名井。
命とは水であったという事実に今や目を背けられない。
岩に滴る水、湧き上がる泉、磐座は人目を避けるように佇む。
ひっそりと、ひっそりと生きている空間を次元移動するという試みです。

IMG_0028

221187871_373346644318837_6205299624934516615_n

IMG_0003

IMG_0033

遠近と息交わしたり処暑の風

Commentaires

Garden Of Love’s Sleep

note上の「勝手にレビュー」はopenradio No.167でご紹介したメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」です。
こういった音楽をCDで聞く世界から現実の演奏会で聴ける日が来ることを切に、願う。

人生とは庭の上に広がる空を見逃す花に戯れる幻想だ。

IMG_7502 2

IMG_7302 2
とはいっても庭最後のバラを愛でる性よ

Commentaires

金、金、金/土、土、土

7月満月のopenradioの白眉はなんといってもPink Floydです。
それにしても月の光の燦々たるや。
その光は決して金を貪る輩にではなく、そう、この世界にある河や土や谷、海や山奥にひっそりと生きる人々を照らしているはずです。

阿呆の企てる虚構一瞬、そんな世界とはまったく無縁の世界がある、という想像は、ありとあらゆるプロパガンダで犯される。
ではどうやってそれらを回避するか。
今宵の夜空を見上げるしか、ないね。
人間が作りだした光なんてクソ食らえ。

openradio No.166/2021/7/24 Full Moonの放送はこちらからご試聴になれます。

ーDark side of the moon-狂気…の沙汰、な選曲。
01) Rouge colère (Sages comme des savages)
02) Le fils du vent (Keyvan Chemirani/Delphine Aguilera)
03) Arquioelago (Hugo Corbin)
04) On the run (Pink Floyd)
05) Our love is here to stay (Shirley Horn)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Commentaires

そして、物語が生まれる

モザンビーク、コロンビア、アフガニスタン、ポルトガル、インドネシア、マリ…
一つの核=自己同一性をもっている男は失業中。しかし地雷除去の任務10年目にして、血はつながっていない息子とフランスの海辺で、すべてを回想する夏の時間。
その男と息子の肌の色は、今は語らないでおこう。
ただ、男はフランス語を、息子はポルトガル語を母国語とする、とだけ。

物語はリアリティの質感をもって語られる、ではその質感とはどんな手法か。

色と音でやってみたい。
言葉ではなく。

129484933_3864394390237631_4273469818038245329_n
バングラディッシュ・ダッカ

IMG_0129
ギリシャ・レスボス島のモリア難民キャンプのあるバス停
photo:渋谷敦志 「Carpe Diem」より

IMG_0068
まずは地図を開いて、オリエンテーション

Commentaires

Déçuのみ、それは人類に対して

またもや不眠シーズン到来。
その原因は夏の夜に浮かぶ月の光。
どうしたものか橙色の光に呼び起こされる。
すると現れる感情は、期待と落胆。
わたくしも当然含め人類その存在へのDéçu。
その繰り返し。

一服二服して煙草で扁桃腺を腫らし、バルザックとレリスを並読、ヴィジョンその先の有限にまた落胆。
しかし目の前には海。
C’est comme ça la vie!

で、人生は終わる。

IMG_7009

219577608_522560545720285_9126927524839260677_n

IMG_6952
海時々花枯れ阿呆が好むアネモネや

Commentaires

祝福された音楽

openradio No.165 7月上弦。
暑さも感染者も右肩上がり、もうどうにもこうにもという夏の始まりに、音楽で現実あるいは生きることの本質を問いかけてくれる、そんなセレクトです。
先月から始まったnoteでの「勝手にレビュー」。openradioでご紹介する音楽のひとつ、3作目はギター奏者笹久保伸さんの新作「CHICHIBU」をピックアップ。
様々な尽力、恩寵。それは稀にみる音楽を奏でる使命を授かったご本人の存在と音の命ゆえ、まさに「祝福された音楽」としかいえない。

そういった音楽を聴いた後に何ができるかというと、花を捧げる、そんな素朴なことのみ。
あるいは、わたくし自身も音楽を、ささやかな音楽を奏でる、ということです。

フランスの花々は、元気です。
IMG_7048
虹色の花束は庭から。

赤: バラ・雛罌粟
オレンジ: ガーデンダリア
黄色: 金糸梅
緑 : 葉
青:アジュガ
藍色:ハナシノブ
紫:アネモネ

IMG_7072
あるいはフランボワーズとブルーベリーのタルトを作りましょう。

☆noteでの「勝手にレビュー」はこちらから 
☆openradio No.165はmixcloudから

00) Cielo People (Shin Sasakubo/feat. Sam Gendel)
01) Rioella (Shin Sasakubo/feat. Antonio Loureiro)
02) Sheikh ahmad,e-jâm (Mohammad Rahim Khushnawaz)
03) no title (maki nakano)
04) Uh Uh (Thundercat)
05) Reflections In D (John Taylor)

Commentaires

ボルタンスキー

あの風鈴の、あの命は消えてしまったのか。
あの宇宙感的空間をわたしたちはもう過去のものとしてしか感知できない。
主役はもういない。
さて、次元を彷徨うアートいう名の空気を探すのか、あるいは今を震わす空気の中に、かすかな息遣いを聞き取るのか。
合掌。 

IMG_6633 2
2020 at Paris

IMG_6632 2
アニミタス

IMG_6635 2
ポンピドゥー美術館での会期中、ブティックではなんと「さざめく亡霊たち」が販売されていた。
小林康夫さん、関口涼子さんの寄稿に納得。

210791486_210205491015463_6538404240816887911_n
ボルタンスキー記憶を残し夏に消ゆ

Commentaires

オーガニックな音で

去年から続いているSax Soloアルバム制作過程、3度目の正直ということで、フランスにて地獄のミックスダウンの日々。
実は信頼しているサウンドエンジニアに当初から予測されていたものの、こんなにも時間を要するとは。

すべての音はオーガニックにアコースティックで録音したものの、それらの素材を最大限に使おうとすると、音質が楽曲の中で輝く作業が必要となり…

ある森の中で録音した水滴、山中の鳥の囀り、割れたバカラのグラスの縁を水で濡らして擦った時に出る音波…etc
エフェクトをかけてしまったものの、本当は生声の有機的な質感に憧れているのです。
一応8月にはブルゴーニュにてマスタリング完成予定。

209447393_4287659718014186_6227279031954414191_n
Linda Perhacs、あの声の質感

209546014_846175109345915_6281929893299255346_n
太鼓はモロッコのタリージャを中心に録音

209165538_551269396052234_5145439082571659938_n
一体いつまでつづくのか、果てしないミックスダウン作業

道のない森彷徨ふて雨燕

Commentaires

「勝手にレビュー」はじめました

それでなくても遅筆で原稿催促で訴えられてもおかしくない状態なのに…noteというサイトにて、openradioでご紹介する音楽作品を言葉で綴ることを始めてみました。
「勝手にレビュー」
こういった作業を生業にしている先輩たちを横目に、自由気ままに音楽の紹介を連ねていこうと思います。
どうぞ、ご贔屓のほど。

2021年7月の新月のopenradioのテーマは-ジャズへの道-

それは息使い、空間の響き、感応する音の働き…すべての生きるへの賛美、尊愛。
コルトレーンのGiant Stepsを歌で、スイカズラの甘美を音楽に、ドキュメンタリー番組”アメリカ抽象美術とモネの晩年 »のサウンドトラック、Sax & エフェクターの醍醐味、イタリアの、声。

01) Giant Steps (Meredith d’Amboisio)
02) Honysacle rose (NAtO)
03) Nymphéas et voix et timbre (Yann Pittard)
04) Connected II (Paul Pankert)
05) ’Na stella (Gianmaria Testa)

ご試聴はmixcloudから

noteサイトの「勝手にレビュー」はこちらから

203914102_177394314294615_677492426017584247_n

205505697_551332592912745_5687098942840520091_n
ベルギーの音楽家Paul Pankertの新作CD/LP Connected

Commentaires

マラルメと山頭火

似て非なる、しかし同じ表象としての何をみているのでは、と思う引用を二つ。

Triste fleur qui croît seule et n’a pas d’autre émoi
Que son ombre dans l’eau vue avec atonie.

Stéphane Mallarmé
(無力に水面に影を落とす 動揺せずひとり咲き育つ悲花)

水に影ある旅人である
山頭火
(A traveler his shadow on water)

マラルメを俳句的にすると山頭火のそれになるというか…

深く、しかし削ぐことによって生まれる本質、それが詩なのかもしれません。

Twitter「咳をしても一人」では、自作の俳句よりも、覚え書きとしての引用をつぶやくことに興味あり。
同時に他言語(とはいっても英語、仏語のみ)の比較をすることで言語トレーニングにもなるかと。
https://twitter.com/momo_sax_

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Commentaires

A SPACE ODYSSEY by Takeru Amano

パリでの料理教室を終え、授業で作ったものを携えエスパスジャポン内にあるOvni編集室へ。
なんだか楽しそうな方々が。
パリに来て、生活の拠点とするまでに皆様々な経由があるものの、それぞれに興味深く。
その中の一人、タケルさんは羽田からパリ行きの飛行機が同じであったことが判明!乗客は20人にも満たなかったけれど…
彼はコロナの状況において、パリでの展覧会のために来仏とのこと。
翌日タケルさんの作品を観にマレ地区にあるギャラリーへ。
すこぶるよく、タイトル -A SPACE ODYSSEY-にふさわしく重力浮遊の空間。

ファーストネームで呼び合うこと多々のここフランスでは、その方がタケルであるとインプットしていたものの、苗字は”天野”さん。ん?ん?

そう、彼の父上は3年前にムッシューお三方を車に乗せブルターニュ1000kmを案内した、その一人、イラストレーターの天野嘉孝さん。
ある展覧会のためのリサーチ終盤、わたくしのアソシエーションで企画した小学校での授業最後に、ホワイトボードに墨でサッと描かれたその絵。生徒たちの驚きの沈黙。

フランスにいるって、こういう巡り合わせの連続。
ダリだってピカソだって、はたまたツァラにバジェホ、ホドロフスキーもハイネケもここフランスでは異国人。
パリって、交差の街であると確信。
そんな初夏です。

IMG_6330 2

IMG_6333 2
レモン少女。会場には生のレモンが散り散りという演出

IMG_6335 2

IMG_6338
Sato Galleryにて

Commentaires

ルバーブの季節

今年もその季節となりました。
フランスに住んでいていいな、と思う時期でもあります。
友人の庭からいただくルバーブ。
ジャム、コンポート、タルト、シロップ…一通り作業をする達成感。
季節の恵みを加工しておすそ分け。

毎年の楽しみでもあります。

IMG_0428

IMG_3718

IMG_6782

IMG_6794

Commentaires

キューバの雨、島、心象たる音、残映

openradio No.163 下弦の放送は、ピアノ2台によるエリス島、モーリシャス島のドキュメンタリー映画のためのチェロそしてあの島のリズム、セガ。
アルジェリアの枯淡たる声Abdel Hadi Halo、Jon HassellとブルキナファソFalafinaの妖術的リズム、キューバの雨、音による残映….

01) Ellis Island /com. Meredithe Monk (Vanessa Wagner/Wilhem Latchoumia)
02) Night Moves (Jon Hassell/Farafina)
03) Min Yaati Kalbon Lil Melah (Abdel Hadi Halo)
04) Attention aux cipayes (com : Yann Pittard /cello : Karsten Hochapfel)
05) Valse mauricienne (com : Yann Pittard)
06) Cuban Landscape With Rain (Los Angeles Guitar Quartet)

この季節だけの、肌感覚としての翠雨。
ご試聴はmixcloudから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradiono163202171waning-moon/

206667545_773779683304405_2809149214952451561_n

IMG_6659
紫陽花を部屋に迎へて暦めくる

Commentaires

それぞれの雲を見て

The frog in the well does not know the big sea.
But he knows the blueness of the sky.

ある寺の住職、それは僧侶というか、寺を管理する役割としての名称というか…
ともかく臨済義玄を師とするある方が話された、例えです。

あの名ことわざ、”井戸の中の蛙”
大海をみることはない(知らず)、しかしその境地だからこそ大空を見ている、という逆説的発想と視点。
実のところ、大海など見なくても、与えられたその地で、深みにたどり着く。
そんな深淵たる人の生きるという営みを謳歌しているフレーズだったのですね。
探求、掘り下げることのできる、あるいはそれしかない、ある意味潔い状況を持つ者にあこがれつつ、
そういうわたしは、相変わらず旅を続けています。
こんな風来坊な人生も、実は深みの域であるのかもしれません。
地図の上を移動するということではなく、その地その地の深奥を知るという。

205789241_334300328295037_1611079048736842631_n

206069148_454525435964386_667561596596166324_n

204892986_1570844153121414_5334986401927056637_n

それぞれにそれぞれが見る夏の雲

Commentaires

ラジオ日経

とうことでご紹介したい音源多々あるものの、6月満月のopenradioはお休みします。
代打でありませんが、6月24日(木)22h30~から民放ラジオ最長寿級のジャズ番組 !?
« テイスト・オブ・ジャズ »に出演します。

収録日は埼玉は飯能の畑での演奏を終え、虎ノ門に南下。
東京上空機上の人になることが多く地形を視覚的に感知すること多々。
西武鉄道に乗って、まさに荒川に沿って東京湾に向かう、そんな趣でした。
スタジオには畑でいただいた香菜、当帰の葉、ラディッシュ、ホワイトタイム …etcを。

そういえば、JazzTokyoでのインタビューで「夢はなんですか?」という質問に
「畑や農場などで演奏をしていたら、人々が(鳥や蝶や牛とかも!?)集まってきて、やんややんやと音空間が生まれる、そんな夢があります。」と応えたのですが、すでに叶ってしまったわけですね。

それでは、今宵6/24/22:30-ラジオNIKKEI第1でお会いしましょう。
(追伸:たたみかけるような早口で話しておりましたが…openradioではゆーっくりとした口調ですので。)

ラジオプロデゥーサー小西さんによる紹介
http://www.radionikkei.jp/music/527_1.html

184214229_313799386810343_9192808650819557437_n
パーソナリティーの山本郁さんと

199871144_1886680008176847_3507231797002788500_n
建物の隣には琴平神社!もちろん収録前後にお詣りを。

201452363_534923104332262_8256803221408886092_n
openradioもこんなスタジオ設備を整えたいものです。

JazzTokyoのインタビューはこちらから
https://jazztokyo.org/interviews/post-62685/page/4/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=post-62685

同じくJazzTokyo 淡中隆史さんによる新譜CD評はこちらから
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-64093/

水無月の月満ち満ちて吐息かな

Commentaires

夏至はひっそりと、花を摘む

本来であればフランスの夏至はfete de la musique 音楽の日です。
毎年フェスやらなんやら出ずっぱりのはずですが、今年はひっそりと一人の時間を享受。
庭、森の花々を失敬し、月華の宵とします。
こういう”日常”が、旅人生にはとても必要なんですね。

IMG_6382
野生のスイートピーの壮大たる姿を両手に抱えて

IMG_6408
活けるは、難しいものです

IMG_6423
この時期はやはりバラとのコンビネーション不可欠

IMG_6048
とはいっても、ベランダのジャスミンが一等愛らしいのです

花々を誰かのために摘みし夏至

Commentaires

生活の中にある聖なるもの

20世紀初頭、シュルレアリスムあの空気感と植民地~民族詩学の展開、アイデンティティという内的ベクトルと外にある存在は、格好の思索的材料となった。
ここでいう外には、なんとその生活の中にこそ、ある真正なる生きる姿そして詩学があったのだ。

-ミシェル・レリス著:生活の中にある聖なるもの-
日本において、彼の訳本を世に出し続けた編集者は52歳にしてもうこの世にはいない。
その人は江戸水道端、神田川を見下ろし印刷会社東に望み、夏目漱石の両親と仲良く同じ墓場にいる。
さて、彼の仕事をわたしはどう音楽に変換できるものか。

フィンランドの風、ウードとファドの邂逅、ギターと声のサウダージ、Marc Ducretというギターの存在、パリのジャズシーンを牽引したアメリカ人、そしてホルショフスキによる、フランスに生きたポーランド人ショパン…。
2021/6/18 上弦のopenradio No.162はmixcloudからご試聴になれます。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-no1622021618-waxing-moon/?fbclid=IwAR2dfakgTjN-UmV5YzZ5JgU2Ga6f1_BWEeWyNm578-uBRSZ1lla9H6bntuI

195590721_156902213092258_5643874656461092266_n

197818768_518454259407811_5970096429709189804_n

日常といふ日に落ちた夏の涙

Commentaires

12345...16

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil