Archive pour 俳句 haiku

モロッコの入れ歯と、日本の電動歯ブラシの距離

イスラム圏のどこでも、薄荷茶に砂糖はつきもので、北アフリカであれば、
陽が皮膚の皺奥深くまで入り込んだ肌と、同じ色の、隙間だらけの歯を
見せながら笑うおじさんや、サハラ以南に行けば、太陽の陽は肌そのもので、
対照的な白い歯は、しかしやはり虫歯で抜け落ちた、隙間だらけの、それを
見せながら楽しそうに笑う人々が、毎日の祈りと同じ数だけ、薄荷茶を飲んでいる。

モロッコはエサウエラの市場で、敷物の上に並んだ入れ歯、入れ歯、入れ歯の数を見た時の驚き。
ここは東京、街の真ん中で電動歯ブラシの宣伝を電子掲示板(と呼ぶのだろうか…)を眺めつつ、
あまりにも遠いこの二つの歯に関わる道具のことを考えてみた。

この二つの道具の距離が近づく時、今や決まり文句 « グローバル »は、
真の意味を持つことができるのではないだろうか。
近づく、といったって、どんな具体性をもち、どんな働きの結果なのか、
安易な理想論的考えかもしれない。

しかしひとつの具体的な案として、二つの道具が出会うこと、が重要といえる。
片や入れ歯をした者と、片や電動歯ブラシを生活の一部にする者が、面と向かって出会う。
そこから対話は始まり、互いの思考は思考という機能を果たすことになるだろう。

秋香る今日は10月13日、月は否応に秋に奇麗だ。
今一度、断食月にモロッコでみた月に思いを馳せる。
月に足を乗せた人類は、新たな原罪と共に生きて行く覚悟はあったのだろうか。

今日といふ暦を月に映しをり

Commentaires

二百十日、モロッコの西瓜

マラケシュからエサウエラに移動する真っ青のおんぼろベンツでの道中、
前のトラックには山、山、山の西瓜でした。
暑気をはらう日本の西瓜。
モロッコの市場では倉庫ごとスイカ、西瓜で埋め尽くされている光景をよくみます。

二百十日、モロッコの西瓜 dans モロッコ スーフィー教団ハマッチャ Hamadcha ou Hamdcha img_0476-112x150

img_0566-150x112 dans 俳句 haiku

イスラエルのピアニストOrが教えてくれた彼の国でのスイカの食べ方は、
真っ赤なスイカと山羊のチーズを一緒に食す。
テルアヴィブの海岸で泳いだ後、いつもお母さんが用意してくれた、
この食べ方の想い出を語ってくれます。
映画 VALSE AVEC BACHIR「戦場でワルツを」では、
Bachirが同じ地中海、ベイルートの海岸を泳いで(浮かんで)いるところから始まります。

http://www.lesfilmsdici.fr/fr/catalogue/751-valse-avec-bachir.html

民主化という動きの中で、そして資本主義の影響下レバノンの海岸沿いは、
近年どの都市でも見られるような、悲しいくらいな画一的な商店が立ち並び、
皮肉をこめて中東のマイアミと呼ばれるベイルート。
しかし、内地へ向かえば向かうほど、銃撃の痕が残る町では、
母の手を借りて、スイカを食べる子等たちに会う事ができる。

シリアの子等に、ソマリアの子等に、すべての、すべてのこども達が
西瓜を食べれる状況であることが、ひとつの具体的イメージとして、
イメージを実行するための力の源となります。

口を拭く 母のエプロン 西瓜かな

Commentaires

演奏という舞台にあがるまでの裏

一に練習、二に練習、三四に….
楽器と共にする移動。
音楽と関わるのは、ただ単に音符とつき合うだけではないですね。
楽器を選ぶ、とか、音色を追求、楽曲の解釈、創造への時間、….etc
こんなうんちくを呟いてはずかしくなってしまうくらい、
どの仕事でも、それ自体を »中心 »とした場合その回りには様々な事象が
在る故になりたっているという当たり前の事を痛感します。

カマレンゴニ2台、ギター、ウード、サックス、クラリネット、
ジャンベ、アンプ(9kg)、ペダルケース(6kg)、マイクスタンド3本、
サックススタンド、バラフォンスタンド、まだまだ!
スーツケース2個、リュックサック2個。

ぜ~んぶお茶の水から五反田まで、ミュージシャン3人で、
中央線と山手線で運んださ、ホントホント!
JR東日本乗客の皆様、ご迷惑おかけしました。

ちなみに、体力には自信、ありますよ!
腕の太さにも、自信、ありますよ~!

さて、無事に6時30分に羽田到着のムッサをピックアップし、
そう、これも舞台に立つには必要な事項なのですね。

それではみなさん、13時に横浜パシフィコでお会いしましょう====!

アフリカや 梅雨入りどこと 跳ね返し

演奏という舞台にあがるまでの裏 dans 俳句 haiku ncm_0255-150x112

2013-05-30-16.37.42-112x150 dans 時勢 circonstance

ncm_02631-112x150 dans 音楽 musique

Commentaires

高野に春嵐

極楽橋から三駅目、上古沢で下車すれば、
なーにもない、しかし高野の深き山が連なる。
ひと山向こうの、陶芸家森岡さんの工房へ行こうと意気込むべし、
駅舎を後に。
人っこひとり居ない田舎道は、本当に人が住んでいるものかと思いきや、
老夫婦の姿が。小川を渡り、高野山町石道と呼ばれる山道に入ろうとするや、

「おまえさん、今から山に入るのかい?あの一山を、越えるんだよ。
それにほら、今日はこれから雨さ。」

山に暮らす人々は、空を見上げてそういうけれど、
街に住むわたしは全くもって雲行きの怪しさなど見て取れず、
大丈夫大丈夫と歩き始めます。

もう後戻りできぬと感じた瞬間、樹々はざわめき、
「行くな行くな」と囁きます。

最初の雨、を感じた瞬間、心臓がばくばく打ち始め、
「進め進め」と自分に言い聞かせます。

山にたったひとり、本当に、ひとり。

マイナスイオンだとか、森林浴だとか、
そんな悠長な事を感じている暇なく、
ただただ山の恐ろしさと、せまる雨脚から逃げる様に「歩く歩く歩く」!!!
気が正気にもどった、と感じた瞬間は「丹生都比売神社」の行き札を見たその時。

森岡さんの釜は鉄砲窯。
薪を使っての営みは、在りし日の焼き物の姿が、こころに響きます。

山の中でたった一人、といったけれど、
不思議な気持ちで、実は、弘法大師、空海に試されているような気がしたのです。
「ほれ、もう一息、進め進め! 吾もこの路を歩いたぞ!」
とどこかで言っていたのだと、勝手に思い込んでいます。

高野に春嵐 dans 俳句 haiku 2013-03-19-10.57.101-112x150   2013-03-18-12.36.461-112x150 dans 俳句 haiku
2013-03-18-10.30.261-112x150 春嵐 樹々戯れし 高野山

Commentaires

梅棹忠夫←岡本太郎→ジョルジュ・バタイユ

高校を ‘どろっぷあうと’、自分の人生を静かに見つめる10代の子達と一緒に演った
大岡淳さんによる、劇詩  « 帝国”。
劇中使った斎藤鉄平さんが造る、’波紋音-ハモン-’は、静かな劇詩の音となる。

こういったパフォーマンスを演じさせてくれる、そして講師に渡辺京二氏を呼ぶ、

この、学校ではない教育機関の在り方に刺激されたつい先日。

 

奈良から上京されたブブ・ドゥ・ラ・マドレーヌさんと、
くる23日に控えた江戸糸あやつり人形による「マダム・エドワルダ」

http://www.acephale.jp/news/news.html   の終演後のエロス論トークのための顔合わせ。

演出家の要望に耳貸さぬ女子二人は、それはもうエロス論で杯は進み、
消費の対象として踊らされるヘテロ性経済やら、

いわゆる仏文系バタイユのそれにどのくらい近づいていいのやら、などなど。

ただ、時空はとても面白く、その後品川から深夜バスで西に移動し着いた所は、
バタイユの友人である方が創造した、空へ突き刺す’太陽の塔’の前。
そこから10分ほど歩けば、静かな知性を織り紡いだ梅棹忠夫氏の造った民博へ。

種は、土の中でいつか芽吹きの時をもつ、と信じて…

まだまだ行きまっせー、’そりちゅーど’な移動と日々のタネマキ。

 

ふたとせを すぎてみちのく 涅槃西風

海の聲 土の聲にも 春の聲

 

梅棹忠夫←岡本太郎→ジョルジュ・バタイユ dans あーと art 2013-03-12-12.40.17-150x112 2013-03-14-03.02.09-150x112 dans 俳句 haiku

2013-03-13-15.57.501-112x150 dans 時勢 circonstance             2012-10-07-17.23.55-112x150   2013-03-14-03.01.00-112x150

 

Commentaires

限界移動 2013のはじまり

お天道様とばかり一緒に旅をしてきたわけですが、
そうすると小雪は大雪を従えて、僕も一緒に君と旅に出る!
と付いてきました。
パリ20時発の飛行機は約5時間の遅れにて、雪を被った機体は真っ白に。
トランジットは雪ん子と一緒は無理との事、行き先を変える事に。
ソウルでは待つこと何時間…そして零時羽田空港に到着。
夜中の空港で始発の電車を待ちます。
モノレールからは曙を装った空が、新幹線に乗れば暁月夜と新潟に向かい、
快晴なりし佐渡島。鬼太鼓春日組が案内して下さる
春日明神の社、大膳神社の能舞台を目にすれば、
疲れはいずこ、弔いのお香を立て、20時間の佐渡滞在を後に……
そう、そろそろ啓蟄を前に、実は立春から移動移動の日は始まっておりました。
ロンドンにて仕事に便乗、録音をする狡賢さ。
トルコ街で羊の睾丸を食して滋養をつければ、
東京着、ポレポレ坐でのエンサイクロペディア・シネマトグラフィカによる
アフリカの映像を観れば、心はわくわく。
これから高野山、高松、長野へ….
何事も、わくわくを求めて。

 

限界移動 2013のはじまり dans 俳句 haiku p1010282-150x112   p1010264-150x112 dans 時勢 circonstance

 

p1010267-150x112 ncm_0079-150x112

p1010299-150x112   春寒を 渡りし佐渡の 海は凪

 

Commentaires

新潟~国会議事堂~品川~成田

柏崎刈羽原発を左目に海岸、車を走らせ、
11月11日、新潟の演奏後、5時間かけて国会議事堂へ到着、
デモ参加はたったの30分…
後ろ髪引かれる思いで千代田線に乗り、千秋楽の下北沢へ!
翌日は朝11時の飛行機に乗るためにステファンを品川へ、
エキスプレス界隈は通勤まっただ中!!!

全移動=3820km~。

ろくに東京観光もできず15日間通しで演奏したステファンは、
結果日本の凝縮した姿を目にしたのです。
越後湯沢、月夜野と谷川岳の紅葉を目の前に、
東京に送る電線とともに移動、東京に着けば、事のまっただ中へ、
ジャズに生きるLady Janeで演奏した翌日、
人も街も働きだす、朝の品川を後に…成田へ。

これも、生きた音楽、旅する音楽。

おつかれさまでした!

旅果てぬ  道行く路を  暮の秋

 

新潟~国会議事堂~品川~成田 dans 俳句 haiku 2012-11-11-12.30.05-150x112       sany0014-150x112 dans 時勢 circonstance

2012-11-11-09.42.101-150x112 dans 音楽 musique        2012-11-11-13.11.54-150x112

2012-11-11-16.38.45-112x150        2012-11-11-16.46.40-150x112

 

2012-11-12-08.50.32-150x112   sany0406-150x112

 

 

Commentaires

残り2公演 !!!

信州の高速からみえる蔦紅葉は真っ赤に、

林檎はたわわに実り、ここは信州小布施サービスエリア。

6年前に、千曲川ミュージアムで演奏した懐かしさと、

世界一!の小布施のシードルをフランス人に味わってもらいたく立ち寄ります。

長谷寺では、調律の整った、

そしてお庫裏さんがお嫁入りの時に一緒に来られたという

大事なピアノを貸して頂き、経験したことのない音空間はお寺に広がったのです。

 

さて、紆余曲折「四つの手とひとつの口のための音楽」ツアーは残る2公演。

上越は高田を後に、新潟へ向かい、老舗ジャズ喫茶スワンへ。

勿論、亀田の gt.moo gallery へ立ち寄ります。

何せ写真家 Tonny Taniuchiさんのプロジェクトと出会った場所。

そして11月11日の千秋楽後、ステファンはすぐに成田を発ち…

「演奏、移動、睡眠、移動、演奏、演奏…」

日本で最後の2日間、良い想いでをつくってくれれば、ね。

 

 

山寺に 響きし音の 秋は色

残り2公演 !!! dans 俳句 haiku img_1919-150x112

 

img_1926-150x112 dans 時勢 circonstance

 

 

Commentaires

ジャンゴ・ラインハルトに釣瓶落とし

 

緊張の糸は緩むことなく北海道ツアーは終了。

今を生きる発寒 haccham art complex は見事に

Tonnyさんの写真が生き。

思いかけずの余市滞在には初秋の入水浴と、

満月の下での長靴ライブ。

小樽での再会があれば、

札幌は安斎果樹園率いる「たべるとくらしの研究所」の

酵素玄米と生き生きとした蕪に迎えられ。

旭川のウクライナ嬢の抱擁に気分をよくし…

無事東京に戻るは陰陽師のために。

そう。「霹靂神」は、アメリカも日本もフランスをも

穏やかに包み込む物語でした。

獏さんの声は、書く喜びを表すような…

 

そしてフライヤー配布around tokyoは日が暮れても続き…

都会のひと休みは、月光茶房のジャンゴとグラッペリに、

決まり。

 

店後に 釣瓶落としの 路ひとり

 

ジャンゴ・ラインハルトに釣瓶落とし dans 俳句 haiku 2012-09-29-16.33.57-150x112      2012-10-02-07.29.28-150x112 dans 時勢 circonstance

2012-10-03-17.49.12-150x112 dans 音楽 musique     ncm_0005-150x112

 

 

Commentaires

ニホンハキレイデス! By ナイサム

和歌山から橋本を、かつらぎ町を、天理を抜けて亀山-四日市。

名古屋の着けば、大須のババレコードにて日本の音を物色。

見つからないものはタワーレコードに行って、大量に日本の音楽CDを、

ナイサムは購入しました。

その中で、東北民謡がモロッコのハダラに似ているんだ、彼らに云わせると!

そう思って耳を澄ませば、似てる!!

 

翌日私はゆっくり休んでいる彼らを置いて、

新幹線にて大阪は国立民族博物館へ日帰り打ち合わせ、

名古屋に戻り、名古屋駅を走る走る、ギリギリで中部国際空港へ、

父が運転する車に乗った彼らと合流し、

いよいよ別れの時。

 

収益は………..

本当にミュージシャンに申し訳ないほど のギャラ。

でも、皆さんに彼女の音を聴いていただけて、嬉しいです。

 

彼女は、最後の最後まで、「ニホンハキレイデス!」と

連呼していました。

 

シュクラン、ナイサム。

 

秋雲や  茜染めし空  友の飛ぶ

ニホンハキレイデス! By ナイサム dans 俳句 haiku 2012-09-25-20.05.17-225x300

 

 

 

Commentaires

和歌山のシリア料理

海南市での演奏は、和歌山の仲間たちも駆けつけてくれ、

多いに盛り上がります。

老若男女はサティの曲に身をのせて、

宮城の歌に手拍子で、応えてくれたものです。

 

翌日オーガナイザーに連れられたのは、善福院。

括弧付きの「国宝」 にとらわれない風格を持った、

禅宗様式の釈迦堂。

 

さてさて、ナイサム・ヤン組はすっかり日本の温泉大好きっ子になり、

黒潮温泉へ。

こちらは千秋楽+懇親会のため、シリア料理用買出しへ。

まずはムタッバル(焼きなすのペースト)作りスタート!

生コリアンダーやパセリがないため、乾燥ものを高島屋へ買いに走って下さる

Heronのオーナーの心遣。

ナイサムは胡瓜のヨーグルトサラダと、ケフタのソース。

私はケフタのたね作りに、トマトのサラダ、ブリックの具作りに、

あっつい焼きなすの皮を剥きます。

 

開場15分前に、料理は無事終了。もう毎日が綱渡りです!

 

残りの時間でプロジェクターの設置、確認、パレスチナ子どものキャンペーンの

刺繍商品を並ばれば、16時30開場。

千秋楽も、無事終了。

 

 

和歌山のシリア料理 dans 俳句 haiku IMG_0256-300x225

無我夢中でなすの皮を剥き、

IMG_0275-300x225 dans 料理 cuisine

演奏後、料理を盛るミュージシャン!

暗くてあまりよく見えませんね。

 

 

そして、残るは明日….空港へ無事ナイサムを送り届けることです。

 

 

 

Commentaires

京都は秋の音に

一雨一雨ごとに近づきし秋。

今宵は法然院。

ここは鹿ヶ谷、そして鹿威しの音と、

フルート、ウードは秋の音になり。

 

梶田ご住職のおもてなしと、お気遣いに、

深謝。

 

 

三秋を 迎えし庭の 法然院

 

 

 

京都は秋の音に dans 俳句 haiku IMG_1508-300x225

正伝院は »獅子の児渡し庭園 »にて

 

 

 

 

Commentaires

アメリカの月、イスラムの月

1969年、人は月に足を乗せた。

2012年、ここモロッコの月は、

ラマダン始まって15日目、

細い爪の様な曲線の月は今宵満月に。

イスラムの人々は何世紀もに渡って、

月と共に生き、聖なることとして、

月の居ぬ日中は、音楽を奏でない。

それはもしかしたら、宗教というより、

何かに対する、シンプルなレスペクトなのかもしれない。

 

月に足を着けた人間は、何をレスペクトするのだろう。

 

 

アメリカの月、イスラムの月 dans 俳句 haiku IMG_0499-300x225

 

 

ラマダンから6日目、

エサウエラのグナワの重鎮 Maalem Soddik Laarchを迎えての、

月下での演奏前にて。

 

月凉し 宵の音に乗り 断食月

 

Commentaires

避難民+スタインウェイ

人の気持ちをくむ、といってもやはりその立場になってみなければ、

わからないもので…

なんとアパートの壁が崩れ落ちる、という災難から(話すととのても長くなるので端折りますが)

家へ戻れぬ人々の気持ちや身体の変化、精神の変化を、

微少ながら味わっております。

部屋に入れるのは雨が降らない時に5分程度。

さすがフランスにて、この家屋担当の建築のエキスパートがバカンスとの事

で、診断判断ができぬまま、家屋に入れる日はいつの日に…

必要なものだけ取って外へ避難したものの、

それらは全楽器類+パソコン+ハードディスク+パスポート。

服も下着も何も、ともかく私はサックスを持って逃げたのだからいいけれど、

調度録音したばかりのピアニストがこの情況と同じ目にあったらどうなったのだろう。

冷や汗が、でる。

 

とはいっても、13区のある、

ドビュッッシーのスペシャリストのピアニスト宅でがんばったスタインウェイ。

地震なき、地崩れなき家で、穏やかな日々を過ごしてくださいね。

 

避難民+スタインウェイ dans 俳句 haiku 2012-06-29-01.43.46-300x225
白雨の 明るい涙 ものみなに

 

Commentaires

ミクロコスモス

ひょんな事から楽譜にたーくさん書き込みのある、

バルトークのMIKROKOSMOSを見つけ、ただ今練習中。

同時に、しばらく読んでいなかった中沢新一氏のミクロコスモスに

目を通すと…

「自分を失うために本を読む」という氏のフレーズが

「自分を失うために練習する」と練習に対して定義を抱いている自分と

なんだかシンクロしてくる。

ちょっと一方的なこじつけかもしれないけれど、

練習は、「維持」「発見」=「源泉への回帰」

 

バルトークはなんとも始原的なタイトルを、練習曲(帳)に

つけたものだと、感心せずにはいられない。

 

ミクロコスモス dans 俳句 haiku IMG_0293-300x225

 

今日は5月3日、八十八夜。

なにものも ミクロコスモス 萌え出でぬ

 

Commentaires

出汁に返り

祖母の家に行けば、冷蔵庫にいつも入っていた瓶の中身は、

昆布と煮干し、または昆布のかつおの出汁、だった事を思い出す。

視覚的思い出だけでは味覚がよみがえりはしないけれど、

蓋を開けた時の、子ども時には何の興味もなかった香りが、

今は毎日の生活にどうしても必要、とくるから面白い。

1Lの出汁を一人一週間で使い切る。というのも、

美味しい八丁味噌を入手たしたからで、

郷土愛(郷土臭)を全面に出す訳ではないけれど、

やはり赤出しは、おいしく毎朝の必須食。

週の間にはフランス料理教室の助手

(というと、たいそうな感がするけれど、

実はひたすらの洗いもの、下準備の補)

で味見する季節のフランス野菜の旨いこと。

白アスパラガスは、

手作りマヨネーズを軽く仕立てるに、

レモン汁と脂肪分を押さえた生クリームとシブレット。

 

出汁に返り dans 俳句 haiku IMG_0176-150x112

 

フィレミニヨンのオレンジソースには生姜と胡椒をたっぷりと。

柔らかいけれど脂身の少なさをバターで補い。

IMG_0174-150x112 dans 料理 cuisine

 

となるとワインが、すすむ。

 

 

翌朝は、やはり出汁を欲する身体。

身体は身体だけれど、

辰巳芳子氏が云ふように、朝頂くお汁は、「心から心への印象」なのかも。

 

遠近の 湯気は出汁から 春の朝

 

 

Commentaires

ベトナムより、Ensemble Nguyen Vinh Bao、そしてあごだしのお吸い物

2012年、Kyの日本ツアーにご協力頂いた本当に多くの方々、

心よりお礼申し上げます。

お名前を全て映画のエンドロールに載せたならば、通常の大凡3分を超えるでしょう。

 

 

帰国の翌朝AM10時30には、パリ滞在中のミュージシャンに

市内のCDショップを案内する、という

奇妙なミニツアーを敢行。

そう、パリの4月は春時雨。

しとしとしとしとと、音もなく降る雨の中、

自分が売ったCDは街の小さなレコード屋さんで還元するという

心強いこのミュージシャンに逆に私が連れられてしまった

CDショップの穴場とは…

中世美術館の前Gibert Joseph.

店内にてアフリカばかりに目を取られていたら、

「これを、僕は勧めます。」

Nguyễn Vĩnh Bảo Ensemble

ベトナムより、Ensemble Nguyen Vinh Bao、そしてあごだしのお吸い物 dans 俳句 haiku ensemble-Nguyen-Vinh-Bao-300x300

ベトナムのポリフォニーは縦横無尽に…大変な音。

わわわ、これは早速推薦者にお礼の一筆といかねば。

 

さて、

ジム・モリソンのお墓の近く、

我らsouffle continueへ、

パリ来訪の際は必ず寄るらしく、一足店内に入ると店員の敬意溢れる、

ビンボータワーへ。

お買い上げは重たそうな、そしてちぎれそうな袋、袋、袋。

お別れの時間まで、飛行機と楽器の話を、

氏の経験値から分析。(まさにラディカル人生です、空港での拘留経験2回!)

音楽人生のためにここまでやれる音楽関係者(インタビュアーとか、

評論家とか、呼び屋、とか…)いるか否 !

 

引続きの仕事は料理教室にて、時差ぼけが始まりそうな18時30分。

カロジェのワイン一杯、景気付けに、そしてああ、美味しいワインとはこれだ。

目を覚まします。

 

きんぴらに、春のアスパラと海老のサラダ、豚しゃぶを生徒さん達と作り、

(生徒全員豚を食せるとの事で安堵安堵)

仕事終了。

 

帰路につけば、H氏に触発され購入したレコード8枚と、日本でお世話になった方から頂いた、

「あごだしのお吸い物」を啜り、至福のリスニングタイム。

 

 

 

春霖は 帰路急く一人 訳ありて

 

 

 

 

 

 

 

Commentaires

朝7時、再び成田空港にて

今回のツアーに限らず、ああ、何度成田空港に来た事か…

その度に、しつこいようだけれど、「Kashima Paradise 鹿島パラダイス」

という映画思い出す。

今、この空港を使う私たちのために犠牲となった人々、そして自然を。

近い将来、日本で上映させますよ、この映画!

 

怒濤のツアーと、手荷物の交渉などで心身共にボロボロになったけれど、

けれど、一人で飛行機を待つ間に飲むアサヒビールは格別、ただ今朝の7時30。

今日は湯島俳句会の投句〆切日。

また駄句の投句となり、反省反省。

 

世の中は、何もしなくても回るけれど、

誰かと何かを共有できる時間を得るために、

何かをする、自発的行動は続けて行こうと思う。

 

 

朧見て ただ頬つたふ 涙かな

 

 

 

 

 

Commentaires

成田空港1時間半の尋問

cinema amigo での演奏を終え、逗子の海に、森戸神社に、余韻を味わう事なく、

翌朝成田空港に着くバシールを迎えに行くため横須賀線に乗る、その時間朝の5時半。

たっぷり2時間半横須賀〜総武快速 に揺られ到着8時半。

でてくるかな〜*でてくるよね〜、でてきてね〜!

予定では8時到着なので、まあ、9時には出て来ても、いいかな?

9時10分、9時30分、9時40分……

 

ハラハラ、ドキドキ、9時45分を回った時点で、最悪の状況に頭を切り替え、まず誰に電話をするか、

シュミレーション。

最も信頼する方に泣きべそ電話をした瞬間、

出て来た~~~~!

 

さて、なぜバシールは他の乗客とは別で遅くでてきたのか?

ご想像の通り、1時間半に渡って、5人のコントロールに囲まれ、

根掘り葉掘りの尋問。

時間かけてやるならば、徹底的に調べてもらいたいものですな。

カマレンゴニに付いているマイクの中とか、マラカスの中とか…

 

ニヤニヤした作り笑いで、

図版のマ・・・・やコ・・・を指差して、

「持っていませんか?」

などと….一時間半もコートジボワール人とコミュニケーションする(出来ていない?)

一人ではそれができない検査官の、無意識の差別、

に仰天(黒人、長髪、楽器を持っているという理由)。

 

 

さてさて、

成田空港から大船まで戻り(成田エクスプレスで2時間)

 

成田空港1時間半の尋問 dans 俳句 haiku 120401_123101-225x300

そこで荷物をピックアップ、

東海道線に乗り換えて三島まで(踊り子にて1時間)

三島に迎えに来てもらった湖のホテルの旦那様の車で富士吉田へ、(1時間半)

そして、富士山は和たちを笑顔で迎えてくれたのでした。

 

120401_152301-225x300 dans 音楽 musique

 

春風に 連れられ笑みの  富士山や

 

Commentaires

Poulenc プーランクの春

サティ、サティと騒いでおいて、もちろん今も興味の範囲と実演と

継続しているのだけれど、時に寄り道ちょっと6人組にはまってしまって…

プーランクのバイオリンソナタが、五嶋みどりによる演奏が、断然いい。

ローテーションはかれこれ2週間目に…

気迫はスピードに、ビブラートはエレジーを超え、

音はただただ、舞い飛ぶ….

 

パリも陽気が幾分かよくなって、皆テラスに陽を求める姿は、

まさに啓蟄。

ミモザもそろそろ花屋に、風信子は芳香に満ちて、

香りをただただ、放ち飛ぶ…

 

プーランク、当然演者によって楽曲の印象はどうにもなるし、なってしまう。

即興、楽曲自体も演者の責任になる、という自由さ。

前者が舞い飛ぶ音だとしたら、

後者は放たれる音、

いずれにせよ、草木萌動、わくわくするような

音を聴きたくなる、季節になったということ。

 

ざわざわと 心ざわめく春きざし

 

 

 

Commentaires

123456

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil