誰かの死 la mort de quelqu’un

それは、ある人にとってはどうでもいいことで、ある刹那で、無関心の域。
当事者にとってのそれは、胸をえぐられるあるいは、無心になるしかない境地において、その哀しみは平等。
何が平等であるかというと、死そのものが平等であるということでしかない。
”愛する”とか”我が”子供、家族、最愛…etcといった名詞、副詞あるいは連体詞やらを省いた次元で死を語ること。

一人称複数の死は、今日も只中にある。

207009831_339779887509938_2559314986827619164_n

Laisser un commentaire

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil