Archive pour mai, 2020

フォンテーヌブローの森

新緑は深緑へ濃淡を変えし森。
木洩れ陽の愛おしさは先へ続く道を予感させてくれます。
もちろん、この森の中で楽器を吹く気持ちよさは、何をたとえにできるでしょうか。
ここでまた生まれる音の世界。
世界は静寂とささやかな音に包まれることでしょう。
フォンテーヌとは泉を意味します。
泉とは、そう、わたしたちに命を与えてくれる。

IMG_0002

IMG_0018

水無月や夢の泉に光さす

Commentaires

上弦・麦打ち・涼を呼ぶ

春はどこにあったのでしょうか。

衣替の時期を迎え、農作物との日々、太陽の光を背に働く人々の姿。
こういう人間の姿に、今宵の月が微笑んでいるようにも、思います。
ブラジルからひっそりとした愛の歌を、カタルーニャの五弦ベース、エクアドルのため息、麦と共に生きる秩父の音と、凶暴に、ハーモニーぎりぎりリズムをも縦横無尽に宙を飛び交うギターの音を。

1) Nosso amour de tanto tempo (Marcio Faraco)
2) Eosine (Renaud Garcia Fons)
3) Mi chagrita caprichosa (Shin Sasakubo)
4) Mugiuchi Uta (Shin Sasakubo)
5) Oceana (Ben Monder)

openradio 2020/5/30 上弦の放送はこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-2020530-waning-moon/

IMG_0328
月は半月、山は△、心は丸く

衣替へピアスも替へて季節追ふ

IMG_0310 2
半月や短夜七時何想ふ

Commentaires

ニワシロユリ

IMG_0252
恋をしてまた恋をして百合の夢

Commentaires

音楽雑誌ラティーナ最終号

生まれてはじめてCDガイド評というものを書いてみました。
今までライナーノート、書評、インタビュー、はたまたレストラン記事、フランスに働く職人を取材し文章にしてきましたが、今回は短いながらとても難しい作業であったことをお伝えします。
それはひとつにわたくし自身がこの作品に参加しているからかもしれません。
演奏者の命の一滴は様々な人の手を介して、今日わたしたちに届く音楽となる。
空間に満ち満ちる音の粒。
聴く者の心骨奥深くに沁み入り、この世の果敢なさを放つギター一本の音。

(余談ですが、フランス語で沁み入る=Pénétrerという動詞はセンシュアル Sensualな用語としても使われますね。)

是非お聴きいただけますように。

IMG_7219
ギター奏者・笹久保伸 29枚目の最新アルバム Perspectivism

https://http://www.ahora-tyo.com/detail/item.php?iid=18653/
ご本人へ直接の注文をお勧めします。sasakubox@gmail.com

音楽雑誌ラティーナは、パリに渡ってからも長く読ませていただきました。
なぜ日本の雑誌をフランスで読めたのでしょうか。
それは、エスパスジャポンという40年に渡る文化センターの図書館に寄贈されていたからです。
恵比寿のあの事務所から、毎月パリに届く冊子。
紙媒体は最終号になりますが、これからはweb上で、益々興味深い音楽の世界を教えてくださることと思います。
関係者の皆様、まずはこの節目、ありがとうございました。

IMG_6496
パリでの録音は3区にあるアーティストギルドの地下スタジオにて。

触るる音震へては消へ火照らせぬ

Commentaires

ニゲラと萃点

皐月花溢れる日々の中、どこもかしこもバラ。
それもよし。
ベランダには空へ向けてバラが気持ちよさそうにしています。
失敬しては活け、香りとその姿を身近に置く。
しかしこの季節、この季節にしかないニゲラの宇宙に惹かれます。
花弁が散れば、その中心からたくさんの種が生まれる。
インドではこの種をスパイスとして使います。
一つの花から多数の種が土に還り、また来年。
立体的で、線の細いこの花の構成は、やや大げさかもしれませんが、南方熊楠がいう萃点を彷彿させます。

IMG_0172
往々にして赤いバラは棘が多いようです。

IMG_0160 2
清々しい白の香り

IMG_0153
まったくもってバラその種類には驚くばかり。

IMG_0144
ダマスのニゲラ。シリアのあの地から伝わったのでしょうか。
バラはその起源をメソポタミア、その後十字軍がヨーロッパに持ち込んだとされているそう。
フリーペーパー、Ovniの取材で中世の町プロヴァンのバラ園を訪ねたのもやはりこの時期でした。
https://ovninavi.com/743balade/

少しだけ見惚れていたひ夏ニゲラ

Commentaires

ラマダン断食月を終え…祈りは続く

Eid-ul-Fitr。 断食月明けおめでとうございます。
4月の新月から1ヶ月。ムスリムの人々にとって一年の中でもとても大切な時間。

そして、目下世界は祈りに満ちているはずです。

今宵5月の新月のopenradioは、イードを迎える人々へのレスペクトとしてモロッコのマラーム、トルコ、シリア、エジプト、ギニアの音を…
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio2020523-new-moon/

00) Call to prayer (Sabri Moudallal)
01) Fangara Fangarie (Maalem Si Mohamed)
02) Karcigar zeybek (Trio Zartar)
03) Victor Challita (Stephane Tsapis/Lynn Adib)
04) Ya Roh (Naissam Jalal)
05) Sabou (Mory Kante)

57

IMG_0074 2
新月を迎へし空の初夏は虚無

Commentaires

シーツを替えてバジルを摘んで

ようやく汗ばむフランスの5月。
そっと蒔いたバジルの種はこの3ヶ月ですっくと伸び、今食卓に香りを添えてくれる。
ささやかに、マルシェで求める野菜、育てるハーブと共にある生活。
音の練習は上々に空を目指して。
趣味の種採取の成果も、今夏にむかて現れてくることでしょう。

IMG_0086
訳もなくハートのシーツに替へし初夏

IMG_0120 2

IMG_0118

暑さ覚えるこの時期は、バジルを添えた冷製パスタが、いい。

Commentaires

埴谷雄高とアンドレ・セゴビア

埴谷雄高、彼は不整脈を患っていたことから、実際に心臓がある瞬間止まる経験その中に、彼の形而上学的思想が生まれた、という話を聞きました。
これは身体的現象が思想を促すという面白い逸話です。

アンドレ・セゴビアの音楽にインスピレーションを受けた音楽家。
彼はセゴビア自身の演奏を目の前で聞いたことはないかもしれないけれど、残された音源から音の魂を内包し携え、今、違う形でわたしたちの心に彼自身の音楽を届けてくれます。

演奏を職能とするわたしたちの今は、ある試みの過程只中にあります。
生きた人間が生きる人間のいる空間で奏でるということの不可能性。

同じ空間に、今は亡き彼らの、思想、音楽という存在は今もわたしたちと共にある。
生きた音楽の中にあるはずです。

IMG_0097 2

IMG_0244
一音が放つ曼荼羅五月闇

Image de prévisualisation YouTubeセゴビアにインスパイアを受けたというSun Kil Moon(MARK KOZELEK)の音楽

Commentaires

サティの誕生日

5月17日。
芍薬に薔薇、梅花空木(バイカウツギ)に忍冬(スイカズラ)の香り、
その色気に目眩を覚える暦の上では初夏。
サティの生まれたノルマンディー、オンフルールの海辺に行くまでの道にも、たくさんの香りが漂っていることでしょう。
白を愛したサティのささやかな声、ともいえる作品
「Fâcheux exemple-憂鬱の例え-」を聞きながら、刻をやりすごす今日です。

IMG_9903
空白の誕生日埋める薔薇の香

IMG_0017
孤独とは白を愛した男の空木

Image de prévisualisation YouTube

Commentaires

悲愴・再生・ 親密な

最小限の中にある音楽をびしびし感じ取る。
その音楽とはどこにあるのでしょうか。
それは、やはり最小限的関係性の中に在ります。
こうやって、生活の中のささやかな、しかし親密な関係の中にわたしたちは音楽を宿して生き存えてきたのだと思います。
ベートーベン、アルメニア、マーク・デゥクレ、セックストーイの歌、スティーヴィー・ワンダーを今宵下弦の夜に。

2020年5月14日下弦のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio2020514-waning-moon/

1) The Spinners (Tigran Hamasyan)
2) La chanson du sextoy (Maki Nakano)
3) L’annexe (Marc Ducret)
4) Golden Lady (Stevie Wonder)
5) Piano Sonate pathétique / Beethoven
(Daniel Barenboim)

IMG_0572
遠きにて皐月半月密に乞ふ

Commentaires

香の季節 la saison d’odeur

IMG_9670
急ぐことなゐよと苺口にせむ

IMG_9561
顔を寄せ過客残り香薔薇にみる

Commentaires

From this place

茫漠たる日々の中どうやら躁のタイミングが突然到来し、昨日のopenradioはややはしゃぎすぎたかもしれません。
5月11日から解禁となる外出規制。
人々がどのような表情で街を行き交うのか、今までにない感覚に出会う気が致します。
何となく始めて登校するような気分です。

毎日の食卓もきっと様相を変えることになるでしょうか。
この場所で、この場所からできることを。

IMG_9455
南蛮漬けは作った翌日が、うまい。

IMG_9332
小ぶりな鯛のすべてをささやかな今日の命とします。

IMG_9348
フランスで茶碗蒸しを食すとは、昆布と鰹節でひく出汁が日本人のDNAを朗らかにしてくれるということのようです。

IMG_9304
5週間ぶりのマルシェの魚屋さんでは思わず鯵に鯛に蟹に手が伸びてしまいました。

暮らしとは普通の日々に鯵求む

Commentaires

同一性とはグーグル検索の中にあるわけではない

茎立ちし、花が散ったら種を採り、次の恵みとする。
少し残しておいたクレソンを水にさせば、めくるめく命の循環を生む根が生える。
体も心もむずむずしてきました。
こんなにお天気な日が続けば、ものみな細胞は覚醒しますよね。

グロテスクなこの世の中において、個々人はアウトプットの方法として三種の神器となったTwitterやFB、インスタに委ねるしかない現世紀であるようです。
 体感的距離をスローガンに、そしてアイロニーを携えわたしがすることは、5月11日以降の街の角で一人サックスを吹くことかもしれません。観客は晴天の雲としておきましょう。音の震えは森の中に、山の中に、そして水面に在ればいい。
もちろんサックスにマスクをつけてね。

2020年5月7日満月のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio202057-full-moon/

「小さきものたちの神」の著者であるアルンダティ・ロイ女史の「民主主義のあとに生き残るもの」の一節にはこうあります。

「人びとの心に触れる術[Art]。そのような術[Art]は人びととつながり、人びとをつなげて精神の共同体を作り上げることができる。これこそがわたしたちにとって最大の挑戦です。
ーある人は「どうやって反応(フィードバック)を得るのですか?」と聞きますが、
「交差点に立っていれば自然に得られます」と答えています(笑)。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サンバルテレミー島のマキさんは、マルデグラの日にトランプ実物大人形に火を放ったイカした男。
IMG_9713
夏めくやここから探す君の空

Commentaires

楢山節考ーアンティラの豪邸

「資本主義の現実の-墓掘人-は、まるでイデオロギーを宗教とした枢機卿のように、妄想に憑かれたままその役目を終えるかもしれない。
いくら戦略に長けていたとしても、彼らには単純な事実が把握できないようだ
ー資本主義が地球を破壊している、ということを。
戦争と消費というふたつの古いトリックで過去の危機を切り抜けてきた資本主義だが、もうその手は効かない。

 私は長いあいだアンティラの外に立って、陽が沈むのを見つめていた。
その塔のような豪邸建物が、高さと同じだけ深さを持っていることを想像してみた。
そうするとそれは27階建ての根茎を持っていることになり、地面の奥深く根を張りめぐらして地球から栄養を吸い尽くし、それを煙と金に変えてしまうことだろう。」
                      ーアルンダティ・ロイ

 死の循環という希望ある世界と、飼い慣らされる生の不自由さの世界。
わたしたちの今はハイパーローカル、あるいは鶴見俊輔云う »Extremely Local »である土地土地で、ひっそりとそして揺るぎない生という時間を携える者たちへの眼差しから始まる。

IMG_9661

IMG_9662

窮屈な自由の果ては首夏に死す

Commentaires

皐月上弦八十八夜

自然には隷従しますが…命をないがしろにされた果て自由という名の似非社会による内的自由とどう対峙するか。
窮屈な自由。

母国を遠近からみる、そんな日々が続きます。
季語は今日から夏へと変わります。
古典声楽歌唱法タハリールの至宝、Alim Qasimovの声は、壮年よりまして御歳だからゆえの質感がたまりません。

フランスーアゼルバイジャンーペルー・アヤクーチョの音楽を、どうぞ。

0) No Title (Maki Nakano)
1) Ragalegria (Louis Winsdberg)
アルバム:Jeleo (2001)
2) Essoum Lennie-Bird (Stephan Oliva & Francois Raulin [P])
アルバム:Tristano
3) Mansuriyya (Alim Qasimov)
アルバム:Awakening
4) Pour que l’amour me quitte (Camille)
アルバム: Le Fil
5) Adios Pueblo de Ayacucho (Shin Sasakubo)
アルバム:Ayacucho I – Tradicional

2020年5月1日上弦のopenradioはこちらから
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-202051-waxing-moon/

IMG_9546
上弦や香も届かぬ春の距離

Commentaires

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil