• Accueil
  • > Archives pour février 2019

Archive pour février, 2019

It might as well be spring 江戸は色街妻戀坂

酩酊の丑三つ時は春を待つ

梅の気配は後ろから。
御徒町ー湯島の水脈そこには色街ありて、
田に神をみた人々はその地を神田明神とし、
水を求めたそこは工芸高校坂下水道橋。
東京徘徊月夜、春を待っています。

IMG_1303
お囃子は24時間営業です。
この音は次回のopenradioで!

IMG_1297
色街抜けて、坂を登れば社にたどり着く。

IMG_1301
まあ、なんと湯島がラブホ街だったとは!
言われてみれば、鶯谷、五反田、錦糸町、円山町、
京は小屋ノ内町、名古屋柳橋なんて、どれもちょっと詩的な名前の街ですね。

Commentaires

俳句とジャズ

満月輝々として夜にある今宵。
openradioは本日お休みです。

3月2日(土)には、「俳句とジャズ」という、
ちょっと変わったトークショーをします。
場所は1967年に開店したジャズ喫茶の老舗、「いーぐる」にて。
どんな音やら言葉が飛び出すのか、
今からドキドキしながらカレンダーを追っています。
対談相手は俳人であり、ジャズ批評家の村井康司氏。
硬派なものからかわいらしい句集を手がける編集者でもあります。
もしかしたら、サックスの生音も登場するかもしれません。

第655回 2019年3月2日 (土曜日) 午後3時30分より
対談 仲野麻紀 × 村井康司

Jazz Café いーぐる
東京都新宿四谷1-8
TEL 03-3357-9857

IMG_0104
きっと19日は雨の中でお月さんは雲の中かな。
そんな時は、稲畑汀子さんによる句集「月」をめくるのも、いいかもしれません。

IMG_0108
村井さんが手がけた俳句本のひとつ、「てのひらの味」ですって!

あきらめてをりし満月中天に 汀子

Commentaires

おおきな子供、小さなおとな

図書館は楽園ですね。
といっても楽園では本よりも音を聴いている方が楽しくて、音源ばかり借りていた。
そうあの時代はカセットテープやCDを借りられたのですね。
Youtubeもなければ配信もなかった。
本を借りているふりして実はMJQやらStan Kentonやら、やや硬派なJazzをむさぼっていたその場所は鶴舞図書館。
愛知芸術センターができてからはセンター内図書館で、オーディオ視聴を日課にし、そう、本は読んでいなかったのだなあ。

1976年にできた、しかも四日市というマイナーイメージの街にある、本の楽園その地は「メリーゴーランド」という。
日本ペンクラブ主催の「子どもたちの未来、子どもの本の未来」というフォーラムが、東京ではなく、なぜ四日市!?
しかし、この地に人々は、人々は集まるのですね。希望を求めて集まるのですね。
想像するという、人間が唯一自由になれる瞬間を求めて、集まるのですね。
びっくりしました。四日市ですよ。しかしその所以は店主にあり。
2時間半の板の上の人々の語りを聞けば、笑い皺が増えてしまって、涙が溢れてしまって、どうしましょう。
案の定フォーラム終了後は作家さんたちの本を人々は求めたこと。

児童虐待という今とは。
それは個人の世界と死という世界を、だれかと共有できない世界に起こりうる現状なのです。

ああ、そういえば、今やアルコール依存症でもうなんともいえぬ父の姿を目の前に、彼からの誕生日の贈り物はいっつも本だったなあ。と、記憶というのは何と残酷なんでしょうね。
愛する人々はいつも、本を贈ってくださった。

余談ですが、生まれ育った町の名前は「楽園町」という名前でした。

Commentaires

複数形の生きる

openradio 2月の上弦もレユニオン島の音を。

どんなごはんにも添え物として存在するルガイユという食べ物。
これを体験してからはこれなしでは何だかどんなごはんも物足りなくなってしまう。
トマト、キュウリのルガイユはスタンダード。
一番のお気に入りは、落花生のルガイユ。
作り方は放送にて。

cloud mixでの試聴はこちらから。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-2019212-%E4%B8%8A%E5%BC%A6/

あるいは
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2019/2/13_entori_1.html

IMG_1124
タミル人によるMalbars、その寺院の鮮やかなこと。密かにこの宗教の儀式にて憑依体験をしてしまった友人の案内にて、隠れたこの寺院にたどり着く。

IMG_1068
あるいは火山噴火によって教会内にマグマが流れ入ったその姿。

Commentaires

世界の片隅に鳴る音は表現を必要としない

けいそうビブリオ8皿目のレシピはタジン。

新年、新月は断食質素の極ではじまり、日本の祝い膳とはならぬが、しかもタジンはハレの極という料理ではないが、魚、野菜をほくほくと喰みたいもの。今やフランスのスーパーでシトロンコンフィ、スパイスが手に入る。
この季節残念ながらコリアンダーは天然(人工的な力によって育つという意味で)ものはないのですが、庭にはイタリアンパセリがたくましく育っているではないか。であるならば代用すればいい。

スーフィー教団楽師ハマッチャが演奏する音響の中で、ナイフを使い自虐する男たちは、今や見世物的存在。しかし、彼自身が癒されるべき者であり、だからこそこの行為が必要だった時代もあったのだ。

掲載はこちらから↓
エッサウィラのスーフィー楽師が作る魚のタジン
――世界の片隅に鳴る音は表現を必要としない――
https://keisobiblio.com/2019/02/05/nakanomaki08/

IMG_0570
いつも使っているのは2~4人用。

IMG_1199
8人用はシンプルな装飾もの。

新年のタジンを囲む人の在り

Commentaires

立春大吉新月となり候

2019年始まる今日、新月は立春。
お待たせ致しました。お休みしていたopenradioはインド洋に浮かぶ小さな島、レユニオン島の音楽をたっぷりお送りします。
今では島に唯一残るCDショップのフィリップさんの協力を得て、TAKAMBAレーベルから何曲か。インド洋の島々のアーカイブ的役割をもったこのレーベルは言語的、音楽学的な意味でも貴重な録音を保管しています。
Maloyaマロヤ、Sega セガに70年代の電子音楽+サイケな試みも微笑ましい。
呪術的役割をもったMaloyaの音楽の話、訛りたっぷりの6/8拍子の謎、はたまた男たちが作るごはんのことなど、話したいことがたくさん!

ブラウザによって聞くことができないとの意見をいただきました。
今回からこちらからでも試聴できます。
https://www.mixcloud.com/makinakano/openradio-%E7%AB%8B%E6%98%A5%E5%A4%A7%E5%90%89%E5%8D%97%E5%8D%8A%E7%90%83%E3%81%8B%E3%82%89-20190204/

あるいはいつも通りのサイトから↓
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2019/2/4_li_chun_da_ji_nan_ban_qiukara.html

IMG_0752
先ほどいた浜辺で、漁師が鮫に喰われた…なんてことだ。

IMG_1029
ステージは海風をバックに。

IMG_0926
Cariの種類は豊富。干鱈に鮪、poulet poussière ( »埃の鶏 »という意味)

IMG_E1037
渋谷のエルスール・レコードを彷彿させる、CDショップ。
もちろんレコードもレアものばかり。

旅始鮫に喰われてなるものか

Commentaires

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil