• Accueil
  • > 俳句 haiku
  • > 狂おしいまでの想いとうっとりするほどの酔い、そしてわたしたちは »死のトランペットを »食べて生きのびる

狂おしいまでの想いとうっとりするほどの酔い、そしてわたしたちは »死のトランペットを »食べて生きのびる

狂ってどこにいたのかわからないほどの日々の果て、Openradioの放送を課すことでようやく生き延びているわけで、今年最後の放送になります。
前回の放送はこちらブログではご案内しておりませんでした。
というのもあらゆる限りの酩酊を選んだ末わけのわからぬ英語を交えての放送は、ロンドン在住のベーシストをお迎えしたにも関わらず穴があったら入りたい、という放送でした。が、音楽自体は愉快です。
40年目をむかえたTrans Musicalesフェスティバルで演奏したKevin Toublantとの放送はこちらから
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/12/22_40nian_muno_Les_Trans_Musicales.html
/

ある病を治すためにこのところキノコ尽くめの日々。
いろいろなキノコをためしております。
真っ黒なキノコ、死のトランペットとアンディーブという組み合わせ。
普通キノコをガーリックで炒めて旨みを引き出すものですが、上記の素材をガーリックの風味に頼ってはいけない。
なぜならばコンビネーションの中に浮上する味、それは苦味を味わうということだから。
この苦味に寄り添うワインは往々にしてジュラ地方の黄色いワイン vin jauneとなる。
大いに苦味を味わい、その先にある旨い、という境地を感じたいものだ。

今年をしめくくる下弦の放送はこちらから。
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/12/29_2018nian_zui_houno_xia_xian.html
/

IMG_0429
大活躍のベース奏者Kevin。

IMG_0372
こちらがLa trompette de la mort 死のトランペット。

IMG_0047
こちらは Morille モリーユ茸。
うまいが高い、でもうまい。この連鎖の中で財布の中身を数える。乾燥ものを入手し調理する。
このレシピはいずれどこかで。もちろんブレス鶏とジュラのvin jauneで。
「美味しんぼ」でも紹介されていたとか。

IMG_0026
完全に陥溺。どこを彷徨っていたかというと、限りなく人と接しない場所。

夕凪や死は安らかかと問ふ寒波

Laisser un commentaire

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil