• Accueil
  • > Archives pour décembre 2018

Archive pour décembre, 2018

狂おしいまでの想いとうっとりするほどの酔い、そしてわたしたちは »死のトランペットを »食べて生きのびる

狂ってどこにいたのかわからないほどの日々の果て、Openradioの放送を課すことでようやく生き延びているわけで、今年最後の放送になります。
前回の放送はこちらブログではご案内しておりませんでした。
というのもあらゆる限りの酩酊を選んだ末わけのわからぬ英語を交えての放送は、ロンドン在住のベーシストをお迎えしたにも関わらず穴があったら入りたい、という放送でした。が、音楽自体は愉快です。
40年目をむかえたTrans Musicalesフェスティバルで演奏したKevin Toublantとの放送はこちらから
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/12/22_40nian_muno_Les_Trans_Musicales.html
/

ある病を治すためにこのところキノコ尽くめの日々。
いろいろなキノコをためしております。
真っ黒なキノコ、死のトランペットとアンディーブという組み合わせ。
普通キノコをガーリックで炒めて旨みを引き出すものですが、上記の素材をガーリックの風味に頼ってはいけない。
なぜならばコンビネーションの中に浮上する味、それは苦味を味わうということだから。
この苦味に寄り添うワインは往々にしてジュラ地方の黄色いワイン vin jauneとなる。
大いに苦味を味わい、その先にある旨い、という境地を感じたいものだ。

今年をしめくくる下弦の放送はこちらから。
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/12/29_2018nian_zui_houno_xia_xian.html
/

IMG_0429
大活躍のベース奏者Kevin。

IMG_0372
こちらがLa trompette de la mort 死のトランペット。

IMG_0047
こちらは Morille モリーユ茸。
うまいが高い、でもうまい。この連鎖の中で財布の中身を数える。乾燥ものを入手し調理する。
このレシピはいずれどこかで。もちろんブレス鶏とジュラのvin jauneで。
「美味しんぼ」でも紹介されていたとか。

IMG_0026
完全に陥溺。どこを彷徨っていたかというと、限りなく人と接しない場所。

夕凪や死は安らかかと問ふ寒波

Commentaires

Va pensiero あるいは je chante avec toi Liberté

12月15日、フランスの上弦の月は厚い雲に覆われた、蕭々たる冬の雨。

今宵のopenradioは70回目になります。
ヴェルディの作品、ナブッコの第3幕第2場のVa pensiero,sull’ali dorate(行け、我が想いよ、金色の翼に乗って)のアレンジでナナ・ムスクーリの声を。コルトレーンのサックスに陶酔して、Ayoの歌声を。
そして、今宵12月15日の夜、Bleueを捧げます。

と、録音を終え窓の外には、煌々たる半月が現れました。
霖をどこかに追いやって現れた月光は、何を語っているのでしょうか…
お月さんが70回目の放送を喜んでくれていると、いいな。

openradioはこちらから(ブラウザFireFoxからお聴きになれます)
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/12/15_70hui_muhaVa_Pensiero.html/

IMG_0405
ガソリンが必要な…わたしたちの生活とはなんなんでしょうか。

IMG_0202
落ち込んで凄雨の後の月冴ゆる

Commentaires

言語都市・台北

誰かが仰っていたけれど、文字の意味が理解できると、その文字の発音は二の次になる、と。
台北滞在ではまったくその現象が起こりました。
「高雄」「松山」という地名はさてなんて発音するのでしょうね。

生田緑地の西にある明治大学生田図書館Gallery ZEROにて、12月24日まで
特別展示 「言語都市・台北」
作品と図書の展示が開催されており、私も参加しております。
21名の文章が紡ぎ出す、台北の現在。
読む展覧会。
詳細はこちらから。
https://www.meiji.ac.jp/koho/press/2018/6t5h7p00000tjz4p.html///

お勧めの道順は、お天気がよければ向ヶ丘遊園で下車し、生田緑地内のセコイヤ樹林に挨拶をしながら岡本太郎美術館に立ち寄り母の塔をぐるっと巡りながらお山を越えて生田校舎へ。
あの地に息づく空気が好きです。

46712869_10214648418498940_5800887451085963264_n-1

Commentaires

ラストタンゴ・イン・パリはお好き?

今回のけいそうビブリオフィルの連載「ごはんを作るところには音楽が鳴っていた」
はギリシャを出自にもつジャズピアニスト、ステファン・ツァピスが作るタラマです。
彼との演奏の舞台となったのが16区の、ラストタンゴ・イン・パリの撮影に使われたアパート。
セーヌ河を渡るあの橋のシーン、バターのシーン…そして音楽。濃厚な味。そんな内容だけではない、移動と生をテーマにした今回の連載はこちらから→
https://keisobiblio.com/2018/12/07/nakanomaki07///

何もかも、「仕方ない C’est la vie」で片付けることができればいいのですが…
種と水に関してはどうにもそうはいかない。

大雪を迎える新月12月7日のopenradioの放送はこちらから→
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/12/7_yi_dongno_xianniaru_sheng.html

IMG_0187
あの日のエーゲ海の風を

IMG_0308

IMG_0354
連載に登場した雲丹と蛸を採った男たち

気がつけば数えて会えぬ12月

Commentaires

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil