That’s all

openradioは一ヶ月のお休み中です。
雨はひとしきり降り、風をまとった春光が木々を照らします。
啓蟄三日目今宵は夜空に下弦のお目見えかな。
まっぷたつき=真っ二つ月。
放送はできませんが、聴きたいなあ、と思う曲があります。
でも、すでに存在する楽曲ではなく、今生まれる音、それを即興と呼ぶならば、
そんな音楽を聞き入りたくもあります。

スタンダードと呼ばれる曲々は、あまりにも過去を蘇らせる。
過去に微笑むことができればいいけれど、ね。

そんな時は、メジロに雉、鷺などの鳥の声に耳をかたむける、
ただそれだけでいいのかもしれません。
ある人類学者が話していました。
「重さに抗いながら、飛翔の自由への回想を手放さないこと…
鳥たちは翼に変えた手で、攫みえぬ大気を捕捉するのを感知する…
翼の自由はまた咽頭の構造を変えて音声によって鳴き交わす可能性を開いたのではないか、」と。

遠い現実が、目の前の現実になることによって、その事実は深さを増すようです。

IMG_0031
梅の芳気は暁時に一人で、がいい。

IMG_0059
京都の、だれもいない教会に、ろばをみつけました。

Laisser un commentaire

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil