• Accueil
  • > Archives pour janvier 2018

Archive pour janvier, 2018

ポーランドのホテルで壁を殴る、夜

共産党の名残、建物、スターリンからの贈り物といわれる文化科学宮殿タワー。
その隣にそびえるガラズ張りのビルとスターバックスの皮肉な存在。
ワルシャワから南下し、中世そのままに姿を残すクラクフに移動すれば、
モンゴルから、ロシアから、土地は翻弄されしかし生き続ける人々の姿は
いつも食べる場所で真正をあらわす。
シオニズムの疑いのない入植プロパガンダポスターを、クレズマー音楽名物の
レストラン内で見れば、嘔吐せずにはいられない。
そんな夜はホテルの壁を枕の上から殴り、殴り、泣くしかない。
なんなんだこの現実は、過去が今につながる今日、畜生。
行く必要もなければわたしのパスポートでは行くこともできない
イスラエルを目の前で味わう。アウシュヴィッツの悲劇は目の前にある。

日本美術技術博物館での演奏後、会場でスマレッツにピエロギ(ラビオリ)、
鯖の燻製に梨のソース、鰊の酢漬けにザクロを頬張り、
来客皆三三五五家路に着く中、やりきれない想いで一人夜の街に、午前3時零下5度。
社会主義時代の名残の飲み屋で、60度のウォッカをあおった。
もちろん翌日は演奏の本番前まで寝るはめに至るわけだが、炭火力発電所の大気汚染でクラクフの街はいずれにせよその日は外出禁止のほどだったという。

溢れんばかりの人々が集まるギャラリーで、
演奏のための静寂を作ってくださったのは、
今宵の主役であるGUTAIの代表的作家、松谷武判さん。
芸術の先輩方がつくりだす豊穣な作品に囲まれた空間で演奏できることに、
感謝せずにはいられない。
楽器を演奏することだけが今、命を支えてくれているようだ。

腫れる手の甲の赤さは冬深し

IMG_0302
オープニングの翌日は観客のいない展示室での、演奏。

IMG_0207
Alisaka Lahusenと松谷さんの展覧会の名は、Confluence

IMG_0316
Alisaka Lahusenと彼女の作品の前で

IMG_0311
同時開催のギャラリー展覧会の名は、「DO」

IMG_0171
腕に刻印された人々が、壁をつくるために、建国するための道具を渡される、というこんなプロパガンダが、
イスラエル建国1947年前よりずっとずっと前から行われていた…

Commentaires

「数と夕方」

去年今年、一年の最後の日に詩集が届きました。
大晦日の夕方、郵便受けに入っていたのは「数と夕方」。
最後で、最初の言葉となりました。

だれでもないだれかに語る、というかつぶやきmurmurerの様です。
形容するなら、やさしい。
オブジェとしてとらえると、なんだか、四角いギモーヴguimauveの様です。
味は、ニュートラルに。

大事に大事に読むその時間のうちに、ブルターニュの天気は変わります。
深い霧が覆う午後、海からの風が厚い雲に流れを促して、
一息ついて窓を見れば青空。
気分は晴れ、本に目を戻し一編を読み雨音に気づく。
そうか、時間が経過したのか。そんな感覚です。

どの節から読みはじめても、つじつまを探さなくていい様です。
詩集の同著者、管啓次郎さんの「本は読めないものだから心配するな」で感じた
あれです。

声なき今、残る言葉は指のあいだからこぼれ落つ。
生きた言葉が連れてくる情景が、心象に響きます。

1月の新月の放送はこちらから
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/1/17_shuto_xi_fang.html

IMG_0082
「ふじつぼ」の編を何度でも読み返します。

去年今年机に落つる涙かな

Commentaires

No One Knows

10代~20代絵画(彫刻もか)モデルをやっていた時、休憩中にある絵描きさんが言った、「電信柱の後ろでだれかその音を聴いてくれているかもしれない。」
というなんともトリップな感じの言葉を思い出しました。
有名無名色々な音楽や歌声がこの世にはありますが、誰に知られることを目的としないそんな歌声を、Meredith d’Ambrosioの存在から聴き受けました。

新年明けた下弦、寒さが増す小寒に響く音です。
1月8日の放送はこちらから。
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/1/8_No_One_Knows.html

IMG_0114

北山にたなびく雲の青雲の星離り行き月も離りて 

Commentaires

遠近の、UKファンクに少し救われて

満月、燦々と光そそぐ新年の夜。
後何時間後にはcoucher de la lune。そしてまた一日がはじまり、
一日は続き…
月の満ち欠けに身を委ねて、いつか遠近の想い出になる日を待って、
今日聴く音にすこし救われる。そんな一年になりそうです。
どうぞ平安な新年の一日をお過ごし下さい。

2018年1月2日の放送はこちらから。
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2018/1/2_yuan_jinnoUKfankuni_shaoshi_jiuwarete.html

IMG_0090

IMG_0003
UKファンクCymande。
ルーツはガイアナ、ジャマイカ、st.ヴァンセント・グラナディン。当然。

Commentaires

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil