• Accueil
  • > Archives pour juillet 2017

Archive pour juillet, 2017

ティノス島の鳩小屋

7月6週目、上弦のopenradioの放送は8月3日になります。
連なる谷間の鳩小屋。50人ほどの村に8つある教会。
ギリシャ正教会とカトリック教会が共存するこの島での録音は、
ちょうど上弦の日のミサ、鐘の音がメインになりそうです。

何百年も変わらぬこの島の景色は群島と共にあります。

IMG_0322

卯波たつ老父ひとりの島の浜

Commentaires

カンボジア、あるは和田弘とマヒナスターズ、みたいな

暑い日々、のはずの夏。しかしこちらフランスは雨ばかりの寂し夏。
それでは暑さを求めてカンボジアの音楽と同期しましょ!
伝統音楽はもちろん、ポル・ポト政権以前の音楽のパラダイスであった
この国の音楽。
宮廷音楽、ムード歌謡。内戦前の朗らかな音楽。
メコン河畔、アンコール・ワット、アンコール・トム、
あるいは野外の小学校の子供たちのいる空間で想ったことは、
そう、音楽はいつも僕らの味方です!

openradio7月23日新月の放送はポル・ポト政権前のカンボジアの音楽をお聴きください。
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2017/7/23_mingkeno_ming_xingankurutomuno_yin.html

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
悔しい、けれど彼らの人生は音楽なんだ。
地雷で足や手を失った人々の演奏。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プノンペンの母さんと娘さんが営むレコード屋さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
寺小屋小学校を支援するのは、河口湖は »湖のホテル »の山下夫妻。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
じいちゃんが弾くト・ローの音色。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
母さんが道端で作る、バナナご飯!

Commentaires

John Taylorの音、船から聴こえる音

明け方の下弦がぽつりと浮かぶ朝7時。
革命祭りの宴が終わればフランスはヴァカンスモードに一変。
民族大移動のはじまり。
田舎へ、外国へ、海辺へ山へ。
そこどこでみる夜空はどんな表情でしょうか。

敬愛する亡きピアニストJohn Taylorは、そんなヴァカンスの最中
各地で行われるジャズフェスティバルでの演奏中に亡くなられました。
2015年7月17日。
彼の奏でる音の旋律や粒、息遣いが、夏の夜にしみる。

宴あと煌一粒の旱星

openradio7月16日下弦の放送はJohn Taylorの演奏をたっぷりとお聴きください。
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2017/7/16_John_Tayloryinno_li.html

IMG_0007
旱星とは蟹座のアンタレスのことだそうです。

immersion04-239x300
一年ワインを海に沈めると、10年分ほどの熟成の価値になるとか!?
100年前の帆船を祝っての演奏でした。

fete-BDV-2017_05
船の上での演奏、聞く人が待つ港に近づけば、音はあっちにいったりこっちにいったり。
リアルステレオな音の姿とは。

Commentaires

満月を、天の川をどこで眺めていますか

一昨年南仏のValenceという街から数キロ離れたJardin Zenという
日本庭園で演奏をしました。
日中の南仏の暑さは30度以上。ひきかえ晩涼の中
ようやく宵闇がやってくる23時、
真っ暗の中、空から星はこぼれてくるようでした。

都会の光の中でみる夜空、ビルの合間から見えるお月さん。
霞が関の、国会を前にしたひらけた空に、天の川は観れるだろうか。

7月9日満月の放送は、アルメニアの楽器、レユニオン島、
Tuck&Pattiの爽快なチューンをどうぞ↓
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2017/7/9_tianno_chuanwodokodemiteimasuka.html

IMG_0018
暑い日にはビーツBettraveのスープを!
リンゴ酢を加えることによりより一層色が鮮やかになります。

IMG_0003
宵闇がおとずれてくると、そこには蛍が。

初蛍見つけて今日は満つる月

Commentaires

ブルターニュ900kmの旅

ひとりの作家、ひとりのイラストレーター、ひとり陶芸家が
ブルターニュに残るケルト文化を求めて900kmの旅となりました。
この地にはその象徴となるものはなく、
ただただヨーロッパ大陸極西に残る自然の中に、空気感としてただよっている。
この半島に残る自然の中にいまも目には見えない妖精や小人がいる様です。

旅の最後には村の小学校にて皆で習字の授業を。
海と共に生きる小学生と「海、海、海」の時間となります。

7月1日上弦の放送はこちらから↓
http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2017/7/1_burutanyu900kmno_lu.html

IMG_0049
極東-極西、海と海で、わたしたちはつながってるね!

IMG_0097
レンヌ-モン・サンミッシェル-フィニステールと続きます。

IMG_0068
アーサー王伝説、ケルトの妖精たちがいる森へ。

Commentaires

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil