春時雨に釣り人

季節は梅雨に初夏の気配、そんな中、春のツアーの続きを綴ります。

秩父を後に向かうはしまなみ街道出発点尾道。
「しまなみ音楽祭」の一貫にてサックスを教えることに。
といっても優秀な生徒さんたちはテクニックに譜読みになんでもござれ。
わたしなんかよりもずっとずっとこの楽器に精通している。
教えられることは経験に基づくサックスの »鳴り »ぐらいなもので、
かわいいかわいい生徒さんたちとサックス四重奏と相成りました。
向島と尾道を毎日お船に乗り通い、瀬戸内はうつくしいなあ、と水面を眺める。

水面は釣り人の心を映すようです。
広島のある港で延べ竿をもつ一人の姿に、惚れ惚れしたものです。
釣りって、何なんでしょうね。
その疑問を探るには、竿をもつべきかな、ということで、
延べ竿を広島の釣り人から譲りいただきひとつの経験をしてみようと思います。

日本から来仏する一行とブルターニュでの取材の合間に、
竿を水面に投げてみようかと思います。
何が、釣れるかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
釣り人は時雨の中に一人立つ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
海魚大全は広島のうまい酒を飲ませる厠にて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サックス大好き!

Laisser un commentaire

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil