秋葉原のおいしくなあれ♡

出会い系バー、失敬、ではなくメイドカフェに行ったことがあります。
興味本位というよりは、来日中ミュージシャンの要望に応え、
保護者のつもりで同伴しました。社会見学もかねて。
どこに入るべくか秋葉原をウロウロしていたのですが、
当然道端勧誘に合い、値段を確認していざ店内へ。
ビール中ジョッキ500円。
陳腐な居酒屋がだす食べたくもないお通し料が加算されることもなく、
しかし店内の条件は一人2杯注文とのこと。
すると、飲み物を持ってきたメイドさんが手で♡を作り
「おいしくなあれ、おいしくなあれ」と呪文を唱えるではないですか。

つい最近土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」という本を読んだばかり。
その中で、口に入れるものにおいしくなりますように、という想いや念は愛情の
表れだ、という節がありました。
メイドカフェのおいしくなあれ、は偽善でもなんでもなく
リアルにおいしくなるための呪文。
店の中全体が愛に包まれているのだ。

包まれているといえば、このお店の壁は全面テレビで埋め尽くされていました。
そこに映る番組は、ニュース番組が多く、BBCなど海外番組も。
そこで映る映像は、川内原発2号再可動、ISによるロシアへの宣戦布告のニュース。
ただいま現在であれば地中海を渡航する難民、あるいはアレッポ爆撃の様子でしょう。
このメイドカフェという空間がカオスであることはお分かりの通りです。
この映像の前で、おいしくなあれとまじないいをして飲むビールは
おいしくもなんにもありません。

目の前にカオスな現実があるだけだ。
裾が汚れたまま、擦りほつれた白いエプロンを着て、
お客さんをもてなすメイドカフェの店員。
そういう仕事をつくった社会。
そういう仕事をする人々の声に耳を傾ける人。

6月上弦のopenradioは後半ギリシャでせめています。
放送はこちらから⇨http://openmusic.kyweb.fr/openmusic.jp.net/openradio/entori/2017/6/1_sakuranbono_ji_jie.html

NCM_0994
メイドカフェでは耳が動くうさぎのカチューシャをオプションで着用。

IMG_0010
ギリシャのサラダもクミンが入るとマグレブ風に早変わり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
目下さくらんぼの季節

Laisser un commentaire

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil