ほかいびと

井上井月という俳人を知って約一年強。
祝い、言祝ぐひと=ほかいびと。
江戸末期から明治の始め、日本という国家創世の狭間に生きた
この俳人の生きた土地が、長野は伊那。
ヴィジュアルフォークロアの北村監督の撮る「ほかいびと」は、
それはもうこの土地の人々の想いが映像に溢れている。
だから一度この地を訪れるべきしてこの地に着けば、
泣けよ泣けよの雨雨雨。
頭垂れる稲穂と蕎麦の花々の中に、井月さんの句が待っていた。

除け合うて二人ぬれけり露の道(井月)
台風裡伊那の谷間に雲霧かな (麻紀)

出来揃ふ田畑の色や秋の月 (井月)
ひとり立つ枯向日葵に陰のなく (麻紀)

案内人に、感謝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
長野はだから、蕎麦畑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
絶句となったこれこそ名句。  »落栗の座を定めるや窪溜まり »

Laisser un commentaire

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil