ごはんを作る女たち~モロッコ~

料理、をする男。
ごはん、をつくる女。
前者は、例えばマラケッシュのフナ広場や、スークの屋台で客のために。
後者は家で家族のために。
家庭でごはんを作る女たちは働き者だ。
もちろん「飯」をこしらえることは、働くということでもある。

市場で食料を買う(これ重労働)、買ってきた野菜を洗う、切る、調理する…etc
ドキュメンタリー映画 « La cusine en hertage 料理という遺産 » の中では、
今は失われつつある、Dadaというモロッコの家庭に一人はいたお手伝いさんが話す
場面があり、
「タジンを作るに潰した鶏の、睾丸が付いた手で料理したものは必ずおいしい!」
と言い切ってしまう部分に、したたかに生きる姿、
そしてうまいごはんを作る姿と愛嬌がみえる。
また、マグレブで美味しいごはんを食べたいならば、
家庭に呼ばれることだ、と断言している。

となると人と人とのやりとりが必須になる。
だれも見知らぬ人を家に招いたりはしない。

エッサウィラのベルベル人でルバーブ奏者のアブダラに、
砂漠近くにある小屋と呼べそうな家に呼ばれた際、
家の女たちはまずオリーブや木の実、そしてタジンをごちそうしてくれた。
腹も一杯になったところで演奏か、と思いきや、
「デザートはクスクスだよ」と冗談。
いや、冗談でなく本当にクスクスがでてきたのには心底驚いた。
裏の台所(といっても木を差し入れる釜があるだけだが)に行き、
豪勢なごはんを作ってくれた奥さん娘さんに会いに行くと、そこは女だけの場所。
はにかみながら、残ったクスクスを食べている姿。
彼女達はベルベル語しか話さないので、手振り身振りでお礼を伝えたものの、
誰かのためにごはんを作ることを、毎日の営みとしている姿が胸を打つ。

メディナで仲良くなったおやじさんやおばさんに
「明日の昼、家に来ませんか?」
と誘われれば人として認められた、というか、
存在を分かち合う関係ができたと云っていい。
人間の存在とは、ごはんを食べることなしには成り立たないから。

そして、ごはんを作る女たちは、ちゃんと人をみているから。

イスラムのおでんに集う家族かな

IMG_0048
女たちの居場所、である台所

IMG_0053
中庭でクスクスをつくるおかあさん

IMG_0054
家族で仲良く食べましょうね

IMG_0051
アルガンを潰す女たち。固い殻を砕くは小さい頃から得た技。
これが美容商品としてのアルガンオイルとして売られる。

IMG_0052
そして今、次世代に伝えられる、クスクスの作り方。

Laisser un commentaire

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil