Archive pour mai, 2014

タジギスタンから、こんにちは その2

ひとつに、演奏旅行とは、この土地の人々のありのままの姿に出会う機会であると、
常々思っております。
リハ、演奏、サウンドチェックが終われば、市場に出向き、
彼らが何を食べ、女たちとのやり取りを眺め、一杯のお茶の値段を知り、
道端で物乞いをする人々の様子を見る事で、その国の姿がみえてくるものだ。

大広場の迎賓館や、外務省、指導者の彫像に見られる国の姿よりも、
市民の姿を見る事に、魅かれる。
そして、国の借款を、公園でたわむれる市井の市民は、知る由もないだろう。

タジギスタンを代表するパミール山。
に向かって田舎道を車で移動中のこと、明らかに異様な建設中建物が、みえる。

「あれは何ですか?」
「ああ、あれは部屋を暖めるためのものです。」

おそらく建設中の原子力発電所ではなかろうか。
これは確率の高い、憶測です。
しかし、もしそうならば、
やはりこうして国民の意識はプロパガンダされるのですね。

…..「部屋を暖めるもの」…..

NCM_0774

NCM_0767
町の市場には、地産のものが溢れる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
町の中心地はただいま建設バブル。背景に注目…ここは広島!?

NCM_0759
記念式典の予行練習のために集まった何万人というタジギスタン軍、警察

Commentaires

タジギスタンから、こんにちは その1

「では水は誰が創ったのですか?」

ひとつの文化の底辺に、深く重く、そして存在の根源として在る宗教の力を、
ここタジギスタンで、思い知らされたわけです。
様々な国で演奏していると、西洋中東どこ問わず、
常に挨拶のあとの会話ででてくる宗教の話は、往々に私の仏教的思考を
否応でもリフレクションさせてくれるわけで。
しかしこの問題に縛られていてはせっかくの演奏旅行の大半が、
少しネガティフなものになってしまうので、土地のおいしいものを多いに食べ、
土地のミュージシャンと多いに語り、ここは1990年にソビエトから主権宣言した
タジギスタン、イスラムの風習は多いにあるけれど、
今日も多いにウォッカで乾杯しましょう。

アネットがたくさん入ったサラダは、アロングと相性よく、
スープもソビエト下の名残か、ボルシチが多く、
しかしスープは透明、ベトナムのPhoを彷彿させる。
肝や羊のブロシェットはトルコのそれ、違いがあるとすれば、
イスラム圏の串焼き屋さんでお酒が飲める機会は稀、
しかしここはお昼から淑女でもビールを片手に、ほくほく頬張るものだ。

ちゃんと仕事もせねば。
国立タジギスタン音楽院でのマスタークラスは、「ジャズとは何か」
をお題にした会議、
そしてタジギスタンの生徒とのディスカッション
「エスノジャズ(民族的ジャズ)とは」。
タジギスタンの伝統曲をアレンジし、生徒共に演奏。
ちょっとイタズラっぽくライヒ風のイントロデゥクションを提案。
ピアノ、ウード、クラリネットのミニマルな構成に続いてドタールのソロ、
テーマ、という流れ、どうだろう。

それにしても、ウズベキスタンの若手ジャズマンの力量、そして
キリギスタン、タジキスタンのジャズに対する興味の深さ、
これから楽しみな世界に出会った。
さて、実は今日がエスノジャズフェスティバル最終日、
我らの本番です。フランス代表としてがんばらねばね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
15日に開会したEthno Jazz Festival。
司会はロシアのジャズ批評家Mr.Gregory Durnova

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
国立音楽院でのマスタークラスを終え、演奏準備。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タジギスタンのパーカッション、想像を越える…音の連なりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タジギスタン風ボルシチ。

Commentaires

同期 synchronisme

風は息 虚空(こくう)は心 日は眼(まなこ) 海山かけて我が身なりけり

ブルターニュのMoul Stockというフェスティバルに出演した
ミュージシャンが奏でる音や、声は、
世界の小さな村々でシンクロナイズしていたように感じました。
まるでアザーンが空に響き渡る様に。

それは、お金やメディアを通じてのグローバルではなく、
ローカルにある、音楽の在る時間の共有です。

http://moulstock.com/

ライアル・ワトソンLyall Watsonの »エレファントム »の象の足音の様に、
蛍やコオロギの集(すだ)く声に聞ける様に、
自然と呼ばれる現象には、地球上での同期を感じることができる。
むしろ、宇宙にある、地球で。
だから今日もどこかで、同じように風が吹いている。

冒頭は大慧宗杲の歌。著者 玄侑宗久氏『禅語遊心』から、の抜粋でした。
本日この御本を頂戴した次第にて、早速問答をしてみたり。

薫風や祈りのかぎり吹きにけり

だれかが奏でる音も、どこかでだれかとだれかが、
だれかと虫の音(ね)や風の音と、同期しているのかな。

5月31日に奏でる高野山の音も、そこに在る自然と戯れながら、
どこかのだれかに、届きます様に!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バングラディッシュから、ブルターニュの小さな村にBaulが来てくれた、
ありがとう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大西洋のスズキはゲランドの塩と卵白を混ぜたCroute de Selにして焼く、
うまさ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホタテ、牡蠣の季節は終わり、今ブルターニュは蟹がおいしい。

10322784_472578606209071_1586406810399683780_n
今年9年目をむかえるブルターニュはBilliersという村のフェスティバル。
村民の庭を開放して音楽を奏でる。
演奏家の目の前に座っていた子供たちも、今やフェスを手伝う高校生になりました。

Commentaires

立夏に鯉のぼり

いよいよ五月に入り、明日から暦では、夏。
穀雨は大地に恵みを、生きとし生きるものみな春暁から目覚め、
いよいよ力みなぎる時期に、入るのかな。
仲間がいなく、ひとりぽっちでかわいそうだけれど、
今が出番、わたしのミニ鯉のぼり、がんばって泳いでね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鯉のぼりひとり異国を泳ぎをり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フランスのマテ貝は小ぶり、生もいいけれど、マリニエールも捨て難いのだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今からが旬、バジルにミント、すくすく育ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この時期、どのビストロも競って白アスパラガス!

 

Commentaires

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil