ガレット100枚挑戦!

蕎麦好き高じて究極のガレットを探求中。
というと大袈裟ですが、フランスで最も美しい村に選ばれたRoche-en-terre
という村でクレープ屋さんを営んでいたアンヌさんに教えを乞う。
水と塩とそば粉と卵。12時間寝かせることができればこの材料だけで
なんとも香ばしい蕎麦粉のクレープができる。
時間がないときはビールをちょこっと加えるコツを覚えると良い。
このレシピは今秋発売の本にて掲載。

bonne fin d’été, 良い残暑を!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
生徒は緊張中、気持ちも熱いが鉄板の熱さといったら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
師匠は職歴35年!形は美しい円、余裕に50枚目を突破中。

Commentaires

宵詩 poème du soir

明後日は満月、どうやら雨の予報。
いつもいただく京都は松栄堂のお香。
小さな箱を手に取れば「宵詩」の名前。

箱の横には
「静かな雨音、宵に香る」
と書かれている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏時間ひとり宵待ち香焚きぬ

Commentaires

NOVISA

夏休みはひとりでもくもくと本を読むことになりそうです。
日本でいただいた本の贈物。
書く宿題も山積みだというのに…

さて、NOVISAというアソシエーションを立ち上げました。
色々な人が、国境を溶かしていくような。
聴くこと、食べること、考えること…
まずはローカルからじわじわと。
さて、今宵上弦、そろそろペルセウス座流星群のあらわれる頃でしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Commentaires

ウードよ今夜も有難う

少し前の出来事ですが、東京は國學院大学というところで
演奏会がありました。
ウード奏者の眼差しの中で演奏できるよろこび。
背景のちがうウード奏者がアラブ音楽の深淵をたぐる音。
こういった演奏の機会をくださった、國學院大学の教授陣に、感謝。

13590280_1345807718777736_8644900769702170735_n

七夕や逢瀬は音をたずさへて

Commentaires

Sailaway 立秋

夏夏真っ盛り、のはずがここはもう秋の気配。
時差ボケ夜明け、毎日陽が昇るのを待っているけれど、
5時30分を越えてようやくうっすらと白んでくる。

誰思ふあの日の空に原爆忌

2012-08-09 16.09.39
帆の向こう側へ、海の向こう側へ

Commentaires

地平に建つ卒塔婆

標高1m未満の地に建つ、品川から浅草の間の南の窓、
むこうには富士山がみえます。
標高50m、西へ西へ高さを増す土地からは、
見渡す限りの一軒家。

人々が、高い所で暮らしはじめてかれこれどのくらいになるのだろうか。
高いという感覚は、いつか消え去ってしまうのだろうか。
高いということ、重力のこと、落ちるという感覚が消えたとき、
子等は命をおとしていくのだろうか。

27階のまたたくビルの光に、18階の薄暮。
12階の横浜港の明け方に、14階の住宅街。
13階東の空、夏雨あとの、虹の半分はどこにあるのだろう。

IMG_0089
天王洲からみる東京湾

IMG_0105
大島9階の家庭菜園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
中世に建てられた、海辺の村の礼拝堂から

Commentaires

生きとし生けるもの

クレマチスの丘というちょっとした異空間でみる、
動物たちの息づかいが聞こえてきそうな展覧会がはじまりました。
富士の麓、土の上、なだらかな丘。
木漏れ日がさす昼の森もいいけれど、
ものみなが、ひそひそざわざわするであろう
夏の夜の森もいいかもしれません。
この森の動物たちは、展覧会会場のまわりで、
どんなおもいをめぐらせ佇んでいるでしょうか。

パリの自然狩猟博物館で行なわれたArt orienté objet
による展覧会は2014年だったか。
常設展である剥製との組み合わせ、アイロニー。
Marion Laval-JeantetとBenoît Manginによる世界は、
360度の角度で観る者に問いかけます。
自然と動物のあいだにいる人間というあなたとは誰ですか?と。

それぞれの会場で出会った動物たちに想いを馳せ、
しかし今日、常磐色と苗色の伊勢の山から降りてきた子鹿が、
赤信号を待つ車の左横に、すっと立っていました。
置ものかと思うほど凛とした佇まいのこの鹿に、見つめられてしまった。
これが、現在の日本の里山の姿のようです。

手つなげぬ二人の小径蝉時雨

IMG_0070
橋本雅也さんの、鹿の骨でできた日本水仙
なんという世界でしょうか

art-oriente-objet_9
Art orienté objetによる作品、空気を抜くとバグパイプの要領で音がでる。
動物との関係ぬきには楽器は奏でられない。
演奏家は直接的に、動物と接しているという可視化。

IMG_0086
内山節さんの、出展作家の、想いがあふれている
書物と呼べるカタログ。

Commentaires

移動中毒症

都留の山間に育つひまわりやとうもろこし。
耕作放置地帯の割合が広がる日本で、軒の側にある家庭菜園の姿が微笑ましい。
八ヶ岳を西に夏の山は鬱蒼とした緑。
植林した杉、そして関西の山々にみられる竹の威力に蹴落とされる
樹々にくらべると、中央高地のそれは、のびのびとした表情。
山の中にいるもよし、山を視界におくもよし、
彼らの存在感があってはじめて生命を実感する、といったら大袈裟だろうか。

白根山周辺にある火山による赤土の下にはゴロゴロとした岩、岩、岩。
俳句友が営む「月の小径」の温泉にからだを沈めれば、この岩たちが、
この地の時間と土地のことをmurmur(ひそひそ話)で語る。

知るもよし、知らぬもよし。
小さな世界に今日食べるものがあって、うまい酒があれば、それでいい。
移動するから生きていられるのか、生きるから移動するのか。
いずれにせよ実践をしない人生などお呼びでない。

NCM_1072
かいじからあずさへ

IMG_0056
富士急行のみんなは疲れているね

IMG_0069
須坂は普願寺でのコンサートを計画中

Commentaires

水と山に誘われて

丹後の山々は、その中を通る度に涙がでるほどの浅くも深く、
車窓からみる樹々に魅せられる。
いつもお世話になる天橋立・玄妙庵から望む宮津の海。
ぽつりぽつりと小さな漁船が浮かぶ景。
山々が海に運ぶ贈物の循環の中にわたしたち人間がいるとすれば、
この日本ではこういった共存する姿こそが真実であり原理のはず。
この地に、儲かる、儲からないという尺度は無用のはず。

水を求めて琵琶湖に着けば、朝焼4時が照らす水面。
井上靖「星と祭」にみる信仰の姿に出会うには、
まだまだ時間を要するからにして再び山へ入る。大原の清流、八瀬童子。
比叡山の静寂がひとりの時間をゆたかにする。
山頂からみる湖北の方向伊吹山を越えれば、その内にあるのは養老の滝。
そこから濃尾平野を一望すると、山々からの水が、人の生きる時間を支えている。
これらのgeographyは、小学校で学んだはずだった。
鳥瞰図という方法は、ものごとの全体を見るに有用であるようだ。

IMG_0014
生きる道天橋立大暑きぬ

IMG_0020
琵琶湖4時30

IMG_0030
この緑の中にひとり楽器を吹く至福

Commentaires

-蓮始開-

七十二候、そろそろあちらこちらで蓮のお目見え、でしょうか。
本物を今年まだ見る前にこちらで拝見。
地下鉄の網棚に楽器を忘れてこれで3回目、
と学習せぬ我ながら呆れる。
和歌山は南海電鉄でなんばー和歌山市駅間を
4往復したウードもすごいけれど…

つかの間の蓮ある大気浄土かな

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
忘れ物は日比谷駅。睡蓮が出迎えてくれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この時期は様々な花も旨い。
バナナの花はスリランカ料理。
ズッキーニはイタリア風天ぷらで。

Commentaires

寝ぼけてアテネ、眼がさめれば鈴鹿山脈

 「日本庭園を知る」講演会は、パリ、ロンドン、ウィーン、
ブタペストそしてマドリードと回り、無事満員御礼となり候。

「人間はなぜ庭をつくるのでしょう?」
という冒頭から始まる講演会の主役は京都の庭職人、石川佳さん。
このシンプルな質問から目の前に広がる庭への眼差しは、「ここに居る」
という事実につきる。
あなたがここに居る、だから、この空間は庭になったのだ。
なんだか禅問答のようですね。
さて、この講演会ウィーンの後パリに戻るはずが、なぜか機体はアテネに向かい、
蒼い蒼い海を見ることに。
寝ぼけて航空券を買うとこうなるようです。
そして、夢心地の日々を過ごし辿り着いた日本は伊勢志摩~鈴鹿山脈。
山の中にはヒグラシの音。で眼を覚ましたというふしぎな夕暮れ。
男梅雨空けぬ小暑、父が捕まえる今年の蝉一号となり候。

蝉時雨庭にようこそ安堵かな

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アテネまで15分

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ギルシャワインのラベル!本当にあるなら吹いてみたいな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
伊勢志摩サミット!?ねぼけた祭りは放っといて、
太古からある志摩の海と地。

Commentaires

日本の塩・フランスの塩

あかちゃんもばあちゃんも、汗をかいて、水を飲んで、
食べものから塩分をとって、汗はしょっぱい。
この連鎖はずっとずっと進歩しない原理ですね。
伊勢志摩は二見にある、御塩殿神社(みしおどのじんじゃ)。
この御料地にある御塩御倉の »かたち »は、地球儀を回して
大西洋岸ゲランドという塩田地帯でもみることができます。
夏は夏で仕事にはげみ夕刻塩田脇でビールをのむ職人さんたち。
冬は冬で潮風を背中に自然の中にある年中仕事。
こういう働く姿を愛らしくおもうのは、
そこに根源的人間の姿をみるからでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
御塩御倉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ゲランドの塩田

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩田に風通る道半夏生

Commentaires

Ecole Théodore Monod

歩いて、歩いて、サハラを歩いて何万里。
井戸なき砂漠を歩いて900km。
ラクダと、杖と、喉を潤すにカマンベールとレモネードの夢をたずさえて。

ある日フランスの小さな村の小学校にやってきたThéodore Monod。
モーリタニアの砂漠ですれ違ったというこの村の住人である映像作家が、
村の小学校でテオドールじいちゃんの話を、子供たちと聴こう、
と提案。校長先生も大賛成。
あるふとした時に、このじいちゃんの姿や、おぼろげな内容だけれど、
物事の本質のような”何か”を、質感を、子どもたちは思いだすかもしれない。

学問は教育機関を携えて?
日々喰うための仕事?
研究者としての”自分”より、歩く自分を選びサハラ砂漠を行き、
その感覚をもってこの学校へも訪れたのだろうか。

博物学者であり生物学者、IFAN研究所所長や博物館教授である
彼の調査は学問の範囲で書物となり、専門的な範囲で審判にさらされる。
しかし彼の砂漠での調査とは、その調査の先にある、
生きとし生きる人々の、こころに届ける »お話 »なのだ。
だから、この老爺を、じいちゃんと呼びたくなるのだ。
きっと、モーリタニアの人々もひとつの愛情の形として、
彼をそう呼んでいただろう。

220px-Théodore_Monod_-_Aéroport_d'Atar_(Mauritanie)_-_20_décembre_1998

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この村を訪れた日本人作家はドリアン助川さんという。

Commentaires

とことんスト!

ここまで気合いを入れてストをするフランスの労働者に乾杯!
5月16日から続く国鉄のスト続行中。
徐徐にガソリンスタンドの値段表示はもどってきているものの、
列車の間引き、運転停止は止めどなく。
予約購入した列車が運行しない、と知った乗客は、
ともかく目的地に向うべく目の前の車両に飛び乗る。
3時間強立ち続ける、通路も食堂車も地べたに座る人、人、人。
車内風景は難民の人々のごとく。

この苦難も、労働法改正案に抗う人々を前に、なんとかやり過ごせてしまうものだ。
やっとこさ着いた駅の壁には、世界に生きる人々を撮った写真。
Gaccilyという街で行なわれる写真祭 Festival la Gaccily photo と
国鉄SNCFが掲げるスローガン「示唆する文化」のコラボレーション。
写真の中の現実を前に、ストの影響なんてへっちゃらな気分になる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左はOlivier Jobardの作品。
チュニジアのzardis港から出発した底網船に乗る難民。

右は深田志穂の作品。バングラディッシュはChittagong港。
チッタゴン最初の港にある使われなくなった石油タンカー。

Commentaires

空港で羊に会いましょう

少し前までベルビル界隈にはマグレブの人々がろばを繋いで道を歩き、
18区のアフリカ人街では鶏コッココッコと鳴くCageが数十個、
近所の人はここで卵を必要なだけ買った。2002年前後のパリ移民街の風景。
2016年、空港の敷地には羊が飛行機と共存する姿。
あるいはだれかによるInstallation artというギャグだろうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
近代に羊の毛剪る人いずこ

Commentaires

Crescendo <

藤の芳香の中で、歩く目線をすこし上げると、
桐の花、花、花。
双方薄紫の階調。
藤は垂れ桐は空へ、重力の中で生きている。

藤は春、桐の花は夏の季語。
春のフェイドアウトと初夏にむかうクレッシェンドの間にある
五月という時が見えてくる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

珈琲をテラスで二人桐咲きぬ

Commentaires

みずがめ座η流星群 η-Aquarids

ブルターニュ、23時。
村は真っ暗、電灯は皆無。
港の灯台が遠く瞬く。
空は新月。
すると、空は星たちの光で溢れる。
こぐま座、金星、みずがめ座η流星群。
すると、呼び起こされる映像は、チリの映画監督パトリシア・グスマンの
「光のノスタルジア」と「真珠のボタン」。

薄暮に浮かぶひこうき雲を見ながら、この得体の知れぬ機体に乗る
わたしたちの日常を思い浮かべながら、
生身の人間は、星のひかりに身をゆだねるしかない。

IMG_5262

惜春や瞬く星のそば去りて

Commentaires

広場 – Arvo Pärt- 催涙ガス

広場の提議とは。
ローラースケート、杖をつく人々の手の温度、
ベンチの読書、恋人たちの口づけ…

スターリングラード駅北側は100年前はパリではなかった。
だから、運河の境目として、18世紀に建てられた
入市税の関所その名をLa Rotonde(円形車庫)という。
20世紀後半、フランス植民地国が次々と独立をはたすころから、
人々は、この地をパリのゴミ箱と呼んだ。
わたしはこのゴミ箱に住んでいる。
だから、19区の市民は、ここで生きています。
こどもたちがボールを蹴り、マグレブのおじさんたちが煙草をふかし、
おかあさんたちが井戸端会議。
そこに生きる世界がある。
そして、つい最近までは広場の意義が反映されたこの場所で、
若者は地べたに座り、政治を語り、ビール片手に芸術を語り…
その横でムスリムの家族はピクニックをする姿。
今日、行政はそのどれもを商品にしてしまった。
レパビュリック広場、ナシオン広場で立ち上がるNuit Debutの影響下、
広場という広場は、人が集う場という機能を奪われ、警察は催涙ガスぶちまく。
スポーツは入場制限がある範囲での »行為 »、商品となった音楽をガンガン鳴らす。
樹々の傍らで鳴く鳥の存在には目も向けない。

ペレストロイアカ前、エストニアでArvo Pärt アルヴォ・ペルトの世界は、
ある制限の中静謐な世界を脈々と紡いでいた。
そして、今日彼の音は、「音は消えても音楽はのこる」というほどの、
具現性を超える想像の中で、広場に鳴り響くのだろうか。

すべてを商品にしてしまう社会のしたたかさは、
小咄にするしか、ない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ECMのアルヴォ・ペルト
加藤訓子さんによる編曲版Spiegel im Spigelの世界は息をのむ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
男の子が自転車を走らせ街を行く。
こんな景はもうみられなくなってしまった広場。

囀の向こうの空に下弦かな

Commentaires

西は黄昏、東は夜

ノルマンディーに向う道中は一面菜の花。
あと三ヶ月もすれば、もろこし、麦秋を迎え、南の方からひまわり畑に変わる。
ヨーロッパの大地は、こうして気温の変化と並行して黄色が輝く、季節。
演奏会場まであと100km。遠方にモンサンミッシェルが見える。
人々は、昔この道を何とも歩いたことか…。
朝9時、パリから演奏者を積んで一行は片道5時間のルノーのおんぼろバス。

西は黄昏、東は夜。
フランス夏時間、演奏が始まる21時の風景だ。
十六夜の月の光を浴びて、会場の外で深呼吸。
さて、今日もいっぱい吹くとしよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
演奏会場では白いお馬さんが迎えてくれる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
丘は黄色に牧草は緑に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コートジボワールのバシールが唸るリズムに女子が踊る!

春草のノルマンディーに立つ仔牛

Commentaires

ひとつの中の多様性

「人間は共存するが、一体にはならない」
といったのは生物学者のHenri Laborit。
彼のエッセイが元になった映画「アメリカの叔父さん」での一節。
ワエルのスタジオにもこの本「éloge de la fuite」があったのだから面白い。

ムスリムの人々は金曜に、クリスチャンの人々は日曜に、
それぞれ家族が集まり、食事を囲む。
皿は重なり野菜は生で。
この地に住む人々それぞれの母さんが作るフムス
(ひよこ豆とゴマソースのペースト)
はアレッポ風だったり、アルメニア風は多様の中に、でも家のが一番!
4時50分最初のアザーン。だれが聴いているだろうか静寂の日曜日。

フェイルーズでもウム・カルスームでもなく、鳴る音はSweelinck。
バッハ前のコントラプンクトやポリフォニーの姿が、
このベイルートという街に鳴る。
名字だけで宗教や宗派がわかってしまう人々が住む街で、共存する彼らの姿。
音の世界も食の世界も包容する昔から変わらぬ平衡。

Henri Laboritが行なうねずみに喩えた実験に、
人間の行動comportementの根源がみられる。
それは大きなせかいで起こっていることが
このねずみたちのそれに見いだせるのだ。
もちろん、古代の人々はこんな実験をせずして摂理を持っていたことは、
いうまでもない。

多様性を豪語するならば、わたしたち個が多様になる可能性を見いだし、
一体となるのではなく、共存することの実践にむかう時期であることは明白。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Éloge de la fuite
あまり文学的ではないかもしれないが、誰か翻訳してくれないかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回の宿舎は旧アルメニア大学の前となる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
レバノン一旨いレストランのフムスはちょっと上品すぎかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ローマ遺跡がいたるところに。
古人は地中海を眺めながらさぞ大浴場でくつろいだことだろう。

Commentaires

12345...10

La voix des artistes |
Le Blog de Piteur |
deathvalley |
Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus | Buddy Stewart
| Rap de qualité Δ Lyrics
| Michel Mainil